FC2ブログ

今月を振り返ってみよう♪

8月も終わりですね。




今年のキーワードはやはり“酷暑”でしょうか!



暑くて暑くて(ノД`)・゜・。




そうでなくても一年で一番忙しい8月にこの暑さ!!



正直、こたえましたね。




そして少ししかない予備日(お休み)は全て葬儀の依頼で埋まりました。




さらに私的なことでちょっとバタバタもしておりまして・・・。





スケジュール的にはよくぞうまく収まったということかもしれませんが、




体感としてはノンストップでオーバーワークというところでした。





ま、そうはいっても念願の七尾城を観に家族と出かけることは叶いましたし。






nanaojyou_201808311748100ef.jpg
石垣が勇壮な七尾城址





同時に能登の景色を眺めることでリフレッシュにもなりました!




sennmaida_20180831174811f40.jpg
絶景の白米千枚田♪







9月は宗吾霊堂のお待夜。




そして、修復中の北条氏勝公寄進七条袈裟の現地検討会。





あるいは11月開催予定の恒例公開講座の打ち合わせなど。






重要な予定が目白押しです♪





(既に葬儀のご依頼も入っています)








まだまだ残暑もありそうですが。




皆さんと一緒に元気に乗り越えましょー(゚Д゚)ノ







ヨカッタ お施餓鬼会

とにかく、キツかった!



平成30年度盆の諸行事(棚経廻り&施餓鬼会)を終え、あらためて思う。







segakidann.jpg
本年のセガキ檀





今回のお施餓鬼会における自らのテーマは“修法”でした。


(*修法に取り組む私の様子は→コチラ♪




出来なくてできなくてナサケナイ。。




でも、時間をつくっては繰り返し勉強し、実践し当日までこぎつけました!







そして




大成功には程遠いけれど、失敗無く勤め上げることが出来ました。















それにしても。




しょうもない私を温かく受け止め、何度も教えてくださった近隣寺院のO師の存在たるや。




いやはや本当にありがたい。






なんというか。




“捨てる神あれば拾う神あり”というのが私の偽らざるキモチ。








私は基本的に自分の価値をあまり認めませんが。





それでもご縁の皆様との得難いかかわりの中で生きています。











また、今年はご承知の通り例年にない暑さでして。




棚経廻りの消耗度は過去最高でした。



お伺いしたお宅の庭にある蛇口をひねって冷水でじゃぶじゃぶ頭を洗ったり。



人気のない社などに行ってはびしょびしょの白衣をはだけてバサバサ仰いだり。




キモチが折れないように「俺って最高だぜ!」と自分に何度も話しかけながら原チャリを飛ばしました(笑)





とにもかくにも♪








多くの皆様に感謝申し上げ、本年度の盆供養にかえさせていただきますm(__)m


続、境内ゆったり作戦

前回の「境内ゆったり作戦」は→コチラ♪





今回は、樹木の木陰を活かして憩いスペースを作ろう!です(´▽`*)












ターゲットは境内に聳えるキンモクセイ






事前にいつもお世話になっている造園屋さん、石材屋さんと入念に打ち合わせて。






本日完成となりました!



















IMG_20180625_165724.jpg
作業前に根や幹をしっかりチェック&保護(6月)











IMG_20180719_085227.jpg
寸法通りに収まりますかね~(先週)







IMG_20180723_095643_20180723215841994.jpg
完成っ!!!










いままでどこかぽつんと立っている印象だったキンモクセイ。






でも秋には境内いっぱいに芳香を漂わすとってもお気に入りの樹。







これからは木陰を作って参詣者を和ます役割も担ってもらいますからね♪






夏を楽しむ♪

「暑い。。。」

そうつぶやいたところで状況は変わりませんが。





昨日はあまりに暑いから、返ってハイテンションで刈払い機を使って草刈り!


しかし、40分もするとグロッキー(ノД`)・゜・。



日頃から外作業をされる方に敬意を表します。







さて。




先日、所用でとあるお檀家さん宅を伺うと、



ご主人様が「家内から話があるようなのですが」と。




普段あまり会話に入ってこないタイプの奥様だったので、何だろうと少し構えてしまいました。






すると奥様「お寺さん、蚊取り線香って使います?」との質問。





質問の意図を測りかねつつ、モチロン使いますと答えると「ならば良かった♪」と奥様




やおら段ボール箱からゴソゴソ何かを取り出します。









で。









手作りの蚊取り線香置きモラッターヽ(^。^)ノワーイ♪







聞けば、近年趣味で焼き物造り(陶器など)をしていて、





お寺のためにわざわざ用意してくれたのだそうです!








IMG_20180717_083741.jpg






こういうことって、嬉しいですよね♪




だって親戚でも友人でもない私(お寺)に対し、




何かの時に「あ、コレお寺さんにあげたら喜ぶかな?」って考えてくれるってことでしょ♪







「こころあつまるお寺」などと(勝手に)標榜する当寺において、




これぞまさにといったところですよね(^^♪









ご主人様的には少し気恥ずかしそうでしたが、私が





「コレ、『奉納』と書いて本堂にお祀りしますね!」と坊さんジョークをとばすと、






「いやいや、使わないと意味ないでしょう」と。





まんざらでもなさそうな笑顔で答えてくださいました♪









早速、客殿玄関で使用いたしますね♪♪









暑いだけじゃなく、心も温まる出来事でした!





これだって歴史かぁ。。。

ホントに毎日暑いですね(;´∀`)




本日は寺務所に籠ってお盆関係の書類づくりに勤しみました。




準備するほど、盆が迫ってくる気がして腰が引ける・・・。




かといって準備を先送りすると、気が焦って余計に腰が引けるのですけれど(/ω\)







さて。





昨年末に本堂賽銭箱の塗り直し作業をしてくださった方から





「修理報告書を送りますね♪」とのお話。




個人的には深く考えずに「お願いしまーす」と回答しましたが、




その際は「別に要らないけど、一応もらっておくか」くらいの印象でした。






この賽銭箱は2009年にご奉納いただいたモノ。




早い話が私の代に新調した備品です。


















普段、寺の古い資料を引っ張り出してきては





「あぁ、もうちょっと細かい記録があれば、





もっと正確に(寺の歴史が)わかるのに」と感じる私。





それは仏像の墨書だったり、




備品の箱書きだったり。




でも改めて思うに、





その時の実利的な(必要最低限の)記録がいつしか不確定情報になり。





ひと手間加えたような(ある種、七面倒くさい)記録が、







後に重要な歴史記録に発展するのではないかなと。







話を戻して。





現時点ではこの賽銭箱は新調年月日も、(今回の)修復日も把握している。





でも、例えば遠い将来。





「このお寺にはいつから賽銭箱があって、そのモノはどのような変成をして今に至るのか?」と





その代の住職あるいは研究者が現れるとして、






だとすればこの情報から寺史に色どりが加わるかもしれない!






ということで、修理報告書で記録を残すのって大事だよね!!





そんなふうに感じてきました ←考え過ぎ説アリ(^^♪






賽銭箱
「修理報告書」より抜粋







そうだよね。ご奉納自体も、そして修理して使う様子も。




ここのお寺の歴史だよね♪







修理してくださった久保さん。




丁寧なお仕事ありがとうございます(#^^#)



プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR