FC2ブログ

10/28(日)は公開講座♪

すっかりおなじみ、秋の公開講座です!





ブログ用チラシ



日時)本年10月28日() 14:00~16:00

場所)宝金剛寺本堂 *全てイス席

定員)50名 *電話申し込み先着順

参加費)200円 *資料作成代として

内容) 『名僧 石川照勤 -青年期を中心に-』
     講師:矢嶋毅之(成田山霊光館 学芸員)





近代における成田山新勝寺の隆盛に尽力した名僧石川照勤。

しかしながら同師が佐倉市にゆかりが深い事実はあまり知られていません。

佐倉市坂戸で生まれた照勤は、最初の修行を宝金剛寺で行いました。

今回は、平成22年と平成30年に当寺に寄贈を受けた照勤自筆の書簡を公開し、

照勤若き日の人物像に迫っていきます。








*本講座は、昨年より事前申し込み制(電話もしくは直接来寺)となっております。

 当日申し込みは出来ませんのでご注意ください!







どうぞよろしくお願いいたしま~す(#^^#)




位牌のお披露目と講演会

昨日(10/29)のことですが。


当寺の講座

佐倉・城下町400年記念 協賛事業
みたい!しりたい!佐倉の歴史♪ in直弥のお寺



が開催されました( ◠‿◠ )




201709202148.jpg












当日は佐倉市文化課須賀様による位牌修復報告と、



氏勝の時代の当地(佐倉藩)にまつわる遠山先生による講演が行われ。




IMG_20171029_140309.jpg
「修復された位牌について -大檀主北条氏勝と中興開山覚朝-」須賀隆章様







IMG_20171029_142111_2017103017584915e.jpg
「戦国期佐倉領における和田地区の位置づけ」遠山成一先生






併せてこの度修復を終えた岩富城主北条氏勝公の位牌と、




氏勝公帰依の中興開山覚朝先師の位牌がお披露目となりました!






IMG_20171028_195209_20171030175848357.jpg
氏勝公位牌(向かって左)と覚朝位牌(同右)



今回は地元の和田公民館、そしてお隣地区で岩富城のある弥冨公民館との共催ということもあり。



荒天にもかかわらず熱心な多数の受講者にご参加いただき、



とても熱気のある良い講演会になったと自負したいと思います(^^♪








たくさんの皆さんのおかげで、定着してきたともいえる毎年秋のこの企画。




構想から準備、そして当日さらに後片付けととっても大変なのは事実ですが。



それ以上に充実感があるのも事実です。






さぁ、来年はどんな企画にしようか?!




今からまた、楽しい苦しみの始まりです(*´▽`*)




満員御礼と募集方法!

毎度おなじみ、秋の公開講座です(#^.^#)



佐倉・城下町400年記念 協賛事業
みたい!しりたい!佐倉の歴史♪ in直弥のお寺





201709202148.jpg



日時)本年11月29日(日) 14:00~16:00

場所)宝金剛寺本堂 *イス席です

定員)50名*事前申し込み先着順 定員に達しました!

参加費)200円 *資料作成代として

内容)
    ・『修復された位牌について』
    報告:須賀 隆章(佐倉市教育委員会 文化課 文化財班)

    ・『戦国期佐倉領における和田地区の位置づけ』
    講師:遠山成一(佐倉市文化財審議会 副委員長・千葉県立佐倉東高等学校教諭)



詳細)
    豊臣秀吉の小田原攻めの際、伊豆山中城で奮戦するもその後降伏し、北条方の無血開城の説得に尽力した
    北条氏勝は、徳川家康により岩富城(佐倉市岩富町)一万石の大名として存続しました。
    氏勝は岩富藩内の宝金剛寺住職覚朝に帰依し、同寺を庇護し多くの寄進をします。
    今回は、寺に伝わる氏勝公並びに中興開山覚朝の位牌を修復し初公開を致します。
    また、位牌の修復に関する報告と併せ、氏勝公の生きた戦国期の佐倉領について、
    講師を招きその時代背景に思いを馳せていきます。





*おかげさまでここ数年受講者が増えてきており、混乱を防ぐために今年から事前申し込み制にいたしました。

 すると予想以上の問い合わせがあり、すぐに定員に達してしましました!



しかーし!!



実は今回のこの講座は地元公民館との共催事業となっており、公民館分の募集がまだ始まっていないため、

実際にはまだ(公民館への申し込みによる)参加ができます。







以下:公民館での申し込みについて


佐倉・城下町400年記念事業 佐倉学入門講座
「北条氏勝ゆかりの地めぐり」(全2回)

内容)
    ①平成29年10月22日(日)13:30~16:00
      『居城岩富城めぐり』
      講師:外山信司
      会場:弥冨公民館(佐倉市岩富町151)・岩富城跡

    ②同年10月29日(日)13:30~16:00
      『菩提寺宝金剛寺めぐり』
      講師遠山成一(報告:文化課職員)
      会場:宝金剛寺(佐倉市直弥38-1)

募集方法)10月1日広報・同月3日より電話受付

対象)佐倉市内在住・在勤・在学の成人

定員)20名(先着順)

費用)200円(資料代)*傷害保険は各自で

申込)弥冨公民館 043-498-0860



*宝金剛寺宛の申し込みは定員に達しているため出来ません。


    






公民館募集では全2回の講座ですからさらに面白そ~♪♪





どうぞよろしくお願い致します(^^♪



宝金剛寺古文書と虚無僧掟書

佐倉・城下町400年記念 協賛事業
みたい!しりたい!佐倉の歴史♪ in直弥のお寺



秋空に恵まれて、今年も開催いたしました♪♪♪




20161011143853_20161106210423769.jpg




IMG_20161106_141015.jpg
「宝金剛寺の古文書」を報告してくれた久保暁子様





IMG_20161106_144124.jpg
「宝金剛寺伝来の虚無僧掟書について」の講師 長谷川佳澄様





準備しながら妻と

「10数人は来てほしいなぁ~」

「天気いいから20人くらい来るかもネ!」


なんてのんきに話していました。






イザふたを開けると、過去最多の49名 ∑( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!




会場の熱気にたまたま卒塔婆を依頼に来たお檀家さんが、何のことかとビックリしていましたよ(笑)




(いや、毎度事前に全檀家さんあてにお伝えしているんですけどね・・・さておき)





いやいや、とにもかくにもありがたいことです(#^^#)





おかげさまで講座内容も充実し、良い雰囲気の会場でした♪




そして関係者は終了後にちょっとしたコーヒーパーティーでまた盛り上がり(*^^)v





みなさまホントーにありがとうございました!







正直、檀務が重なっていたために体力的にはヘロヘロでしたし、




モチロン収支的には毎回大赤字ですから、関心の無い方からすると「理解不能」かもしれませんが。




この充実感は何物にも代えがたいですね(´艸`*)





あらためて調べてみると、毎年開催としてから本日が6回目の開催です。




「せめて10回記念は越えたいなぁ~」







カンケー各位のご指導・ご鞭撻を!


どーぞ、よろしくっ!!!


11月6日(日)は公開講座!

毎年恒例、当寺秋の公開講座をご案内しまっす♪






佐倉・城下町400年記念 協賛事業
みたい!しりたい!佐倉の歴史♪ in直弥のお寺




20161011143853_20161011150005588.jpg



日時)本年11月6日() 14:00~16:00

場所)宝金剛寺本堂 *イス席です

参加費)200円 *資料作成代として

内容)
    ・『宝金剛寺の古文書』 
     報告:久保暁子(千葉古文書の会会員・宝金剛寺の文書を読む会主催)

    ・『宝金剛寺伝来の虚無僧掟書について』
     講師:長谷川佳澄(佐倉市役所職員・千葉歴史学会会員)






詳細) 
    近年調査が進む当寺の古文書調査の経過報告(約20分)と併せ、
    
    当寺所蔵文書の内のいわゆる「慶長掟書」と呼ばれる虚無僧(こむそう)に関する文書をみながら、

    佐倉市周辺(佐倉藩)の虚無僧の歴史を、現物資料やプロジェクターを使ってわかりやすく学びます。






*昨年の公開講座の様子は→コチラ♪ 





今年は「虚無僧(こむそう)」について学ぶという何ともマニアックな講座となります♪

講師の長谷川佳澄先生は、本年5月の「宝金剛寺の文書を読む会」

会の皆さんに話しいただきまして、その丁寧な解説と虚無僧LOVEっぷりがとても好評でした。










あらためて11月6日()はどうぞ宝金剛寺へ!

いっしょに楽しく学びましょう(#^^#)





プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR