FC2ブログ

Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

Category: 読んだ本

 長編読了♪

司馬遼太郎著『関ヶ原』読了しました♪東西両軍の兵力じつに十数万、日本国内における古今最大の戦闘となったこの天下分け目の決戦の起因から終結までを克明に描きながら、己れとその一族の生き方を求めて苦闘した著名な戦国諸雄の人間像を浮彫りにする壮大な歴史絵巻。秀吉の死によって傾きはじめた豊臣政権を簒奪するために家康はいかなる謀略をめぐらし、豊家安泰を守ろうとする石田三成はいかに戦ったのか。 (「BOOK」データベ...

 8月の読了本!

おっと。忙しさにかまけて忘れてた(^_^;)期待されていないのを理解しつつ。8月の読了本備忘録でございまっす♪『こんぴら狗』今井恭子江戸時代、人の代わりに讃岐の金毘羅宮へ飼っている犬にお参りに行かせる「こんぴら狗」という風習がありました。飼い主のために頑張る犬のムツキの物語。長男(小六)が夏休みの感想文を書くために購入したが、私が代わりに感動した本!『師弟 棋士たち魂の伝承』野澤亘伸 プロ棋士(将棋指し)6...

 7月読了本でっす♪

8月に突入~!相も変わらず毎月の読了本を掲載ということで、7月分をお伝え申し上げますm(__)m『ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと』 奥野 克巳 ボルネオ島の狩猟採集民「プナン」とのフィールドワークを記したエッセイ。知らぬ間に凝り固まっている自分の価値観を見つめなおすことが出来るかも。『生きるとか死ぬとか父親とか』 ジェーン・スーラジオパーソナリティーとしても活躍する...

 読了本、追記(*^▽^*)

そういえば、5月・6月は歴史系の論稿をたくさん読みました。ここ数年、これらを読むのがとても好きな私。もっとも、読んだと言っても内容が頭にストックできるほど有能ではないし、むしろ、好きだと言っているのに読みながら寝落ちすること数多である(* ´艸`)クスクスただし、読みたいとなれば図書館や資料施設まで出向いて閲覧したり。時にネットサーフィンで拾ってきたり。このあたりが、“あくまで趣味”といった感じなのだろう♪以下...

 6月読了本~♪

え?!梅雨明けたの(゚д゚)!どーりで毎日暑いわけですね。では、恒例の読了本です。『千年の田んぼ (国境の島に、古代の謎を追いかけて)』 石井里津子 山口県の離島から国内最古の田んぼを見出すノンフィクション。第64回・青少年読書感想文全国コンクール課題図書。『ひらけ蘭学のとびら 『解体新書』をつくった杉田玄白と蘭方医たち』『解体新書』を完成させた江戸時代の蘭学医、杉田玄白の物語。杉田玄白没後200年記念出版。 ...