Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

Category: 仏教

 目出度くもあり

ふう~ (*´▽`*)お正月だから、それらしくおめでたく・・・などと考えていたらなかなかブログが更新できず。それは大きな葬儀を抱えていたからでしょうね。年末にお亡くなりになった故人様。火葬場等々の関係で祭祀されたのは先週のこと。あぁ、とうぜんといえばとうぜんですが、やはりどんな人でもいつかその時はくる。そのこと自体に感傷的にはならないのですが。ただただ自分にできることは何かと。何もできやしないと自覚した...

 謹賀新年

あけましておめでとうございます!正月三箇日を過ぎまして、お寺も随分と落ち着きました。今年も大勢の皆さんと新年を寿ぎましたね♪その様子は、たくさんの線香が点てられた本堂の香炉に集約されています。当寺では、参詣の皆さんに本堂前でお線香を点てていただきます。それは、香を供えることが自らの心の清浄を促すという意味もあり。あるいは、お寺の御利益は参詣者の願いによって育まれると考えているからです。神は人の敬ひ...

 涅槃図について考える

涅槃会(ネハンエ)涅槃講・涅槃忌ともいう。2月15日、釈尊の入滅の日にわが国と中国で行われる追悼報恩の法会。涅槃とは、本来はニルヴァーナのことで、迷いのなくなった境地を指すが、この場合は釈尊の亡くなった意味に用いられている。(中略)涅槃絵を掲げ、仏遺教経を誦する。(中略)「山階寺の涅槃絵にまうでてよみ侍りける いにしえの別れの庭にあへりともけふの涙ぞ涙ならまし」(後拾遺和歌集20)    ・・・岩波仏...

 盂蘭盆(施餓鬼)会

昨日(15日)、のお施餓鬼会をもって、当寺のお盆がようやっとひと段落致しました(*^-^*)棚経廻りは何度か雨に見舞われ、農家が多い当寺のお檀家さんにとってはニコニコ。しかし私はオロオロ。特に件数が密集した地元周辺は、小回りが利かない乗用車は不利。原付バイクで移動する通年とは、大きく時間経過が違いましたね。夕方お伺いしている皆さんにはご迷惑をおかけしました。でも、大きな理由は無いのです。あくまで小さなズレ...

No image

 雨が続く・・・。

葬儀を終えて自坊(お寺のこと)へ戻る。ここ数日、法事・通夜葬儀・法事・法事・通夜葬儀と休みなく続きまして、少し消耗しました。お天気も雨続きで、スッキリとは行きませんね。いろんな予定が延び延び~。境内の植樹も予定されていたのですが、こちらも延期・また延期です(ノД`)・゜・。ただ、お檀家さん・御親戚・地区の人・葬儀社さんなど関係者たくさんの方とお会いして。そんなご縁にはひたすら感謝です。そこですね!ズバ...