FC2ブログ

鈴本演芸場!

上野にある鈴本演芸場へ落語鑑賞に行ってまいりました♪♪



1月下席夜の部、主任は我らが(?!)金原亭馬玉師匠です!



20180131083634.jpg
挿絵は番組表表紙より[鳥居清光作:犬張子]






1/30 夜の部


(開口一番)
金原亭 駒六 : 道具屋

===*===*===*===*===*===

金原亭 馬久   : 元犬

翁家社中     : 太神楽

桂 三木助     : だくだく

柳亭 燕路     : やかんなめ

ホンキートンク  : 漫才

三遊亭 歌武蔵 : 相撲漫談

入船亭 扇遊   : 天狗裁き

のだゆき     : 音楽

古今亭 文菊   : 紙入れ


金原亭 馬玉  : 品川心中(上)






昨年真打となり名跡を襲名した五代目桂三木助師の「だくだく」はさっぱりしてカッコよかった♪


古今亭文菊師は「紙入れ」。このネタは馬玉師匠も得意としていて何度も聴いていたので、


比較出来て面白かった!


一度観てみたかったのだゆきの不思議な世界も味わえたし♪



そして千秋楽のトリは、当寺でも前回(2017/05/04)演じてくれた『品川心中』でしたね♪



聴き分けとしては今回の方が少しシリアスだったかなぁ。









お開きの後は、約束していた落語好き仲間と合流してワイワイと♪♪


落語談義やら、四方山ばなしに花が咲きました(=^~^)o∀ウィー









ここのところ何かと思考回路がマイナスになり気味な私ではありますが、


落語が好きな自分は好きだな~♪


そしてなにより共通の趣味を語れる仲間がいることはとっても嬉しいし♪♪






そんなこんなでいつもより夜更かしをしてしまった一日でありました(^^♪





今年はコレだわ!

8月に入っておりますね(#^.^#)



さて、去年の今頃は何をしていたかな・・・(→コチラ





ふむふむ、新盆用の卒塔婆書きかぁ。




今年はもうほとんど書いてあるよ~♪♪



ということで他のデスクワークを。





盆に本堂に掲げる掲示物や、関連資料をいそいそ作りましょう!!






そして、デスクワークといえばら・く・ご






え?




・・・じゃないのですかい(。・д・。)ハイッ?




今回はちょっと違います!



matunojyou.jpg

松之丞 講談 -シブラク名演集-


今注目の若手講談師神田松之丞です♪



いやぁ、テンポも良くってそれでいてこの斜に構えた感じもまた良し!





私基本、落語専門って感じですが。




少し前友人が進めてくれた浪曲も興味深いし、





そこに来てまた講談も良いねぇ♪♪




自分の趣味の幅が少~しだけ広がった感じがしてまた嬉しいです(^◇^)






それにしても、「寄席」行きたいなぁ。。。




まずはお盆を無事に乗り越えてからですね(`・ω・´)キリッ

















5月3日はラ・ク・ゴ♪


金原亭馬玉 in 宝金剛寺


(掲載用)第六回落語会チラシ


今年もモチロン落語会、あります!


日時)5月3日(水)14時開演(13時半開場)

木戸銭)600円(前売りのみ)






前売り券をお求めの方から、


「今年もそんな時期だね~」とのお声掛けがあり。


随分定着してきたなと、再確認しております!



金原亭馬玉(きんげんてい ばぎょく)師をお招きしての落語会です♪






今年は変更点があります!

昨年まであった当日券が廃止となり、

前売り(600円)のみとなります。





ということで、


当日チケットを手に入れることは出来ません!




そして、すでに前売りをお持ちの方の


「当日払うから、あと一人分追加で取っといて~♪」は、


申し訳ございませんがご対応出来ませんm(__)m









田舎のいち寺院での開催ですので、若干あたふたいたしますが。


当日皆さんにお会いできることを楽しみにしておりまーす(^^♪


『真景累ヶ淵』を聴く

8月に入りましたね。


梅雨も明け、完っ全に夏本番です(^▽^;)




当方は寺務所にこもって卒塔婆書き。



そして寺務所のBGMは、そう。ラ・ク・ゴ♪



今回は、夏ということも手伝って、怪談話を聴いています。



IMG_20160731_162223.jpg

桂歌丸 『語りなおして三遊亭円朝作 (怪談 真景累ケ淵)』 第1話~第7話






怪談「真景累ヶ淵」は落語中興の祖とも称される明治期の噺家 三遊亭圓朝(1839-1900)の代表作。





ただ、とても有名な話ではあるのですがなにしろ長編なために、前半の一部である「豊志賀の死」という部分が、



いわゆる抜き読みされる場合が多く、全体を聴く機会はほとんどないのです。



先日(6月頃)、 鈴本演芸場へ行った折、トリの演者さんが「豊志賀の死」を高座にかけ、




あらためて「全体ってどんなだっけ?」と思い至り、聴いてみることにした次第です♪









で。




むむぅ。。。




歌丸師の語り口は絶品ですし、話自体ももちろんオモシロイのですが。





因果関係が複雑に絡み合って(私の脳味噌では)ストーリーが把握しがたいな。



そして普段から「豊志賀の死」部分に聞き慣れているせいか、他の話を付属に感じてしまう自分がいる。



なんとも情けないかな、わが脳ミソよ(ノД`)・゜・。










この感覚って、長編の小説を読んでいるときと同じだなぁ。







どこかこう「自分の身の丈を越えている」ような。




例えるならば小4で因数分解に臨む様な・・・








などと意味不明な自己嫌悪にへこみつつ。




(おそらく)明日も続きを聴くのでしょう♪











卒塔婆書きに疲れて境内へ出ると、本堂には今年も天幕と五色幕が張られています。






IMG_20160731_161727.jpg


幕が張られる様子は→コチラ♪





さぁいよいよお盆突入!!!




フルパワーで取り組むのみですネ~ヽ(^。^)ノ










しかと聴くのだ

う~ん。


ここのところ、何だか思考がまとまらない。゚(゚´Д`゚)゚。


というよりも、色々な調べものや打ち合わせに対して


「なんじゃそりゃ?!」と自らツッコミたくなるような勘違いや凡ミスが多くって・・・。




疲れているのでしょうか。


でも、ちゃんと寝られてるし、ご飯も美味しいし。





ただ、能力値が低いだけという話しかな・・・(^▽^;)








さて。







落語が好きな私なのですが♪




先日、いいモノ買っちゃいましたヽ(^。^)ノ


IMG_8195.jpg

落語CDブック 人形町末広 圓生独演会





六代目 三遊亭圓生の独演会の様子全23席を初音源化!

(内9席はなんと初商品化)

圓生が50歳を境に開眼し、昭和30年代にめきめきと力をつけていったころのまさに上り坂の芸!

書籍の内容も充実の永久保存版です(#^^#)




盆明けに行った藝大の「うらめしや~、冥途のみやげ」展を観てから、


改めて初代三遊亭圓朝作のネタが聴きたいと思っておりました。


そんな時にこのCDブックが出たのですから、そりゃあオコズカイはたいて買うっしょ!!






しばらくお財布はピーピーですが(←死語?!)。

気持ちはルンルン♪




さぁ、元気とりもどして頑張っていきましょう(*^^*)


プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR