FC2ブログ

あいもかわらず


イイ日だったね~ あっはっは

久々に風もそれほど強くなく、穏やかな一日。


風が無いなら!という訳で、お決まりの境内整備&雑木燃やし!!

先日剪定をしてもらったその枝や、竹林の枯れ竹をどんどん燃やしていきます。



境内は、色々な花が咲くのさ♪

IMG_2717.jpg
本日咲いた牡丹



IMG_2716.jpg
同じく本日開花!


IMG_2715.jpg
触るといい香りのするイブキジャコウソウ





客殿では仏像造り教室。



そんな中、オイラは友人とタケノコを掘ったり、貰ったおススメなお菓子を堪能したり。

category-usimaro.jpg
成田ゆめ牧場“ウシマロ”



子供たちと戯れながら、それとなく過ごすのでした♪(o^-^o)




満中陰となりまして


本日は、東日本大震災をから七七(49)日となります。

本堂で法要を営みました。


いつかも書いたかもしれませんが、七七日忌の守り本尊は“薬師如来”様。

また薬師如来の功徳を12で表す「12大願」の大10願によると、

余りの無量の災難に力ずくで侵され、なげき悲しみがせまり、心身に苦しみを受けても我が名前を聞いたなら、我が福徳の偉大な力をもって、皆一切の憂い、苦しみから逃れることができる。

とあり、まさに今回の法要にしかるべき如来様です。


震災物故者の御冥福を祈り、震災からの復興を願い、あらためて薬師如来様の御名(真言)をお唱えいいたしましょう。

よろしければご覧のみなさまもお唱えしてみてください。(計7遍)

オンコロコロ センダリマトウギ ソワカ
オンコロコロ センダリマトウギ ソワカ
オンコロコロ センダリマトウギ ソワカ
オンコロコロ センダリマトウギ ソワカ
オンコロコロ センダリマトウギ ソワカ
オンコロコロ センダリマトウギ ソワカ
オンコロコロ センダリマトウギ ソワカ



blog_import_4cbe8105767cb.jpg


願わくは この功徳をもって遍く一切に及ぼし
我らと衆生と皆共に 仏道を成ぜんことを   合掌



いきあたりちゃっかり


楽しかった~ あっはっは


長男を幼稚園へ見送ると、次男を母(次男からすると祖母)に押しつけあずかってもらいまして、

妻と映画を見に行ってまいりました♪

rakugo_monogatari.jpg

『落語物語』

引っ込み思案な若者がたまたま寄席で聴いた落語にひかれ、その噺家の家に住み込みで弟子入りし
一人前の落語家を目指すという、笑いと涙に包まれた人情話。


この映画、キャストにもたくさんの落語家さんが参加され、撮ってる人(監督)も落語家さん♪


あぁ楽しかったなぁ~ o(*^▽^*)o


内容もさることながら、夫婦水入らずってぇ機会がまた良し♪



そして、あらためて“落語を生で観たい”想いがムクムクと。。。





それにしても、毎日風が強くって外作業が出来ないのがじれったい。
雨ならば、まだ諦めがつくのですがネ…。


境内掃除が(天候不順で)思うように進まず、体が鈍っておりやすゼィ!!









枝も心もスッキリと


待ってました~ あっはっは


本日は“佐倉シルバー人材センター”の方が木の剪定作業に来てくださいました。

知識のないオイラが2月頃に依頼した椿の剪定。

すると「椿は花が咲き終わってからが良いよ♪」と教えてくださったのです。


IMG_2711.jpg

以前も依頼したことがあるこの方。口は悪いが心はやさしい♪

という事で、以来同じ方にお願いしています (@゚ー゚@)ノ


ペアで来られてもう一人はその他の木を見ながらハサミをチョキチョキ♪♪

どんどん境内の樹木がすっきりしていきます。

IMG_2709.jpg

幸い天気も良くって気持ちイイ♪

何だか心もすっきりと (o^-^o)



作業を終えるとあちこち木の選定時期についてアレコレ。

「じゃ、その時またきてよね!」と作業の方に親しみを込めて丸投げいたしました(笑)



午後は強風。ほこりが舞います  ハックショイッ!!(,,っ~Д~)っ゙

境内には、八重桜の花びらがチラホラ。。

今年も良い花をありがとう♪来年もキレイに咲いてね♪♪

IMG_2708.jpg



もっと永~く読むのなら


ためになるね~ あっはっは


ためになるためには読まないが、楽しんでいるとためになる事がある。



で、今回の本


わたしが死について語るなら (未来のおとなへ語る)わたしが死について語るなら (未来のおとなへ語る)
(2009/12)
山折 哲雄

商品詳細を見る


死について語るのは非常に難しい。

オイラごときが正確に表現する自信は無い。


でも。

死を目指す事では無く、死を心で捉える事は決してネガティブな事ではないと思う。

身近な人の死。あるいはいつか訪れる自分の死。そして常にどこかで誰かに起こっている出来事である死。

その事実を広く感じる事が出来れば、むしろ心の豊かさへ昇華出来るはず。

そんな良著♪






次もそんな本。

老師と少年老師と少年
(2006/10/24)
南 直哉

商品詳細を見る


死について思い悩む少年と老師の心の対話。


著者は曹洞宗の禅僧。

    ・

    ・

    ・

苦しむ事・生きる事・悩む事・受け入れる事。

こんなに少ない言葉で“死”について語れるなんて。。

静かなのに温度を感じる。


う~ん、すごい !!!





直視を避けるような安易な元気付けや、浅はかさを隠すための諦観。そして理論に支配された宗教観。

そんなものはとっても息苦しい。

だけど「じゃぁ。そんなお前はどぉ表す?」と言われるとうまく言葉にできない。

そんな天の邪鬼で卑怯で非力でオイラのような人は、この二冊を読むといいかも♪♪

内容も決して重くないよ。o@(^-^)@o。








先日オイラの友人から。

「読む本は全部買ってるの?」「図書館で借りればいいのに?」との素朴なご指摘。

なるホド、おっしゃる通り!!w( ̄▽ ̄;)w


確かに以前は読んだ本がたまっていくのが嬉しくて買い集めていたが(コレクター心理??)

近年は、ある程度冊数がたまるとBOOK・OFFへ下取りに出す。

ならば(集めていないんだから)借りた方が効率的でおサイフにもやさしい(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


例えば。。。


1か月に装丁本2冊と文庫本2冊で約4,000円として、年間で4万8千円


2年で一眼レフが買えるぢゃないかぁぁぁ!!=( ̄□ ̄;)⇒




ふとした会話からも為になった毎日お得なオイラでした♪♪



プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR