FC2ブログ

その①「石碑 銘:一顆明珠」


気を引き締めて~ あっはっは

気が付けば、3月の行事が終わって以降腑抜けっぷリが顕著なオイラ。。

当ブログもなんだか流し気味な文章が目立つ。

「こりゃ、ヒット数も減るわけだぁ」と苦笑しつつ。

新コーナー(カテゴリ)スタートです♪







新カテゴリ『お寺に伝わる宝物』

このコーナーでは宝金剛寺に伝来する什物を年代にこだわらずに紹介していきます。

信仰上、また管理の関係上、普段は非公開なモノもございますが、

出来るだけ写真付きでご紹介してまいりますのでお楽しみに♪∩( ´∀`)∩ドウゾ (っ´∀`)っ))ヨロシク

*出来れば感想欲しいっす!!!!








お寺に伝わる宝物①
『北条氏勝公御恩忌記念石碑 銘:一顆明珠』
平成23年3月建立


IMG_2815.jpg


当寺院大壇主である北条氏勝(1559-1611)の没400年を弔う行事が平成23年3月26日に挙行され、
この石碑はそれを記念して建立されたものです。
銘である「一顆明珠」とは一箇の明るく光り輝く珠という意味で、中国唐代の玄沙師備(835~908)が
自らの仏法観について言った言葉であり、氏勝公が建立したと伝わる鎌倉の古刹「陽谷山 龍寳寺」の現住職に
よってこの度揮毫されました。
石碑の裏には御恩忌にご尽力の皆様の名も添えられています。


寳金剛寺住職所見:
 この類の石碑が無かった当寺院にとって待望の逸品。
 無茶な要望を快く引き受けてくださった龍寳寺 梅田ご住職様に感謝です。
 梅田ご住職様の御研鑽に伴い後々揮毫価値が上がるであろうから、
 そうなるとオイラの先見の明が評価されるかも(笑)
 年代と共に境内に溶け込み、後世に行くほど貴重な資料となるでしょう。







今後ともコツコツUPしてまいりますので、皆さまのあたたかいご支援と書き込みをお待ちしております♪
 

噺みて豆をむいたら本めくる

うっきうきだぜ~ あっはっは



今日は成田にお出かけ♪

寄席に行ってまいりましたのよ~♪♪



『成田不動寄席』第16回
出演:金原亭馬治・金原亭馬吉


14時開演
  金原亭馬治『新聞記事』
  金原亭馬吉『百川』
  ~休憩~
  金原亭馬治『湯屋番』
  金原亭馬吉『佐々木政談』
16時お開き


お目当てはモチロン贔屓の金原亭馬吉(キンゲンテイウマキチ)さんですが馬治さんもヨカッタです♪

やっぱり落語は生で聴くのが一番ですね♪

子供たちに手がかからなくなったら奥さんと定席に行きたいな~。







そうそう。ある方から我が家大好物の“そら豆”をいっぱいいただいちゃいました!!


IMG_2810.jpg
なんと段ボール一箱も!!


長男と一緒にサヤをむきむき♪




IMG_2812.jpg
まだ1/3くらいかなぁ


さっそく夕食時には、絶好のビールのおつまみになりましたとさv('▽^*)






残りは本でも読みながら、楽しみを増やしましょうかね

「旬」 がまるごと 2011年 07月号 [雑誌]「旬」 がまるごと 2011年 07月号 [雑誌]
(2011/05/20)
不明

商品詳細を見る


「旬」がまるごと 2011年7月号 そらまめ

余談ですが、今号にウチの妻が(割とおっきく)載ってます。。






何を植えればよい芽がでるか

さぁ行きましょ~ あっはっは




午後一番にお寺の総代さん宅へ。

共に歩くのはお寺の顧問業務をしていただいている方。

お寺で抱えるいくつかの懸案。そのウチの一件についての書面を作るべくお話し合いをしました。

うまくいきそうでヨカッタ♪ご総代さんにカンシャ♪




こんなの大きな声じゃ言えないが♪


なんでもそうだろうけど、あぁ嫌だなぁと思う内容ってあるのよね。(=´ー`)ノ



オイラの立場(宝金剛寺代表役員)でしか抱える事の出来ない、言って見れば“負の遺産

動かすと、時に批判の対象ともなりうる。おそらくうやむやにした方が楽。


でもやりましょうネ♪  お祭りも終わったことだしぃ




話し合い後、顧問さんとお寺でお喋り。

お寺の方向性や展望やらゴニョゴニョ。。。

あ~!オイラってばつくづく脳みそねぇ♪♪ (*´ρ`*)

まぁ地道にコツコツ行きましょうや。







気を取り直して、とあるお檀家さん宅へ。

そのご自宅の縁側で、お茶を飲みながらとりとめない事をペチャクチャ♪

お庭が自然的にキレイなこの御宅。それは所謂“ガーデニング”ではなく、なんというか自然に樹木が生えている趣の空間。

ならばと思い、オイラがお寺のウラでキンラン)を発見した事を(お茶目に)自慢すると…。

予想以上に奥様が(その話題)にくいついてくれて盛り上がりました♪♪

(やっぱ、奥様野草かなり好きなんだなぁ。。。)

色んな野草話に花が咲き… (*^^*)


帰り際、お庭からひょいと引っこ抜いた苗を一本くださいました。

しっかり根を付け、いつかたくさん増えると楽しいですネ~♪







“寺院代表役員のオイラ”と“野草を愛でるオイラ”


どちらが本物?はたまたどちらも偽物??

身の丈に合うの?能力足りなくない?



んな事はオイラもわからんが、言えるのは全ぇんぶ現実ということだ オイッス♪( ̄▽ ̄)ノ"





IMG_2805.jpg
いただいた「ユキザサ」は境内枇杷の木の下に植えました

天気を転機にしてみよう


あぁ買っちゃった~ あっはっは



節約を意識すると逆に欲しくなる。。

気持ちってのはうらはらでございますね ((^┰^))ゞ テヘヘ


十一面観音巡礼十一面観音巡礼
(2010/09)
白洲 正子

商品詳細を見る


仏像が好きというのであれば、氏の著書は外せないはずだと思いながらもなかなか踏み込めないでいた。

でも、ついに買っちゃった♪

しかも(オイラのブログとしては初の)読了前の記入掲載。

「時間かかっても読むぞ!」


そんな謎の意気込みを心に誓うのでした (*^.^*)






今日は天気も良く、境内裏の竹林掃除。

今まであまり手を付けていなかった場所に取り掛かってみた。


ここのところ、考えるところもあり毎朝境内をぐるぐる歩きながら竹を見たり樹を見たり。

もし転機となるのならば、この天気は絶好のスタートだ♪


次のステージはどうなる事やら。

どちらにしても、必ず予期しないことは起こるのだ!






あぁお大師さま


良くやったね~ あっはっは

午前も午後も境内の草刈り!

機械でバリバリ草を刈る。またそんな季節になってまいりましたね♪



ところで、


当寺院の宗旨(所属している宗派)は真言宗の豊山派

真言宗の開祖(創建した人)は弘法大師(空海)さま。

お大師様
っていえば、なんとなく耳にした事があるでしょうか♪


koubou_daishi_l2.jpg
写真は真言宗豊山派HPより拝借






日本仏教界のスーパースター!

そんなお大師様の著書の中に、『般若心経秘鍵 ハンニャシンギョウヒケン というものがあります。

オイラのような浅学な坊主では全ての意を網羅することはかないませんが、ある時その中の一文に触れる事が出来ました。

“賢者の説黙は、時を待ち、人を待つ。”

宗派ではこれを「多弁より 沈黙こそが 語る事もある」と意訳していました。

う~ん、なんかイイフレーズ♪

最近、こうありたいオイラ♪





独りよがりの言い訳や、その場しのぎのうまい言葉。。。

つい言ってしまいがちですよね。

ゆっくり心に飲み込んで、ニッコリその場で微笑むような坊さんになりたいやねー!! 



“賢者の説黙は、時を待ち、人を待つ。”


イイ言葉みっけ  ☆(○゚ε^○)v


















プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR