いつか効いてくる…。


キレイにしましょ~ あっはっは


午前中は本堂・客殿のお掃除♪


まずはオイラが台やら机やらの上に置いてあるものを一旦どかして良く絞った布巾で拭く。

そしてさらっとした布巾で水気を摂る。



次に、生花の花瓶の水替えをしていた母が本堂全体(内陣以外)に掃除機をかける。

そのころ妻は客殿トイレのお掃除をしている。



オイラは客殿の玄関掃除に取り掛かる。

すのこをどかしてほうきで砂埃をサッサカサッ♪

本堂内からは掃除機の音が聞こえる。



玄関を終えたオイラは掃除機の為にどかしたモノを所定の位置にもどしながら、雑巾片手にアチコチの溝を拭く。

柱を組んだ“溝”やサッシのガラスと金属部分の“溝”。戸の飾りの凹凸の“溝”に雑巾を走らせる。


「さぁ、そろそろみんな終わりにしましょ~」  (/・0・) ういぃぃっす


IMG_3400221151.jpg
うん!スッキリ♪




埃っぽい喉をガラガラうがいで流して手を洗ったらお茶にしましょう♪♪






いつも(毎日)の掃除は10分弱の“小掃除”

今日の掃除は1時間程だったから“中掃除”かなっ♪

これで内陣飾り(大壇)をやったら“大掃除”でしょうネ  ヽ( ´ ▽ ` )ノ ハーイ





キレイにしたってまた汚れるしちょっとぐらいサボってもバレないだろうね (゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン


でも、オイラはこう考える。

「この建物が例えば後200年の耐久性があるとして、
     オイラの掃除(メンテナンス)のおかげで後201年もたせる事となったら良いなぁ」








午後は境内竹山掃除!!

境内整備はおかげさまで良きパートナーである友人の力を借りる事が出来ます!!

男二人。枯れた竹を山から引きずり出して、程良い長さに分断して、そして燃やす。

「今日は思いのほか暑いし、しかもまだ“蚊”がいるんだね~」

アチコチ談笑しながらも、寄せては運び、積んでは燃やす。



ガンガンやってるつもりでも、見た目はなかなか変わらないね。。。  (゚ー゚;)(。_。;)(゚-゚;)(。_。;)ウンウン




でも、おいらには夢がある。

201年後、老朽化してしまった本堂。新しくするにはお金がかかる。

そんなときその時代の皆さんに「こんな素敵な境内にあるお寺はみんなで守っていきたいね♪」と言ってもらうのだ!







モチロンその時、オイラはとっくに生きていないので確認できない。

それに現在とは価値観や状況も変わっているだろうから期待通りになんて行かないだろう。





だけど、勝手に夢見てたって良いじゃない♪♪



未来へ投資していると思うと、何だか楽しくなってくる (*^▽^*)










心に真剣を


大人になったね~ あっはっは


はい!オトナです!!

ですから漫画本を“大人買い”しました♪ ヾ(=^▽^=)ノ




『坊っちゃん』の時代 (双葉文庫)『坊っちゃん』の時代 (双葉文庫)
(2002/11/12)
関川 夏央、谷口 ジロー 他

商品詳細を見る

全5巻!






竹光侍 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)竹光侍 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
(2010/04/28)
松本 大洋、永福 一成 他

商品詳細を見る

全8巻!



“『坊ちゃん』の時代”はちょっとだけ難しかったかなぁ。
あとネームが多くて文庫版には不向きだったかも。
でも、近代史上の重要人物がたくさん登場してきて面白かった♪







“竹光侍”は絵のタッチに慣れるまで時間かかったけど、
最後はハラハラドキドキで一気に読んじゃいましたね♪
コイツはオモシロイ!!
“バガボンド”の時代背景やもののふ感が好きならきっと楽しめる!でも、絵のタッチは対照的だよ。




少しづつ朝夕冷えてまいりましたが、しっかり読書しようと思っております♪♪





刻まれた想い


たのもしいね~ あっはっは


今日は恒例『仏像造り教室』

新規の生徒さん1名に見学の方1名。



まだ2年と経たないこの教室。すっかり自立した会となってまいりまして嬉しい限り。


みんなで楽しく彫りましょ~♪ 






さて。






お寺に伝わる宝物⑧
『念仏供養塔』


IMG_3398.jpg

明治12(1879)年に建立された総長9尺を越える大きな石塔。
石の側面にびっしりと書かれた氏名は約一千名とか。
旧来の檀家の枠にとどまらず近隣の地域(四街道・酒々井・八街)にまで広がるその数は、
当寺の念仏に対する信仰の深さを表している。
この度の堂宇建設事業に際して現在地へ移動されている。


IMG_3399.jpg




住職所見:
 10年ほど前に絶えてしまった宝金剛寺のお念仏(直弥念仏)
 私が知っている頃には10名に満たない参加者でしたが以前はとっても盛んだったそうです。
 そんな歴史を偲ぶ事の出来る石碑。
 ふらっとお散歩に来た人が「あ!ウチの先祖の名前載ってる!!」と発見する事もしばしば。
 棹石部分の偈文や意趣の配置もセンス良く、大きさといいバランスといい、とっても見栄えがします。





今後ともコツコツUPしてまいりますので、皆さまのあたたかいご支援と書き込みをお待ちしております



見た目も大事?!

昨日のお通夜に続いて、本日は葬儀でした。

故人(おじいちゃん)にとっても可愛がられた二人のお孫さん。

いわゆる「猫っ可愛がり」で甘やかされたのでだらしなくって困るとは御親戚の談。




20歳そこそこのお二人は、なるホド見た目は典型的なギャル。。




でも、お話ししてみるととってもおじいちゃん想いの優しい女性。

そして一生懸命手を合わせているその姿。

きっとおじいちゃんはニコニコ笑顔で見守ってくれているでしょう♪




(人は見かけで判断しちゃあいけないな)と思いました。





そして、そろそろおいとましようと玄関へ向かうオイラ。

お嬢さん二人の履物が乱雑に脱がれている様にちょっとヒイちゃいました (;^_^A



「外見で判断しちゃぁいけないけど、ザンネンだな。。。」率直な感想です。






今日からは、おじいちゃんがいつもどこかで見てくれているんだよ♪







そんな事を感じてくれたらいいんだろうなぁ。。。







IMG_3388.jpg
寺務所のアイドル♪キレイだから可愛いのか、可愛いからキレイであって欲しいのか。。(笑)


腹にためるな腹からだそう

お通夜のお勤めをいたしました。


年齢的には申し分ないとはいえ、突然のお別れに驚きました。

それでも、出会えた“縁”に感謝したいから、いたずらに悲しみを煽る事なく前向きなご供養をしたつもりです。




お孫さんが「おじいちゃんは天国へ行く!」と言っていました♪

だからオイラのお喋り法話でも、「浄土」や「彼岸」のイメージは守りつつ「天国」というワードを使用してみました。

行く先の名称がどこであれ、そこが安らげる場所だとみんなが思える事が一番なのでしょう。








さて。


最近お経を唱えたり、はてはちょっと多めにお喋りしただけですぐにノドを痛めるオイラ。

あらためて「腹式呼吸とはなんぞや?」と思っています。

声楽を習っていたらしい友人から「息を吸った時にお腹がゆっくり膨らむでしょ♪」といわれて、

滑舌を良くするために早口言葉は良くやっているけれど、

“呼吸”だなんて、そんなことまったく意識していなかった自分に気が付きました。 Σ(・口・)



お経のクオリティーを高めるためにもしっかりとした発声は大事ですよね。





とはいえいきなり身につくはずもなく。。。



お通夜を終えた今。

のどの疲れを感じている情けないオイラなのでした ┐( -"-)┌ヤレヤレ...






鼻から息を吸うとお腹がおっきくなり、ゆっくり口から吐くとお腹が凹む…ハズなのに?!?!?

オイラは吐いても凹まないし、吸っても肩が上がるだけ。。。

こりゃ大変だぁぁぁ!!!!









プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR