自然の偉大さ


あっはっは~のは♪



客殿玄関前、参道並びには“斑入りヤブラン”が茂っています。



IMG_4746.jpg




夏から秋にかけて小さな紫の花を並べる可愛いヤツ♪


建設後に家族で植えた事も手伝って気にいっています (* ̄∇ ̄*)エヘヘ







ところがこのヤブラン。




7月頃から今時分にかけて何者かが葉っぱをボリボリ食いちぎっているのです /(´o`)\オーノー!!





ほら!

IMG_4747.jpg



ところどころ穴だらけで見栄えも悪い。。

葉の裏に芋虫でいるのかと覗いてみても見つからず犯人がわかりません。




そんなこんなでヤキモキしていました。








で。



最近境内にお花を植えてくださるようになったお檀家さんが先日来たので聞いてみました。



すると。

「ああ。この噛み痕はバッタだよ!」







へぇぇぇ!!



なるほど確かに周辺を手でガサゴソさせるとぴょんぴょんととび跳ねるバッタたち。


犯人は“オンブバッタ”さんでした!!!




そして対処法を聞いてみるとしばし考えるそのお檀家さん。



そしてオイラに


「アレ捕まえてきなよ!いっぱい居るだろ!!」



と教えてくださいました♪





なんだかわかります??







なぁんだ??






正解は?!





“カマキリ”ですって!



なるほどカマキリはバッタが大好物!


そういえばオイラも幼い頃、

飼っていたカマキリに餌としてオンブバッタを捕まえていた事を思い出しました♪





早速カマキリを見つけ出し、ヤブランの上に放すとそれから10分もしないウチに・・・





ほら♪

IMG_4745.jpg

食べてる食べてる♪♪ ( ̄m ̄* )ムフッ♪



どうやら、バッタが捕獲できると知ったカマキリは長くその場にとどまるらしく。

結果、ヤブランを守ってくれるみたいです♪






そりゃあ一匹のカマキリあたりのバッタ捕獲ペースなんてたかが知れていますし、

何匹もカマキリを捕まえる労力と、ヤブランからバッタを追い払う手間を冷静に鑑みれば押して知るべしですが。



そんな事よりも、自然と共存しながら駆除できるこの“平和的解決方法”が、

このお寺という空間にとっても合うなぁと(*^_^*)




ほっこりしたのでありました♪






頑張れカマキリ!!

でも、バッタよ。お前も嫌いじゃないぞ♪♪
























これからを想う

お通夜のお勤めをいたしました。


お施主さん、御家族さんとお寺あるいは住職(オイラ)は信頼関係があり、


そういった意味ではリラックスして取り組めました。


そして、


信頼関係がある分、先人の積み上げた信頼度を損なってはいけないと、

そういった意味では非常にプレッシャーがかかりました。







お檀家さんとの関係は、知れば知る程奥が深い。

(関係が)浅いときこそ、誤解をされないように丁寧にしなければと思うし、


(関係が)深いときほど、今日のように感じ入る。




う~ん。むつかしい。。。。。




だからこそ心を込める価値があるんだろうネ♪








また。

今日は近年の葬儀形態について、ふと思う事もあり。

イチ提案として本日の葬祭業者さんと意見を交わしてみた。


時間を作っていくつかの業者さんとも話してみたい。






形式美なのか形骸化なのか。


時の流れに下駄を預けるべきか首を突っ込むべきか??


判断する前に、もっと情報を入れたいと思った。




明日は葬儀。



今できる事をまずはしっかりと!



オイラは評論家ではなく実践者なのだーー!!!














日々に思う


あっはっは~のは♪


ちょっと暑すぎますよね(-_-;)

いや、ホント。



夏って前からこんなに暑かったっけ?なんて考えてしまうくらい暑い。

環境の変化か?それとも肉体の衰えか?!


まぁ考えたってしょうがない♪

出来ることをやりましょう!!




日中は寺務所で卒塔婆をガンガン書く!!

ちょっと飽きると境内をフラフラ歩く。。

「アチーーー!!」


とまた(クーラーの効いた)寺務所に戻る。


そしてまた書く!!






夕刻。

ようやっと(ちょっとだけ)小涼しくなってきたので草刈り機を手にガンガン!!

おっと、もう夕食の時間。



お風呂に入ろっと♪



平凡?単調??地味??無意味?!


でも、


こんな一日。意外と悪くない♪





明日も草刈りがんばろっかな(^◇^)





のぞいてみれば

あっはっは~のは♪



となり地区のとあるお檀家さん宅へ御伺いしました。




先日の棚経廻りの際、ふと目にした逸品がどうにもこうにも気になっておりまして、

時間を取って見せていただく事になったのです。





IMG_4736.jpg
如何にも旧家の趣を感じる御屋敷






コチラのおウチは文字通り“旧家”でして、現在の御当主で39代目となるらしい。(; ̄Д ̄)ナント?!




“8里四方が庭だった”

“ウラ山に抜け穴がある”

“忍者屋敷のような隠し戸から謎の中二階へ行ける”


などといった伝承がまことしやかに語られるのは、その“イエ”の格式というか時代の重みなのかもしれません。





そして、


今回拝見させていただくのは、御仏壇の前においてあるお線香立て(香炉)





IMG_4731.jpg




IMG_4730.jpg


いわゆる“八葉蓮台”をかたどった様式。


前々から「ここのおウチの香炉カッチョイイなぁ~。どこで売ってんのかなぁ」などと思っていたのですが、

裏側を覗いてみるとちゃんと銘が打ってあったのですネ。






IMG_4733.jpg



どうやら江戸中期頃の鋳物師(いもじ)らしいのですが所詮知識の乏しいオイラの事、

それ以上はわかりません。

ただ

「そこらで買える代物ではないのだなぁ」という事はわかりました (*'▽'*)わぁ♪







コチラの御自宅は上記の通り由緒ある家柄。

当地に移り住んだ歴史背景もある程度推定されています。






幾とせにもおよぶつながり。


歴代の方が紡いできた時間。




オイラは次へ繋ぐ事が出来るのかなぁ。。。

能力おっそろしく乏しいもんなぁ。。。




そんな小難しいことはさて置き、




にやにや香炉を眺めながら、御当主様と麦茶を飲むのでした(*^_^*)










ひとだんらくとひとやすみ。そしてまた


あっはっは~のは!



盆が無事に終わって、家族で房総へ繰り出しました♪

向かった先は千倉の古刹「檀特山 小松寺」 。

小松寺HP → <http://www.komatuji.com/index.html>



「お寺の激務で疲れて、癒されにお寺へ行くとは??」


そんな矛盾はなんのその。だってオイラ、小松寺LOVEでございますから(*^_^*)


IMG_4677.jpg



IMG_4676.jpg





こちらのお寺の魅力はオイラのブログでも何度か取上げていますので詳細は書きません。

県内最古の木彫仏である秘仏本尊や白山信仰をつたえる銅像十一面観音坐像。

優美な藤原仏を想わす如来形仏頭(阿弥陀如来か?)など、仏像好きにはたまらない県内古仏の宝庫であり、

ひんやりと涼しい山並みと秋には境内が紅葉に包まれるロケーションで、カメラ小僧やバイクメーンにも

親しまれているのです♪




オイラはファンが高じてご住職様と親しくさせていただくようになり、

自分のポジション(寺院住職)をフル活用して、堂内へも上がらせていただけるようになり、

そして今回は、遂に家族を紹介する運び(笑)




あ、ちなみにコチラのご本尊である“薬師如来”さまは通常秘仏ではございますが、

来年千葉市美術館で開催予定の仏像展では公開される・・・・・・かも、らしいです。



ちょっとまたオイラの悪い癖である、

「どうしても言いたくなるとグイグイぺらぺら喋りたおす」感じで色々ご住職に提案等お伝えしました。

(またしくじったか?!)

しかし、さすがその辺は古刹のご住職!

うんうん丁寧に聞いてくださったのであります♪♪






来年春あたり、楽しい事ありそう!!!


その時は頑張っちゃうもんね(^_^)v










念願の小松寺参詣も無事に終えた後の房総の海はまたサイコー♪♪


IMG_4680.jpg




良いココロの充電になりましたとさ(=v=)ムフフ♪




プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR