FC2ブログ

良いお年を♪


あっはっは~のは♪


早いもので、今年も今日でさようなら♪

関わったいっぱいに有難うと申し上げます♪






そして今年を振り返ると・・・・



お寺としては、外観では松の植樹といったかたちで境内が一新されたり、

ついたて什物展示用のガラスケースといった念願の備品がそろいました!


また、歴史講演会落語会特別公開会を行い、各種教室も充実してきています。








坊主としては、さまざまな講演会展覧会に積極的に足を運びました!

そしてなんといっても、

来年開催予定の『仏像半島 -房総の美しき仏たち-』の準備に携わっている事が大きいでしょう。





そして、例年と違う事として、

・何か一つの事が終わっても、ゆっくり休まずにすぐに次の事に臨む!

・スケジュールの過密を恐れない。

・有益だと判断すれば大胆に物事を進める。


といったようなテーマを持っていました。







モチロン多くの批判もいただきましたが、それ以上にたくさんの御理解も頂戴しまして、

おかげさまで非常に充実した一年でした♪♪





あらためて関わった皆様に御礼申し上げたいです!サンキューヽ(^。^)ノ









さぁ、もうすぐ今年も終わり。




来年も良い年でありますように(*^_^*)






読み納め♪


あっはっは~のは♪



いやぁ~、年末まさかの高熱&悪寒でダウンでした ( ̄Д ̄;;


でもまぁ風邪の引き納めってぇ事で♪♪


現在は完全回復いたしましたヽ(^。^)ノ






さて、今年を締めくくる読了本。






きのうの神さま (ポプラ文庫 日本文学)きのうの神さま (ポプラ文庫 日本文学)
(2012/08/07)
西川美和

商品詳細を見る


村からただ一人、町の塾へ通っているりつ子は、乗っていた路線バスの運転手・一之瀬から突然名前を呼ばれ戸惑う。りつ子は一之瀬のある事実を知っていた(「1983年のほたる」)。人の闇の深さや業を独自の筆致で丹念に描き出し、直木賞候補になった傑作が待望の文庫化。(他頁から引用)


あぁ、イイ感じでこころに伝わる。過疎とか老いとか悩みとか。

不条理な現実と人間らしさ。悲しさと温かさ。
















新編 風の又三郎 (新潮文庫)新編 風の又三郎 (新潮文庫)
(1989/02)
宮沢 賢治

商品詳細を見る


「やっぱりあいづ又三郎だぞ」谷川の岸の小学校に風のように現われ去っていった転校生に対する、子供たちの親しみと恐れのいりまじった気持を生き生きと描く表題作や、「やまなし」「二十六夜」「祭の晩」「グスコーブドリの伝記」など16編を収録。多くの人々を魅了しつづける賢治童話の世界から、自然の息づきの中で生きる小動物や子供たちの微妙な心の動きを活写する作品を中心に紹介。(他頁より引用)



「もぉ読んでも良いかな?」「まだ早いかな?」

長くそんな気持ちでいたのだが、ふとしたきっかけで読みたくなった。

その時なりに、その時のイメージで良いのかな。

また、時間をおいて読んでみよう♪













今年出会った本に有難う!

来年はどんな言葉に触れ、そこから何を思うだろう。。。。







新年は宝金剛寺へ♪


あっはっは~のは♪


平成25年の初喜びをこころあつまるお寺『宝金剛寺』で♪

というわけで、この度も。やります!


『お寺が和カフェ空間に』

♪♪♪♪Happy (ノ^^)乂(^^ )ノHappy♪♪♪♪








≪趣旨≫

直弥のお寺「宝金剛寺」のお正月。それは「年頭」とよばれて多くのお檀家さんでにぎわいます。
せっかく来てくれている人にもっと良い空間を。なんとなく来てない人が行きたくなっちゃうきっかけに。
当寺院では手づくりおやつのおもてなしをいたします♪
美味しいおやつは地元有志の方の逸品!畑で採れた野菜を使ったほっこりやさしい素材でメニューを考えてくれています。(むらさきいもヨウカン・かぼちゃのババロア…and more)

今回はさらに新メニューを加えてパワーアップ!

お子様・お孫ちゃんとご一緒に!地元のお寺でこころあつまる新年にいたしましょう♪











Q.なに?コレ??

A.はい!お寺にお参りに来て、ついでに美味しいモノ食べちゃおうという企画です。





Q.日時は?

A.元旦(1/1)。時間は9時頃~3時頃でしょうか。





Q.いくら?

A.フード・ドリンクともに無料です!
 無料なんて申し訳なさすぎるっ!て感じる(奇特な)方のみお賽銭箱にチャリンしてください♪





Q.正月はフツ―神社でしょ?

A.日本の初詣ランキング1~3位の内訳は、神社1社の寺2か寺です!
 関東に限ってみれば、むしろ寺院の方が総参詣者が多いみたいです♪






Q.私、檀家じゃありません。

A.檀家じゃないケド来る人もあり。檀家でも来ない人あり。つまりあんまりカンケー無いと思ってます。
 ご縁があればいいじゃあございませんか♪







Q.お札ある?

A.正月用のお札は無いのですが・・・。
 住職の趣味に特化したオリジナルお土産(有り難い御祈祷済み)がいくつかあります。
 ポストカード・手拭い・お守り・エコバッグ。どちらも当寺オリジナル!!







Q.そのお寺の歴史を知りたい!

A.本堂で常設展示『宝金剛寺を伝えるもの』始めました♪







Q.寺院とは宗教施設であり、もっと大衆の悩みや問題に取り組み、釈迦の教えを広め、云々カンヌン・・・。

A.はい!頑張ります(汗)でも、頭で考えてないでまずは雰囲気を体で感じてみませんか?








お檀家さんじゃない方。お檀家さんなのにいつからか来ていない方。

試しに顔出してみてくださいませ~♪♪





kokuuzoukun_2.jpg




せいかおかげか

あっはっは~のは♪


御無沙汰でした<(_ _)>


いやいや、

サボってたんじゃないです。一応。




子供たちが今大流行の“ノロウィルス”にやられまして。。。

結構、大変でした (〃゚д゚;A アセアセ・・・






まぁでも、それなりに

友人の作陶家安達氏のホリダシモノ市に行ったり。


お檀家さんのお家で毎年行われるお餅つきに参加して、本尊様用の鏡餅を頂いてきたりしてました♪



2012122316390000.jpg
皆さん一生懸命!私、食べる係(笑)

















そして、お寺では新年に向けてガシガシ掃除&準備真っ最中です!!

















そんな中。



お寺でやった落語会の写真を新年の参詣の方に見せよう!!」とふと思いつき。




tera02.jpg
撮影:清水コウ by 家族写真出張撮影プロジェクト





事務所の押し入れにしまいっぱなしのデジタルフォトフレームを取り出そうと。。。




ゴソゴソ・・・おっとっと・・・あ、あれ?!



リモコンがありません。。



そういえば、さっきの“ゴソゴソ”段階で何か落っこちた音がしたような・・・。


ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!



ない!ない?!










という事で。








押し入れ総ざらいとなりましたぁぁぁ!!!! 




荷物を出して、片付けて、整理してそしてリモコン探す~♪♪


IMG_5470.jpg





あったーーーーーー!!!!! ∩(^∇^)∩バンザーイ♪




おかげさまで無事発見し、

そしてしばらく、そのあまりの乱雑ぶりに鬼門とされていた感のある押し入れの整頓も出来ちゃいました♪





こういった事って、

「落としたせいで大変だった!」ととらえるか

「落としたおかげで片付いた♪」ととらえるか。


同じ現象でもその意味合いは大きく変わりますよね♪♪




確かに時間はたぁっぷりかかっちゃったケド。

結果的に整理整頓出来たから良かった!!



リモコン君に感謝です v(≧∇≦)v





そうそう!


前回も多くのご参加を頂いた、

宝金剛寺元旦特別企画「お寺が和カフェ空間に?!」

モチロン今回もやりますよ!(詳細はもうすぐ♪)









サイコーの元旦を皆さんと迎えるために!!

さぁ大掃除再開だーーー!!!





受け取る角度とその覚悟


あっはっは~のは


今年も残り10日。

後何冊読めるだろぉ♪




30歳キャリア官僚が最後にどうしても伝えたいこと30歳キャリア官僚が最後にどうしても伝えたいこと
(2012/09/28)
宇佐美 典也

商品詳細を見る


東大卒・経産省キャリアが「三十路の官僚のブログ」で給料を公開して話題騒然。官僚批判からは絶対に知ることのできないリアルな想い。 (他頁より引用)


うん!オモシロイ!!

告発でもバッシングでも問題提起でもないありのままの姿。

勧善懲悪や善悪二元論といったモノの見方が嫌いなオイラにはピッタリの本。

こちら目線で相手が悪いといくら言ったって、それは相手もおなじなのさっ♪















編集者という病い (集英社文庫)編集者という病い (集英社文庫)
(2009/03/19)
見城 徹

商品詳細を見る


数多くのメガヒットを生み出してきた出版社・幻冬舎の社長であり、名物編集者として知られる見城徹氏。その「闘い」と「病い」の日々を、エッセイとインタビューで赤裸々に明かす。(他頁より引用)



情熱で動かせないモノは無い!という事だろうか。

それは頼もしく、とてつもなくアツい!!

ただし、オイラの場合、この『アツい』とは褒め言葉では無い。

一所懸命とは相手に伝える方法では無いと思う。

自分の心からはみ出さない事に意味を持ちたい。

自己顕示欲の強い人はニガテ。

虚栄心のある人はもっとニガテ。。











死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う
(2008/01/10)
森達也

商品詳細を見る


知っているのに誰も知らない、僕らが支える「死刑」というシステム。
できる限りは直視したい。知ったうえで考えたい。
罪とは、罰とは、命とは、何だろう?
著者渾身の書き下ろし最新作。死刑をめぐる三年間のロードムービー。(他頁より引用)




オイラは「死刑」というテーマに興味がある。

結構色々読んでいるがその中でもこの一冊は良書♪

廃止派?存置派?それは突き詰めると入り口と通路が同じで出る場所が違うようだと文中にある。

欧州で死刑の廃止が進むなか、日本は国民の80%以上が死刑の存続を望んでいるらしい。

このテーマは無関心でいられればきっとあまり悩まない。

「人殺したら、死んで当然でしょ!」あるいは「とにかく殺しちゃダメ!」でいい。

ただし関心を持つほど、自らのうちから沸き立つ本心に悩んで行くような気がする。

出来るという事と実際にする事にはこれほどまでに矛盾があるとは・・・。









さぁ、年内にどこまで積読山を減らせるか(笑)





プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR