FC2ブログ

それぞれにそれぞれのカタチ


連続3件のご葬儀をお勤めいたしました。




当寺(オイラ)の場合、通夜葬儀だけでなく、

亡くなってすぐにご自宅へお伺いする枕経

葬儀後に今後のご供養のご説明する本尊参りを行うため、

重なって勤めるとなると日程的にとてもタフなものとなります。

この度はまさにタフな1週間あまりでした。



オイラは整わない坊主なので、心の葛藤が起き上がります。

「流れ作業で進めれば(精神的にも肉体的にも)楽なのに」と。

でも、同時に不器用な坊主ですので

どうしても一人ずつにしか向き合えません。



だって坊主にしてみりゃ年間何度もお勤めする行為であっても、

当事者からすればまさに一生に一度の出来事ですものね。



それに、オイラが忙しいかどうか。

心が葛藤するかどうかはご霊位やご家族には関係のないことです。

ましては頑張った感を出す事も必要ありません。



ご霊位様の生きてきた事実は、

ただそれだけで尊いものであり、

ならば既に

私が悩み苦しむほどの事ではないのかもしれません。





ただ、ご霊位様に向き合い淡々と。

ただし全身全霊で臨むのです。



結果も評価も必要のない。

私にしかわからない至福の苦しみです♪





IMG_5956.jpg


あっぷあっぷと


あっはっは~のは♪


とりあえずブログ更新アリバイ的に、

読んだ本でございます^_^;







あん (一般書)あん (一般書)
(2013/02/07)
ドリアン助川

商品詳細を見る


偏見のなかに人生を閉じ込められた徳江、生きる気力を失いかけていた千太郎、ふたりはそれぞれに新しい人生に向かって歩き始める――。生命の不思議な美しさに息をのむラストシーン、いつまでも胸を去らない魂の物語。 (他頁より引用)


おいおいなんて切ないんだ。。

現実とは、時間の流れとは、なんて非情なんだ。

でも、読了後はどこかさわやか。

物語はこれから明るい方向へ進むと思う。

著者の生き辛さ感とあわせて共感いたしますm(__)m












オッサンフォーオッサンフォー
(2012/09/20)
堀田 純司、森 恒二 他

商品詳細を見る


「俺はもう無理や。外側だけはおっさんになってしもたけど、ほんまのこというと中身はぜんぜんアカンねん」「俺もや。もうあとは、燃えることだけやりたいねん。どうなってもええ」負の情熱で腹をくくった大阪のオッサン4人がやらかす大型詐欺。大阪に舞い降りたミドル・エイジの青春小説。 (他頁より引用)



一見しがないオッサン4人。でもその裏の顔は・・・。

意外とカッコよくってなかなかスリルがある。

痛快で引き込まれます!








ここ数日、

檀務のタイミングと全然カラーの違う仕事のスケジュールが乱立して

若干テンパリ気味。

でも、そんな事はおくびにも出さず・・・って?!

今、ここに書いちゃってますけど(゜o゜)






ばたばたしているうちに『仏像半島』展も残り半月ほど。。。

そしてそんな事のたまっているうちに、

もうお盆がひたひたと。。。ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ








でも、あっぷあっぷと頑張りましょう♪



神像スゴし!!


あっはっは~のは♪


行こう行こうと思っていたのですが、

本日ようやく行ってまいりました♪♪





20130522194016.jpg


東京国立博物館
『国宝 大神社展』 




スゴイパワーを感じました(゜o゜)

個人的には、

本で見ていて興味のあった仁和寺(京都)蔵の

『僧形八幡神影向図』(国重文)といざ対面してみると

関心と共にゾクっと畏怖を覚えましたし、

千葉県内数少ない国宝でもある香取神宮(香取市)蔵の

『海獣葡萄鏡』はあらためて製造技術の高さに脱帽いたしました。
(さすがトーハク!レプリカじゃ無かった!!)



そしてなんといっても今回の目玉!!

圧巻は神像(*カミ様の木彫像)の造形とその数!!!

こんなにじっくり観てしまっていいものかと心がグラグラ揺れる感覚。

だって“カミ”様だよ

あぁ、スゴイ。。。







仏像ラブなオイラがこんなこと言って良いのかわかりませんが、

“ネクスト神像”という時代の薫りがプンプン致します^_^;








とはいえ、本館常設コーナーでは

仏像群を観て相変わらずニヤけてきましたし、

最近マイブームの『懸け仏』もじっくり堪能いたしました♪

できれば東博に寄託されている

小松寺の『銅像十一面観音(国重文)』と

西新井大師の『銅鏡蔵王権現像(国宝)』にも会いたかったなぁ…♪




*それにしても相変わらず『日本刀』の魅力がつかめない…)










後半スタート♪

あっはっは~のは♪


千葉市美術館
「仏像半島 -房総の美しき仏たち-」

butuzouhanntou - コピー


明日(5/21)からはいよいよ後半展示です!




小松寺(南房総市)の霊験溢れた秘仏薬師様は、

ちょっと笑顔のファニーなお前立様に入れ替わり♪





図像では

勝覚寺(山武市)の童子経曼荼羅というマニアックなものや、

あの名高い長谷川信春(等伯)作の展示もあります!!






20130320124626 - コピー1



20130320124626 - コピー2









集客数は美術館の当初予想を上回っており、

またとあるデータによると、図録も約8人に1人は購入するという

ハイペースの売れ行きだそうで、

この度の展示が如何に注目に値するかがわかりますね。





SNSでも盛り上がっているようで、運が良ければ

仏像半島開催実行委員長から直接返信がある事も?!








金曜・土曜は20:00まで開いており、

お仕事で疲れた心を仏さまに癒してもらったり。

デートで向かえば縁結びの仏様もいるらしい。




「仏像半島 -房総の美しき仏たち-」


開催は6月16日(まで。

この機会をどうぞお見逃しなく!!(^_^)v










実際そうだね


あっはっは~のは♪



思わず買ってしまいました(^-^)




三三独演 「一」ノ巻 ―柳家三三 二十周年DVD集「月例 三三独演」より―三三独演 「一」ノ巻 ―柳家三三 二十周年DVD集「月例 三三独演」より―
(2013/03/13)
柳家三三

商品詳細を見る





三三独演 〈二〉ノ巻 ―柳家三三 DVD集「月例 三三独演」より―三三独演 〈二〉ノ巻 ―柳家三三 DVD集「月例 三三独演」より―
(2013/04/17)
柳家三三

商品詳細を見る




三三独演 〈三〉ノ巻 ―柳家三三 DVD集「月例 三三独演」より―三三独演 〈三〉ノ巻 ―柳家三三 DVD集「月例 三三独演」より―
(2013/05/15)
柳家三三

商品詳細を見る





普段DVDなどほとんど購入しないのですが、

コチラばかりは迷わず即決!!




落語に疎い方はピンとこないかもしれませんが、

「今この噺家さんを聴かないテはないでしょ!」という御仁。






オイラは3回ほど生で噺を聴いてますけど、

初見でやっていた噺がオイラの大好きな『柳田格之進』♪

いやぁ~シビれましたね(*^_^*)





まだ「一」ノ巻しか観てないケド、

これでしばらくは堪能できそうだヽ(^。^)ノ












でも、

やっぱじかに聴きに行きたいなぁ  (*´Д`)=3




プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR