FC2ブログ

753プロジェクト、始動!!

あっはっは~のは♪


境内はとぉってもイイ天気♪♪




IMG_6423.jpg


やったねヽ(^o^)丿


本日は『家族写真出張撮影プロジェクト』と『宝金剛寺』がコラボした

「753祈願撮影プロジェクト in 宝金剛寺」開催っ!






この度は事前にご応募頂いた2組のご家族がそれぞれご参加です♪







では、その肝心のお写真は・・・・






それはプロのカメラマンさんにお任せして(*^_^*)













とにかくご参加の皆さん!

本当におめでとうございました&有難うございました!!






あ、でも資料が無いのもアレなんで、

御祈願の雰囲気だけでもチョット












IMG_6426.jpg
Mちゃんおめでとう(*^_^*)






IMG_6430.jpg
Kちゃんよくがんばったね(●^o^●)




当山本尊「子育て虚空蔵尊」のご威光に永く守られんことをお慶び申し上げます!





本日の様子は両家のご理解とご協力のおかげで近日堂々アップ予定!

この写真をもとに正式にプロジェクトとして進んでゆくのです(^_^)v






スタッフ(カメラマン&オイラの家族)一同は

当日の全力投球に加えて、事前準備(主に掃除)で完全燃焼しました(^_^;)

だってなにしろ一生の思い出ですし、大事な大事なお写真ですものね♪


本堂内はモチロン!境内の落ち葉、枯れ枝、雑木、石周り・・・

「これでもか!」ってくらいお掃除したぜぃ。


普段してない訳じゃないけどネ・・・(*^。^*)









あらためまして。


本日ご参加の両家のご多幸と、

カメラマンさんのご活躍と、

ついでに当寺の隆盛を、


  願ってやまないのであります~







・*:..。o○ヽ(○・v・●)ノ○o。.:*:.。o○ヽ(○・v・●)ノ○o。.:*:..。o○ヽ(○・v・●)ノ○o。.:*:.。o○



10/20(日)開催の当寺文化講演会が「佐倉・城下町400年記念事業」として

同名のFacebookに掲載されました。

  → https://www.facebook.com/media/set/?set=a.601537833223044.1073741836.566216633421831&type=1

へんろ調査 デビュー

あっはっは~のは♪


良い日和♪ 散策日和もしくは探索びより~(^-^)

というわけで、本日は地元に伝わるお大師参り『六崎十善講』について

調査に行く事となりました♪






♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦*゚¨゚・*:..。♦♫♦*

六崎十善講について


『和田地域のお大師参り』(800字版)
 ブォオーというホラ貝の響きに重なりシャンシャンという鈴の音。音色につられて目をやると
そこには白衣を身にまとい杖を片手に祠に向かって小気味よく経文を唱える『お大師参り』と
呼ばれる一行が。桜の枝先についた膨らみが薄ピンクにほころぶあの季節がまた、やってきます。
でも、いったい何時からこんな景色がみられているのでしょうか。
 時は太平の江戸時代。四国八十八箇所霊場を模して札所を設ける巡礼が全国的に流行していきます。
その中でも和田地区内にある札所は今から二百年も前の文政年間に六崎村の鏡寳寺住職によって
設置された事が始めとされます。そして明治期には『六崎十善講』という名称となり、一般庶民にも
親しまれていきました。

 祠にまつられるのは『弘法大師』という平安時代の高僧。中国で学んだ有難いお経を日本へ伝え、
私学校の設立や治水工事を行うなど多くの功績を残し『お大師さま』と呼ばれて絶大なる信仰を受けていきます。
講の皆さんは祠のある場所へ着くとお経を唱え、次に『ご詠歌』と呼ばれる音階のついた歌を詠みます。
このご詠歌は四国の巡礼にならっており、各場所によって歌詞が異なります。
その後『光明真言』というお経とお大師様のお名前(宝号)を三遍ずつ唱えると無事終了。
次の場所へと移動となります。
最近は少なくなってきましたが、以前はどの場所でも地域の人が講の皆さんに味飯にぎりや
茶菓子などをふるまいました。『せってい』と呼ばれるこの行為をするのは、飲食の接待をする事で
その地域から災いを無くし(息災)、福をもたらす(功徳)と信じられているからです。

 私達が生まれる何代も前のご先祖様から伝わる『お大師参り』
やさしい想いがこもったその行事は、時代を経てもなお、地域に生き続けています。

H24/03/20 社協「わだ」掲載原稿より)



♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦*゚¨゚・*:..。♦♫♦*






じつは縁あって昨年頃から当大師参りについてあらためて調べてみようという事になっていまして、

アレコレ本で調べたり古い研究所を掘り起こしてみたりはしていたが、

本格的な現地調査は(オイラにとって)デビュー戦であります!



さぁ行こう!




今回は特に佐倉市内でも旧和田村内に設置されている大師堂のチェックです。




IMG_6415.jpg



IMG_6419.jpg



まずは丁寧にお参りして、その後各お堂の基本データを細かく調べて行きます。

内容は主に本尊である大師像の材質や寸法、そしてご詠歌の存在確認や額の採寸。

その他関連資料(タスキ・棟札・奉納品・周辺の石碑)と各年号記載の有無についてです。






それぞれのお堂にそれぞれのカタチ♪

沸き起こる様々なギモン(・・?  時に発見 (^_^)v


群れをなしてやってくる蚊と格闘しながら、お住まいのヤモリさんの登場に御挨拶しながら、

根気よく調べてゆくのです♪





IMG_6418.jpg
堂内にあった棟札(ウラ面)












IMG_6416.jpg
ご詠歌額裏には時代を感じさせる文字が・・・







もちろん鍵がかかっていたりする場合も多いので、その場合は要再調査!!

鍵の持ち主は誰かも調べてあたりを付けて行くので結構な手間です。

そう!なんたって少ない資料をもとに手探りで調べてますからね♪♪






今日の合計調査数は10カ所。

お寺に戻ると本日の調査資料の整理と今後の計画。

気がつけば夕日も落ちてきています。






まだまだ先は長いですね~。

なんたって合計100カ所近くあるのですぅ(^-^)





それでもとっても楽しくって充実の一日でした。

御同行の村田一男先生(元八千代市郷土博物館館長)には心から感謝です♪♪






この大師参り調査。

ここ数年のライフワークになりそうです(^_-)-☆






-----------------------------------------------------------------

佐倉・城下町400年記念協賛事業
「宝金剛寺の什物について -涅槃図と宝冠を中心に-」(10/20 14:00~)

上記講演会の詳細は → コチラ♪


整理整頓トントントン♪


あっはっは~のは♪



本日の予定が雨の為に流れてしましまして。。

何となく今度の講演会(10/20)について思いを巡らせていました(^-^)

そしたら何故か、



資料の整理をしようと思い立ったのです (; ̄Д ̄)なんじゃと?

と言う訳で、当寺の収蔵庫をお片づけ~♪♪




大きさをそろえてみたり、置き方を工夫してみたり。

こっちをどかすには、あちらの置き方を変えなければ。

この箱書き、書きなおした方が見やすいなぁ。

だったらここにも記載しないと。

この奥には何があったっけ??

あれ?コレってそもそもなんだっけ??   




|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| ワァァァァ




なんだかんだで(お昼を挟んで)

結局4時間以上格闘する羽目になりました(^_^;)

5年前の収蔵以来、一回も触らなかったものもあるからそりゃそうだ。




どれ、だいぶキレイになったかな♪♪


IMG_6397.jpg
整頓前にも写真撮っとけば良かったな~



どっちにしろ、住職であるオイラ以外は立ち入らないトコロですけどね(^_^;)





8月の市文化課さんの調査から、少しづつまとまってきている古文書もあるし。

今回もちょっとした発見があったし。

一人で満足気分に浸るのでした♪♪












ご先祖様はホトケサマ

あっはっは~のは♪



なんか暑いぞ!夏?!

でも、たまに吹く風は秋(*^。^*)


子供の運動会も無事終わり、落ち葉焚きやら常設展示の微調整やらをしておりました♪







そこにお寺にいらした一人のお檀家さん。

「お寺さん(オイラの事)、ちょっと教えてくれませんか?」と言われ、

客殿でお話し。

位牌を直す?動かす?供養する?という相談なのですが、どこかまとまりが無くって違和感。。

違和感の元をつかもうとよくよく聴けば、なにやら雲行き怪し・・・((+_+))

それはこんな内容でした。





Aさん(お壇家さん)はここ数年体の調子が悪く悩んでいたところ、友人の紹介である人に会った。

その人によると体調不良は、そもそも亡き祖父の代に無縁仏(??)がいて、

その霊の存在が原因らしい。

A家には先祖の位牌が祀ってあると話すと、そのうち母と祖父の位牌を新たに造り直して、

(菩提寺である当寺以外の)お寺を紹介するから

そこで懇ろに永代供養(??)をしてもらうと良い。との事。

A家ではお寺さん(菩提寺である当寺の事)で供養していただいていると答えると、

「それは先祖であって無縁仏は別(??)だから、新たな供養が必要」と言われたんだとか。

Aさんは元々心配性な性格のうえに体調不良が重なって益々悩んでしまい、

どうしたものかと本日の来寺になったのだ。




う~ん、(;一_一)

それ、嵌められてるって。。。




体の調子が悪い事を霊のせいにする事がまず怪しい。

そりゃあ病は医学や科学で100%解決できないとは思うけど。

それに専門的には有縁である先祖と無縁(と表現するモノ)を分けているのもおかしいし、

わざわざ菩提寺以外を指定するのも煽り感ムンムン。

そもそもしっかり祀られている位牌をなぜ新たにつくって増やす(細胞分裂??)のもギモン。

そんな???だらけのお話しなのでした。





オイラはお檀家さんであるAさんに。

「まずA家と菩提寺である当寺は歴代のつながり。住職であるオイラは365日、本尊前でお檀家さんの霊位に祈っています(回向)」

「そしてその霊位に有縁無縁の隔てはありません。(一切精霊)」

「つまりA家の周りに無縁仏(この場合俗に「たたる霊」という意)などという存在はあり得ない。」

と伝え。

また、

「菩提寺以外の色々なお寺や神社へ行くことはイケナイ事ではないが、

あっちにすがりこっちにすがるといった意味で体重をかけ過ぎるのは

例えるならば色々な病院でそれぞれ処方箋を出してもらうような事で、

薬の飲み過ぎでは病は治らないですよ。

そりゃあ処方箋出しまくったほうが(出す側からすれば)儲かりますけどネ」

といった内容をお話ししました。





A家とは幸いある程度の信頼関係を感じているので、Aさんもホッとした表情を浮かべてくれて、

「有難うございます。で、(今日の)御布施はおいくら?」との質問に

「いりませんよ、さっきの本堂前でのお賽銭で充分。ここで『はい!では100万円です』

って言うお坊さんは信用しない方が良いですよ」とのジョークめいたオイラの返答に

笑って答える心の余裕が出てきた様子でした(*^_^*)






この件に関していろいろ思うところはあるけど、

まず乱暴な言葉で言うと「菩提寺の坊主のポジションなめんな」って事。

オイラは確かに能力の低い人間だけど、

菩提寺の住職として、お檀家さんを中心としたご縁のみなさんをはじめ

それこそ有縁無縁の霊位に祈る事に自分を奉げて生きてますって事。




これはおそらくどのご住職さんも同じだと思います。





誰のアドバイスか知らないが、

オイラのお寺のお檀家さんのご霊位に“うかばれていない”存在があるなんて発言は

沽券に関わるレベルの問題じゃないよ!ありえないぞ!!って事でしょうか。





そのうえで、いちお檀家さんのご相談を聴かせていただける関係性でよかったなと。

要点はさて置き、何か話す事で心のつかえが少しでもとれたらいいなと。

だから押しつけの提言をしないように、いわゆる“傾聴”を心がけてみました。








まだ少し暑い秋。

お彼岸のお墓参りにお出かけの皆さん。




お寺やお墓で自然に手をあわせる心を持った皆様に。

そんな皆さんとつながっているご先祖様に。

たたる霊なんているわけないっしょ♪♪












涅槃図と宝冠を公開っ!

あっはっは~のは♪


例年、地味~に開催される当寺の講演会。。。


今年も、やります(^_^)v




講演会1


「宝金剛寺の什物について」
 -涅槃図と宝冠を中心に-

講師:須賀 隆章(佐倉市文化課文化財班)
日時:2013/10/20(日) 14:00~
費用:100円(資料作成代として)
備考:定員約60名・自由席・申込不要

*会場は全てイス席です





過去の講演会の様子はカテゴリ
    『みたい!しりたい!佐倉の歴史♪ in直弥のお寺』 をクリック♪



当寺に伝わる色々な什物(アイテム)を、

佐倉藩主松平氏寄進との伝承がある涅槃図と

以前、香取忠彦先生に観ていただいた潅頂宝冠を中心に観ていきます!


当日はスライド映像で豊富な資料を交えながら、

モチロン現物を間近で見学していただきます!







若干マニアックなテーマではございますが(^_^;)

へぇ~、お寺にはこんなモノもあるのね♪的にでも見ていただければと思います。




現在、着々と準備中!


ど~ぞよろしくお願いしまっす<(_ _)>








*この講演会は「佐倉・城下町400年記念」協賛事業です。

プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR