元旦はお寺で和カフェ♪

今年もあとわずかですね(#^^#)


宝金剛寺では、元旦の御参詣を歓迎申し上げます!!



20131220101629.jpg





≪趣旨≫

直弥のお寺「宝金剛寺」のお正月。それは「年頭」とよばれて多くのお檀家さんでにぎわいます。
せっかく来てくれている人にもっと良い空間を。なんとなく来てない人が行きたくなっちゃうきっかけに。
当寺院では手づくりおやつのおもてなしをいたします♪
美味しいおやつは地元有志の方の逸品!畑で採れた野菜を使ったほっこりやさしい素材でメニューを考えてくれています。(むらさきいもヨウカン・かぼちゃのババロア…and more)

前回からはお檀家さんイチオシのバナナを使ったメニューも登場!!

お子様・お孫ちゃんとご一緒に!地元のお寺でこころあつまる新年にいたしましょう♪











Q.なに?コレ??

A.はい!お寺にお参りに来て、ついでに美味しいモノ食べちゃおうという企画です。





Q.日時は?

A.元旦(1/1)。時間は9時頃~3時頃でしょうか。





Q.いくら?

A.フード・ドリンクともに無料です!
 無料なんて申し訳なさすぎるっ!て感じる(奇特な)方のみお賽銭箱にチャリンしてください♪





Q.正月はフツ―神社でしょ?

A.日本の初詣ランキング1~3位の内訳は、神社1社の寺2か寺です!
 関東に限ってみれば、むしろ寺院の方が総参詣者が多いみたいです♪






Q.私、檀家じゃありません。

A.檀家じゃないケド来る人もあり。檀家でも来ない人あり。つまりあんまりカンケー無いと思ってます。
 ご縁があればいいじゃあございませんか♪







Q.お札ある?

A.正月用のお札は無いのですが・・・。
 住職の趣味に特化したオリジナルお土産(有り難い御祈祷済み)がいくつかあります。
 ポストカード・手拭い・お守り・エコバッグ。どちらも当寺オリジナル!!







Q.そのお寺の歴史を知りたい!

A.本堂で常設展示『宝金剛寺を伝えるもの』始めました♪







Q.寺院とは宗教施設であり、もっと大衆の悩みや問題に取り組み、釈迦の教えを広め、云々カンヌン・・・。

A.はい!頑張ります(汗)でも、頭で考えてないでまずは雰囲気を体で感じてみませんか?









お檀家さんじゃない方。お檀家さんなのにいつからか来ていない方。

試しに顔出してみてくださいませ~♪♪








どうぞよろしくお願い申し上げま~す♪


千葉大 公開講座


昨日は公開講座に行ってまいりました~♪




201_20131222152059fb3.jpg


千葉大学公開市民講座 
仏像半島-「歴史」のなかの仏たち- 


講演1 妙見菩薩をめぐって
    -房総に渡ってきた仏- 

  講師:高山利弘(群馬大学教授)



講演2 仏像を展示するということ
    -展覧会「仏像半島」を担当して-

  講師:西山純子(千葉市美術館学芸員)






私の中で間違いなく今年一番の経験となった「仏像半島」展(4/16-6/16)の参加。

気が付けばあれからもう半年。

もちろん中心でかかわった皆さんはとっても大変なご苦労をされたということも知っています。
(私はただただエンジョイしまくっていましたが・・・)

膨大なプロセスのもとに出来上がった展覧会。

私ごときでも語りつくせないものがあります。

西山さんにもとってもとってもお世話になりました♪





あの時の写真や資料が講演のスクリーンに映し出され、客観的にみる自分。(たまに見切れていたりして♪)

なんかちょっと懐かしいような。。。

不思議な気持ちになりました(#^.^#)






今年一年は自分の中で意識して多くの講演会に行きました。

日程調整も大変でしたが、そうそうに満杯になる自分の脳味噌にも苦労しましたネ(*_*)



でも、ちょっとでも身になればと自分の脳味噌に働きかけていました。





そんな中。



この講座は、まさに今年の自分の総決算と思いました。













10月-11月


あっはっは~のは♪

10月・11月読了本です(#^^#)



朝日おとなの学びなおし 宗教学 お経で学ぶ仏教 (朝日の学びなおし!宗教学)朝日おとなの学びなおし 宗教学 お経で学ぶ仏教 (朝日の学びなおし!宗教学)
(2012/02/17)
蓑輪顕量

商品詳細を見る


葬式や法会で読誦されるお経は、なにを語っていて、なぜありがたいのか。般若心経や法華経、無量寿経、阿弥陀経、涅槃教、理趣経など、各宗派が採用する代表的なお経をダイジェストで現代語訳し、解説。身近なお経から仏さまの教えの真髄を知る。 (他ページより)








鉄道が変えた社寺参詣―初詣は鉄道とともに生まれ育った (交通新聞社新書)鉄道が変えた社寺参詣―初詣は鉄道とともに生まれ育った (交通新聞社新書)
(2012/10)
平山 昇

商品詳細を見る


日本人にとって最もメジャーかつ“伝統的”な年中行事「初詣」は、意外にも新しい行事だった…?!そしてその誕生の裏には、近代化のなかで変化する人々の生活スタイルと、鉄道の開業・発展、そして熾烈な集客競争があった―“社寺参詣のために敷設された鉄道は多い”という語り方で語られてきた「鉄道と社寺参詣」の関係に一石を投じ、綿密な史料調査をもとに通時的に解き明かす、鉄道史・民俗学を結ぶ画期的な一冊。 (他ページより)











東京仏像さんぽ (学びやぶっく)東京仏像さんぽ (学びやぶっく)
(2009/10)
宮澤 やすみ

商品詳細を見る


仏像ソムリエ・宮澤やすみが厳選してお届けする、東京のすごい仏像たちが勢ぞろい!そのおもしろ・驚きエピソードとともに、巡り方・楽しみ方を紹介します。ふらりと街歩きを楽しみながら、すぐそこにある身近な仏像・新発見。 (他ページより)










蝉丸Pのつれづれ仏教講座蝉丸Pのつれづれ仏教講座
(2012/06/15)
蝉丸P

商品詳細を見る


仏教は、ドラクエ・FFのような長編シリーズの歴史と同じように複雑?仏教の宗派とは、原作と二次創作の関係?ニコニコ動画で話題をさらった、蝉丸Pの「仏教講座」が堂々書籍化。そもそも宗教って何?という基礎知識から仏教史、また僧侶の食事、「坊主丸儲け」の真実、動画アップって怒られないの?というみんなが気になる疑問まで徹底解説。初出版を心配した!?豪華マンガ家陣による応援イラストも掲載。 (他ページより)










民主党政権-悪夢と恐怖の3年3ヶ月 「思想ウイルス感染」に冒された政権与党の一大パンデミック! (SEIRINDO BOOKS)民主党政権-悪夢と恐怖の3年3ヶ月 「思想ウイルス感染」に冒された政権与党の一大パンデミック! (SEIRINDO BOOKS)
(2013/06/21)
山村明義

商品詳細を見る


史上最悪の民主党の悪政を徹底分析!
なぜ、政権交代は失敗したのか―。
民主党政権による失政の最大の原因は、
「日本を決して良くすることはない」という政治思想にありました。
本書では民主党の政治思想を「左翼リベラル思想」と呼称し、
悪性ウイルスのような感染力や危険性を喚起します。
民主党設立から取材を続けてきた著者だからこその情報が満載の一冊。(他ページより)










官房長官を見れば政権の実力がわかる (PHP新書 881)官房長官を見れば政権の実力がわかる (PHP新書 881)
(2013/08/13)
菊池正史

商品詳細を見る


東日本大震災における枝野幸男氏、アルジェリア人質事件での菅義偉氏―緊急事態で表に出てくるのは、総理ではなく内閣官房長官だ。内閣のスポークスマン、総理大臣の女房役と呼ばれる要職でありながら、しかしその実態は、ほとんど知られていないといっていい。総理のリーダーシップを影で支える官房長官のマネジメント力こそ政治の真髄であり、その能力には国民の命がかかっている―著者はそう語る。歴代官房長官の成果と失敗をひもとけば、生々しい政治の実態と、時の政権の力量が手に取るようにわかる。不確実なこの国の行方を占う、日本国民必読の一冊。 (他ページより)











学校では教えてくれないお金の話 (河出文庫)学校では教えてくれないお金の話 (河出文庫)
(2013/09/06)
金子 哲雄

商品詳細を見る


独特のマネー理論と親しみあるキャラクターで愛された流通ジャーナリスト・金子哲雄氏が残した「お金」に関する一冊。若い世代に向け、「お金って何?」という基本的な経済の話から「お金がなくても幸せに暮らせる方法」など、自身のエピソードや身近な例を取り上げながら分かりやすく説明している。 (他ページより)











いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話
(2013/08/30)
長谷川 豊

商品詳細を見る


ニューヨーク赴任中の経費不正使用騒動で世間を賑わせた
元フジテレビアナウンサー長谷川豊氏が執筆した初の単行本。

知られざる局アナウンサーの日常など、
著者だからこそ書ける「ちょっとめったに聞けない話」を完全網羅。 (他ページより)












傷だらけの店長: 街の本屋24時 (新潮文庫)傷だらけの店長: 街の本屋24時 (新潮文庫)
(2013/08/28)
伊達 雅彦

商品詳細を見る


本屋の日常は過酷な闘いの連続だ。繰り返される万引き、達成不可能なノルマ、限界を超えた作業量。何より給料が安く、満足に休みも取れない。それでも著者は、心血を注いで棚を作り、理想の書店を目指して働き続けた。ところが近くに競合大型店が出店!勤務する店舗はたちまち赤字に転落した。このまま書店員を続けていけるのか。働く大人の共感を呼ぶリアルな苦悩と葛藤の記録。 (他ページより)











記憶力の向上する処方箋がほしい今日この頃です(*_*;

プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR