FC2ブログ

そして大人になってゆく♪

今日、怒られました。。。







それは(午前中の)法事の後の会食での事。

お相手は地元のお檀家さん。






会食に車で参加した私は当然アルコールを飲まず。

ノンアルコールビールで雰囲気だけいただいていました(#^^#)



そしたらそのお檀家さん。

檀)「あれ?坊さん何で飲まないの?」

私)「あ、すいません。車なんです」

檀)「え?!だって会食あるの知ってたでしょうよ!帰り送るから飲みなよ!!」

私)「いえいえ、お気持ちだけで充分です♪その代わり(あなたにお酒)接ぎますよ」

檀)「・・・・・・・。そういう事じゃないでしょうよ」



そのお方、納得せず。露骨に不機嫌に。

そして私、怒られたのです。

「坊さん!そんなんじゃあだめだよ!!」と。




私、こういう人に接すると「あぁ、ありがたいなぁ」と思うんです♪

菩提寺の坊さんである私からして、こういうお檀家さん、好きです♪







意味、分かります??  !(゚ペ?)???





*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。.以下、この方の頭の中.。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○




「今日は法事だ、坊さんが快く供養できるようにもてなさなきゃ♪」

「だってそれが一番の供養だもの!」

「アルコール飲みたいだろうな♪暑いしお経読んでのども乾くだろうし♪」

「たくさん飲むだろうな♪ウチの法事じゃ、いつも気兼ねなく。だってそんなイイ関係だし」

「そんなとき、一人で飲むんじゃ飲みにくいだろうな。だから私も飲んじゃうぞ!」

「だから法事後の用事は入れないようにしよう!
      だってお坊さんもわざわざウチのため(だけに)時間を割いてくるんだし」

「さぁて、坊さんに接ぎに行くか!喜ぶぞぉ♪♪」

「・・・って、飲んでないのかよ!?車って?!」

「何で『飲みたいから迎えに来て』って相談してくれなかったの??」

「パワーセーブしてるの!?供養なのに・・・。」




*あくまで想像です♪♪♪

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○






ね!こんなに心配りしてくれていたんです♪♪

いや、きっとそうです♪♪

有難いでしょ (#^^#)






(A)

あなたそりゃあなたの主催の法事ならもちろん飲んでますよ!

だって、あなたがそんな心持ちの御仁だって知ってるもん!!

でもでも、今日はあなた親族として参加してるでしょ!

で、知ってる?今日の施主さんお酒あんまり好きじゃないってこと。

そして、施主の生家側の皆さんほとんど飲まないってこと。




いや、そんな施主の心情を言い訳にするのもいかがなものかと




(B)

で、私にも一応予定が入っているんです。

一つには、会食後にもう一件のご供養を控えていたこと。

そして夕方に寺への来客を予定していたこと。


いや、そこ強めに主張すると結局パワーセーブしてる感を相手に押し付けちゃう




(C)

最近、「坊さんが酒飲んでる=ものぐさ坊主」って安易な定義付けをされやすいんですよね。

「飲みにケーション」なんてちょっと死語になりつつあるし。

会食で出されたお肉食べてると「平気で肉食べるんスか?」なんて質問する人いるし。

がちがちの地元檀家さん以外が親族として参加する今日のような場合、結構この辺気を付けるんですよ♪


いや、こんなジェネレーションギャップ解説するの野暮すぎる






私は(A)~(C)を心に締まって、ニコニコ「ご主人、飲めなくてごめんね!有難う!」とおこたえしたのでした♪

もちろん、そのかたは全然納得してくれませんでしたけど・・・(;´∀`)






あぁ、地域密着の田舎坊主の苦悩はなんて小っちゃくってかわいいんだ♪♪




もっかい言うけど私、こういう人に接すると「あぁ、ありがたいなぁ」と思うんです♪

こういうお檀家さん、好きです♪



私はこんな古くさい地元で育ち、共に生き、皆さんと同じように死んでゆくのです♪♪

境内ますます♪

どぉも(^^)/

ここ数日、境内整備に明け暮れる坊主です♪

植木周りは鎌でチマチマ♪ 広い場所は草刈機械でザックザク♪ 



そして本日は、業者さんが植樹作業(^^♪



IMG_7103.jpg

昨年設置したパーゴラ(藤棚)に植樹したフジをちょっと修正。

苗を2本体制にしてみました。








境内うら墓地では、新たに整地した場所の植樹!



IMG_7102.jpg


ヤマボウシと紫陽花を交互に配置していきます♪




紫陽花は多めに注文していたので、業者さんの作業に負けじ(?!)と母&私は、

墓地と道路に面した例の場所へ紫陽花の植樹!

この場所がゴミやら、竹の根っこやらで手ごわいのなんの。。。


大汗かいての作業です。



午後も大汗ついでに土留め様の玉竜を大量に植樹!!




ついでに近辺の雑草と格闘 (゚д゚)!



なんだかんだで、日中のほとんどを境内(建物外)ですごしましたね。




いやぁ、それにしてもよく働いた。



さぁて、明日は芝刈りでもしようかなぁ~ ♪♪♪






あ、




卒塔婆書き大量にあるんだった orz....

苦節からの念願へ

ここのところ雨続きですネ 、ヽ`、ヽ`个o(・ω・。)`ヽ、`ヽ、

洗濯物が乾かないと妻が嘆いております。






そんな中。





私が宝金剛寺の役員としてずっと取り組んでいたお寺にまつわるある懸案。

どうやら大きなヤマを越えました。

詳細は言えませんが私がここの住職になる前からお寺がかかえていた事項です。
(過去に書いたblogで例えればこんなような事っぽいかも → コチラ

そして正確には最終着地地点までもう少しですのでまだ気が抜けませんが。


それでもヤマは越えた感じです (〃´o`)=3 フゥ







あぁ、不思議だ。

私にそんなこと解決できる能力があるとはまったくもって1㎜も思わない。

でも、無い脳味噌をひたすらしぼって、考えて考えてとにかく考えて。

そして私の唯一の特性ともいえる あきらめず・コツコツと・地道に をひたすらつづけていたら。




いろいろな幸運と転機とタイミングと人のつながりが重なった感じです。




「努力に結果が付いてくる」などといった安易な見返りを求めてなんかいないのですし、

そんなに誇れるほど努力も出来ていないです。







でも、





「苦しいからって投げ出さないでよかったね」と自分を褒めてあげるくらいはイイかなと♪







IMG_7071.jpg
雨に濡れるヒメシャラの花






長雨もまた、好し (#^.^#)












*6月24日、最終着地地点到達しました。

今でよかった?!


とても面白い本、読みました♪



「昔はよかった」と言うけれど: 戦前のマナー・モラルから考える「昔はよかった」と言うけれど: 戦前のマナー・モラルから考える
(2013/10/08)
大倉 幸宏

商品詳細を見る


戦前にも存在した!席を譲らない若者、車内で化粧をする女性、子どもや老いた親を虐待する人たち。
道徳心の欠如について歴史的視点からその本質に迫り、今日起きている様々な社会問題について考える。
戦前の日本人の道徳はいかなる状態だったのか、あまり知られていない歴史の側面を当時の新聞や書籍、
統計データなどの資料をひもときながら紹介した。 (他頁より引用)





「現代(の社会)はいったいどうなってるんだ!」
「あぁ昔はヨカッタ!」

確かによく聞くフレーズだし、自分もなんとなくそう思う節もある。

でも、ホントかなぁ。。。という疑問に答える良書♪♪

だからといって、過去=古い=悪 ・現在=最新=善 でもないのはモチロンです。




これは個人に置き換えるとわかりやすいかも。

どんな人でも多少なりとは、(自分の)過去は美化したいと思うものですからね(#^^#)








私などが坊主として。

例えば年配の方が「今の人は仏事に疎い。昔はもっと大切にした」と言えば、

「それは(過去と現在の間に入った)あなたが巧く伝えられてないからでは?」と思い。



お若い方が「(仏事とか)そんな事って科学的じゃないし、いまどき古いよ」と言えば、

「なぜ科学=正解で、(たまたまあなたの居る)現在だけが絶対なのさ」と思ったりする。



いや、そう思う自分が正解とも思っていない。

ただ、こっち(自分)が正解であっち(相手)が不正解だと思うのは間違いだとは思っている。







この本を読んで気を付けたいのは、

「『昔は良かった』と感じるのは実は幻想なのですよ!」などといきって発言しないことかも?!

そんなこと言おうものならきっと

「昔の人はそんないきった発言しなかったのに」と言われてしまうことでしょう ヾ(^▽^*
















♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。


宝金剛寺&家族写真出張撮影プロジェクト「七五三ご祈願撮影プラン」の詳細は → コチラ♪

宝金剛寺 753プロジェクト♪

昨年(6/13)に当blogでもお伝えしたプロジェクト、

『宝金剛寺七五三祈願&記念撮影』がついに本格始動いたします♪






zenkei.jpg

zenkei3.jpg

hondo.jpg



宝金剛寺&家族写真出張撮影プロジェクト
「七五三ご祈願撮影プラン」



日時は9月27日(土)

完全限定5家族さまを対象に行います!

詳細&申し込みは写真家:清水コウ氏のWEBへ → こちら



既に数件のお問い合わせがある模様です♪

お子さんの健やかな成長を慶び、是非当寺にてご祈願&撮影を!




あくまで限定プランですのでお早めにお問い合わせくださいね(#^^#)









プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR