FC2ブログ

みちのくの仏像展

東京国立博物館(東博)で開催中の特別展

「みちのくの仏像」を観覧してきました。


20150129220125.jpg





東北唯一の国宝仏である勝常寺薬師三尊像を始め、

東北地方を代表するお像にお目にかかることが出来ました♪

勝常寺像は2010年に現地でお会いして以来!

改めてその圧倒的な体躯に心を奪われました(´▽`*)



天台寺(岩手)の諸像からは土着的な魅力を感じ、

成島毘沙門堂(岩手)の伝吉祥天を観て、その神秘な像様に戸惑いました。


そんな中でも今回特にお会いしたかったのが、小沼神社(秋田)の観音様。

すらっとか細い体躯にくぼんだウエスト。そして優しいまなざしの上にある化仏とは思えぬ頭部の造形。

耳を隠す長い頭髪も併せて、単純に「ホトケ」という言葉では表しきれない不思議な魅力に包まれていました♪


以前から恋焦がれていたので念願のご対面♡

もう一体の観音様(十一面観音立像)にもお出まし頂きたかったのですが、

他の展示に行っていらっしゃるご様子なのですね。


*小沼神社蔵「十一面観音立像」は現在東北歴史博物館で開催中の
特別展 東日本大震災復興祈念「みちのくの観音さま - 人に寄り添うみほとけ -」】に出展中です。










久々の東博展示でテンションが上がりまくったまくった私は、同行の御仁にペラペラと

私的仏像論をのたまう失態を犯すに至るほどでして・・・。




とにもかくにも“充仏”した結果なのでございます(*^▽^*)





さて、布団に入って図録を読みながら寝るとしましょう♪

明日からもまた、がんばるぞ!





ちょっと休憩♪

風もおだやかで暖かい日♪♪




本堂脇の梅のつぼみが少し膨らんだ気がします(#^^#)



IMG_7650.jpg





ここのところ、法事・葬儀と途切れなく続き疲れ気味ではあったので、ちょっとだけ休憩気分な日。

もちろん精神的にも疲れるのですが、法事・葬儀が続くと結果的にお寿司や天ぷらといった会食が続くので

胃腸もだいぶ疲労気味。

いや、頂戴できるのはありがたいこと!だからぜいたくな悩みですね(;´∀`)





乱雑に積まれた読了本を整理したり、

撮ってあったテレビ(NHK将棋対局)を見たりしました♪






そうそう。


境内駐車場拡張計画ですが、まずは雑木の伐採がひと段落!


境内への日光の差し方も変わりましたし、なにより印象が変化しました。



IMG_7649.jpg
今までは撮影出来なかったアングルから



写真下部の未舗装部分が全て雑木で薄暗かった場所です。


そして第二段階の「計画的剪定と植樹」が来週行われる予定♪




年度内には舗装されるのかな。

とても楽しみです♪♪




今年の落語会(5/2)は駐車場不足に悩まされずに済みそうだなぁ~(^^♪





読んで解いて見えてくるもの

昨年から始動した千葉古文書の会による「宝金剛寺の文書を読む会」。

本日は今年最初の例会が行われるとのこと。




というわけで会場である千葉市中央図書館へGO~♪♪





2件の法事を済ませてからの私は途中参加となってしまいましたが、

会場では皆さん和気あいあいながらも真剣に当寺所蔵の文書に向き合ってくれていました!


IMG_7647.jpg







今回取り上げているのは当寺33世盛範が記した「皓月山年中日記帳」という文書。

万延元年(1860)の記録をみんなで読み解いてゆきます。




IMG_7422.jpg
皓月山年中日記帳(表紙部分)







え?私も読めるのかって??







モチロン!










トーゼン読めません(*´▽`*)









だって中身はこんな感じですよ!!


   ↓↓↓



IMG_7427.jpg









だからこの辺は長年の経験がある会の皆さんに頼りっきり!








会の皆さんは事前に振り分けられた一頁(或はその項目)を担当し、まずは自力で解読。

それを発表し、他の皆さんは「あーでもない」「こーでもない」と意見する。

そしてチェックを重ね、ある程度のカタチまで仕上げてゆくのです。






え?じゃあ、私は必要ないって??








そうじゃないのですダンナ (#^^#)





会の皆さんは解読できても判別は難しい。


例えば固有名詞とか。その地域の行事とか屋号(イエの名前)とか。


そんなときに私ごときが役に立つのであります @^▽^@ エヘ♪









モチロン最終的には専門家(当会では佐倉市市史編纂室)の校正をいただきますのですヨ。







とにかく。

会の皆さんお疲れ様でした!


またこれからもよろしくお願いいたしまーす♪♪


日々の積み重ね

北風寒いです(*_*)

境内には大量の杉っ葉が!!

というわけで、境内大掃除。



寄せて集めて運んで燃やす。




気が付けば体はぽかぽかです♪




さて、続いては本堂掃除。

普段は本堂正面を開けているために外から砂埃が入りやすいのですが、

1月~2月は堂内が寒くなりすぎるので閉じていますからその分は汚れにくいかな♪



で。



明日は法要があるので客殿や台所も準備じゅんびと。


しっかり終えるころには境内はまた北風で杉っ葉が・・・(ノД`)・゜・。

こりゃ、明日も境内大掃除でしょうw






そんな中、

正月用に張られた幕を業者さんが外しに来てくれました♪

IMG_7642.jpg

木枯らしの中、ありがとうございます!



この幕が下ろされると、自分の中では正月気分も終わりですかね~(#^^#)




正月気分と言っても、ゆったり寝正月なんてものとは程遠いお寺の日常。

今年もまた、どたばたと過ぎてゆきました。



来週からは駐車場の拡張工事が始まります!

空気も乾燥していますし、風邪をひかないようにしたいものです。













明けまして読みまして

新年読了本でございます。

相変わらず偏っていますのでご用心(-_-)








神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-
(2014/09/28)
さとう みつろう

商品詳細を見る


「幸せ」ってなに?誰も知らないその答えが、ここに。大人気自己啓発ブロガーによる待望の初著書。
人生の価値観がぐるりと変わる実用エンタメ小説。(他頁より引用)



発想の転換とでもいいましょうか。いわゆるジャケ買い。あくまで参考♪













最貧困女子 (幻冬舎新書)最貧困女子 (幻冬舎新書)
(2014/09/27)
鈴木 大介

商品詳細を見る


働く単身女性の3分の1が年収114万円未満。中でも10~20代女性を特に「貧困女子」と呼んでいる。
しかし、さらに目も当てられないような地獄でもがき苦しむ女性たちがいる。それが、「最貧困女子」だ。
可視化されにくい彼女らの抱えた苦しみや痛みを、最底辺フィールドワーカーが活写、問題をえぐり出す!
(他頁より引用)



貧困問題は根が深い。眼をつむりたくなるが遠いようでいて実は近い問題。










逆境を乗り越える技術 (ワニブックスPLUS新書)逆境を乗り越える技術 (ワニブックスPLUS新書)
(2014/06/09)
佐藤 優、石川 知裕 他

商品詳細を見る


苦境脱出のために必要なのは精神論ではなく、リアルな“技術”である。まさにその真っただ中にいる石川氏が、
逆境を乗り越えてきた佐藤氏に生き残るために何が必要なのかを問いかける。今、苦境に陥っている人への
リアルなアドバイスが満載。 (他頁より引用)




ヘヴィー過ぎる実体験から経験則を語るお二人。後半部分の国際情勢は別の本で語って欲しい気もした。














水を守りに、森へ―地下水の持続可能性を求めて (筑摩選書)水を守りに、森へ―地下水の持続可能性を求めて (筑摩選書)
(2012/01)
山田 健

商品詳細を見る


日本は水の豊かな国だと思われているかもしれない。しかし、それは幻想にすぎない。
その水資源を養うはずの森では、驚くほど深刻な事態が進行している。
ヒノキや杉が立ち枯れ、竹林が雑木を侵食し、松やナラが大量枯死する…
はたして森林と地下水の再生は可能なのか。さまざまな難関を超えて、
五十年百年先を見すえた森林再生プロジェクトに挑む。(他頁より抜粋)



自然を守るとはどういうことなのか?そんなことを悩み、そして実践する著書。
最近ことに興味のあるジャンル。









外気が寒い分、お布団ぬくぬくで就寝前の読書が気持ちいい♪

天邪鬼な自分の殻を破ろうと以前購入した電子ブックリーダーをすっかり積んだまま、

紙の本をペラペラめくることになじむ自分っていう輩。




残念ながら嫌いじゃない(ノД`)・゜・。



プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR