送られなかった手紙

当寺本堂の什物常設展示

展示品の、「一年志願兵軍隊日記」を取り出しました。





理由は

①古文書の修復

そして

②行政への貸し出し。


といってもこの2点は連動しておりまして、正確には

「夏の地元公民館による展示会(予定)。そちらに貸し出す品を今のうちに修復する」ということです♪







というわけで、

空いたスペースに新たな展示をいたしましょう(*^▽^*)





お寺に伝わるたからもの その㉓

『京極盛濟書状』 24年(明治24・1891)2月7日




④ 蓮台寺 書状





宝金剛寺34世京極盛濟が緑海邨松ケ谷区(現山武市松ケ谷)蓮台寺住職京極某に宛てたもの。
自らの師僧と思われる人物が病を再発した旨を伝える内容となっています。
寺の記録では33世盛範が明治24年2月14日に没しており、手紙をしたためた後に先代が遷化し、
文面と状況が変わり投函しなかったと考えられます。
蓮台寺は現在真言宗智山派に属し、常駐の僧侶は居らず、同市内のお寺にて兼務されています。
本尊長谷寺式十一面観世音菩薩立像は13世紀後半にさかのぼる古仏ですが、33年に一度ご開帳の秘仏であり
見学は出来ません。











〈釈文〉

乱文乱筆平ニ乞高免、
取急前文略ス、陳者
生□□(師範カ)事久々病気之
処、方今ニ至りテハ
追々全快ニ趣キ安心
致し居候処、本月三日
ヨリ又々病気相発シ
医療相加へ、服薬致し
居候得共、爾今全快ニ
不相成、命ニハ障り無
シト存し候得共、乍略儀
此如ク上申仕候、余二得スレバ
対願ヲ一万々 
可申上候、頓首
    和田村直弥区
      宝金剛寺ニ而
 廿四年   京極盛済
   二月七日    拝

緑海邨 松ケ谷区
  蓮台寺御山主
   京極□□様







 
住職所見:

数年前、山武市にあるお寺のご住職さんからふいに「京極さんってこの辺に親戚いない?」と尋ねられました。

聞けば以前に京極と名乗る方が、付近にあるらしい先祖のお墓を探していたとの事。

私は全く身に覚えがなかったので「たぶん(本心では絶対)、いないと思います」と回答しました。

時は経ち、そんな出来事は丸ごと忘れていたのですがこの書状を見つけてから考えは一転!

おそらくこの書状の差出人あるいは宛名のどちらかのご子孫なのでしょう。

宝金剛寺歴代で血縁にあたるのは35世盛海(私の祖父)から。

差出人の盛濟は34世なので、わからなくても当然だったかもしれません。

ちなみに当文書の釈文は「宝金剛寺の文書を読む会」によるものです♪







今後ともコツコツUPしてまいりますので、
皆さまのあたたかいご支援と書き込みをお待ちしております♪


大関ヶ原

ふぅ~。つっかれたぁぁぁ(ノД`)・゜・。




のっけからすいません。。



先日、当寺に税務調査がございました。

「え!?お寺って無税だからカンケ―ないでしょ?」っていう初歩的質問はスルー申上げます♪)





今回のご担当者様は、当寺顧問税理士が感心するほど、それはそれは懇切丁寧にすみからすみまで。

合計一日半。みっちり調査・確認・そしてご指導頂きました m(_ _)m




というわけで。

あまりのありがたさに、感謝しすぎて疲労困憊した私。





ちょっと目先を変えようと外出します ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛







両国にある東京江戸博物館


徳川家康没後400年記念 特別展
「大関ヶ原展」
の観覧です♪


20150422193531.jpg



日本の歴史に名を刻む、天下分け目の関ヶ原の合戦!!

その戦いに参加した武将ゆかりの品々が、約4半世紀ぶりに再開を果たすとあってはこれを見逃す手はないですね♪


豪華な展示品と、ドラマチックな展開に、戦国時代に疎い私でもドキドキしました!











ちなみにこの戦いには、当寺大檀主である北条氏勝(1559-1611)も

徳川方として参戦しています。

今回の展示にこそ登場しませんが、徳川秀忠から信頼厚く、主に守備隊として家康の生地である岡崎城を守り、

本領安堵されました。


というわけで、今回の図録を寺資料として購入いたしましたよ~(*^▽^*)








楽しく見学を済ませお寺に戻ると、境内では植木屋さんによる植樹作業の真っ最中♪

落語会ももうすぐだし、気合を入れなおして頑張りましょう!!!



古文書をヨム♪

毎月恒例、「宝金剛寺の文書を読む会」に参加してまいりました♪




IMG_7769.jpg
今日は総勢13名で♪







以前から取り組んでいる「皓月山年中日記帳」の全21頁をひとまず解読し終え、

今度は改めて通し読みをしていきます!




IMG_7422.jpg
宝金剛寺33世 盛範書の皓月山年中日記


IMG_7427.jpg
日記の一部分






不確定な文字をみんなで確認し合ったり、前後の表記から虫食い部を推定したり。

文中には主語がない場合も多いので、記述がどこ(の部分)にかかっているのか討論していきます。







読んでいくと、当時の様子が少しずつ見えてきて・・・。

何だかタイムスリップしたような不思議な感覚に(´▽`*)







会の皆さん、真剣ながらも楽しそう♪♪





私もかなり楽しんでいるのです(*^▽^*)








月に一度の定期会。

次回も参加できると良いなぁ♪♪







今年は5/2(土)の”落語会”

毎年恒例、宝金剛寺落語会♪


今年もモチロン開催しますっヽ(^。^)ノ




第四回落語会チラシ



日時)  平成27年5月2日(土) 14:00開演(13:30開場)

木戸銭) 800円






早いもので今年で第4回目を数えるこの落語会。

本年は金原亭馬吉改メ 馬玉(ばぎょく) 真打昇進記念です!

(昨年の様子は → コチラ






前売り件(600円、但し来寺申込のみ)も絶賛取扱い中!

当寺落語会が誇る美人スタッフ(!?)共々、皆さんのお越しをお待ち申し上げまーす(*^。^*)



雨が続く・・・。

葬儀を終えて自坊(お寺のこと)へ戻る。





ここ数日、

法事・通夜葬儀・法事・法事・通夜葬儀と休みなく続きまして、少し消耗しました。


お天気も雨続きで、スッキリとは行きませんね。



いろんな予定が延び延び~。


境内の植樹も予定されていたのですが、こちらも延期・また延期です(ノД`)・゜・。







ただ、


お檀家さん・御親戚・地区の人・葬儀社さんなど関係者

たくさんの方とお会いして。

そんなご縁にはひたすら感謝です。




そこですね!ズバリ♪




仏事って、やっぱり葬儀(故人との別れ)が中心になりがちですから

ネガティブにとらえられてしまいますけど。





その出来事で感じたり考えさせられたり、再確認したり。

知ることも多いし得ることもまた多い。






うん、有難い(*^▽^*)



ありがたやありがたやぁ~♪♪















本日、葬儀後の埋葬を済ませると

「坊さん、寄っていきなって!!」と


地域の皆さんの席に呼ばれました。



墓地の準備をするために集まった地域の皆さん。

昔からの慣例で、お酒(お清め)をたらふく戴いての墓作業。



すっかり出来上がったメンツ。

そして、からまれ半分で呼び込まれる私。




雑多な作業小屋を適当に片付けて、

パイプ椅子にどっかと腰を下ろす。



卓上から紙コップと割り箸を見つけて、

「ほらよ!坊さん!」の声でお酌をいただく。



特に今日は寒かったので、

特製のタケノコ汁をすすりながらの一杯。



がやがやとドマイナーな地元の情報が飛び交う。




役割を終えて、ちょっと肩の荷が下りてもう一杯。

いや、飲むことも大事な役割かもしれませんね。




故人の思い出話もそこそこに、地域の近況をバラバラに喋る。

たわいのない会話に雑なツッコミが入る。



あっち側からの話に別の人の問いかけがかぶり、

酔いも手伝ってどんどん声がでかくなる。




一升瓶がみるみる軽くなってゆく。







こう言っちゃあナンですが、盛り上がりました。






この文章だけ見たら「葬儀後の席で盛り上がるなんて」と不謹慎に思うかもしれません。





だとすればぜんっぜん誤解ですけどね。




地域の人たちは知っています。

みんな一緒なんだって。

イイこともヤなことも。

こうやって、飲んで騒いで。

確認するんですよね。





そうしてまた、日常に戻るのです。



プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR