FC2ブログ

一挺切とは・・・??

成田教育委員会主催の平成27年度春の講演会に行ってまいりました♪



2015/5/23 15:00~ 成田市役6F
「珍しい民間念仏信仰について -壹挺切念仏講-」
講師:村田一男
   八千代市郷土研究会顧問





この講座は八千代市下市場にある「壹挺切念佛講回向」と刻まれた

大型の念仏供養塔をきっかけに、耳慣れない「一挺切(いっちょうぎり)」という念仏について

少ない資料を紐解きつつ解き明かそうというもの。



因みにこの「一挺切」とは、一本のロウソクが切れる(燃え尽きる)まで念仏を唱えるといった意味だそうでして。



ただし講演のなかでもありましたが、こういった民間念仏信仰は口承が一般的で記録が残らない。

宗教性の主体と考えられる寺とは独立して行われるために資料が残されにくく、

直接かかわった人以外に記憶も伝わらない。

といったケースが大半を占め。


そういった意味でこの「一挺切念仏」も資料発掘自体とても困難なようで、

講師の村田先生は非常に苦労されたという事でした。








私自身、こういった民間信仰に興味があり、地元でちょろちょろ調べたりしています。



IMG_3398_20150523205900177.jpg
境内にある明治12年の「念仏供養塔」(*詳細は→コチラ





IMG_5631.jpg
佐倉市天辺区に伝わる「百万遍」(*詳細は→コチラ







また、本日講師の村田先生とは、ご指導頂きながらお大師参りの調査もコツコツやっています。


IMG_6415.jpg
「六崎十善講」大師堂悉皆調査(*詳細は→コチラ









だからこそわかるのですが、


こういった調査ってとぉ~っっても地味で。

資料は少ないは関心は広がらないは、現地の関係者に怪しまれるはと。。。。

費やす時間がそのまま結果には表れないのです。



でもまぁネ(#^^#)




何の因果か、私自身が興味を持ってしまいましたし。

そんなご縁で貴重な方々とも知り合えたりと。

なかなかイイ事もあったりするのですヨ♪♪




だいいち、本日講師の村田先生自体「ぜんっぜん見つからない」と苦労をもらしながらも

そのこと自体を楽しんでいるようなお顔でしたし♪




そんなお話を聴く私自身、とても楽しかったのは事実なのです(´▽`*)




さぁ、明日もまた元気にいきましょう!





境内樹木が市の“保存樹”に♪

このたび、境内にそびえるムクロジの樹佐倉市の選定保存樹に登録されました!

(佐倉市による広報は→コチラ






それに伴い、市の担当者と工事業者による看板設置作業がおこなわれましたよ~(´▽`*)







IMG_7806.jpg






IMG_7808.jpg






IMG_7807.jpg






まずは“ムクロジ”についてのおさらいおば♪♪







この実、何の実?

夏が通り過ぎ美しい紅葉が見られる時節。境内にいらした方からよく聞かれる質問です。
私は駐車場すぐ前にそびえる木を眺めながら「モックですよ♪」と答えます。
正確にはムクロジという名前の木。モクレンジ・モクロシとも言われ、
当寺ではモックの木という可愛らしい通称が伝わります。

秋が深まると黄色い葉が次々と舞い降り、続いてギンナンのようなまあるい実がボトボト落下するので
大変目立つのです。これ、実は羽根突きの玉。
また表面を覆う部分はサポニンと言う成分を含み水に付けてこすると泡立ちます。
「昔はセッケン代わりに使ったんだよなぁ」とは近所の古老の談。

 この木は寺社の境内でよく見られますが、この実を古来は数珠玉として使用したのだとか。
その由来は遠くお釈迦様の時代までさかのぼります。『木槵子経(もくげんじきょう)』という経文によると、
この中ではある国の王様がお釈迦様に心の安らぎを得られる方法を聞いたところ、
お釈迦様はムクロジの実をつないで、この実を手にしながら仏様の名前を唱えれば煩悩から解き放たれると
伝えたと説かれています。
王はその後に悟りを得、その際に使用したムクロジの道具が数珠の発祥であるというのです。

そして、前述の通り羽根突きの玉として使用されていったこの実。
日本では、戦国時代の頃、羽子板がお祓いとしての要素を含みつつ子供の身体健全を願ったという記述もあり、
子供を持つ親からすれば羽根突きに使用される実はとてもご利益のある有り難いものであるとの発想に
展開されていったのでしょう。

さて。当寺に古来よりまつられる『虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)』という仏様はそもそも子供に利益甚大と伝わります。
と言う事は・・・。
いつぞやの住職が子供への願いにあわせてムクロジの木を植樹したであろうことは想像に難くありませんよね。

日増しに秋の深まりを感じるこの頃。お寺にお越しの際には是非「モックの木」に会ってみてください。
(宝金剛寺寺報紙『蓮想』№23より)











当寺では保存樹選定の年に合わせて、毎年秋に開催の文化講演会で市内の名木・古木についてを

取り上げる計画(10月半ば頃予定)です♪




選定委員の皆様に満場一致で「選定にふさわしい!」と言っていただけたという

当寺のシンボルツリー“ムクロジ” 

お立ち寄りの際は是非チェックしてみてくださいね(#^^#)














《選定情報詳細》
佐倉市選定第117号(平成26年3月27日付)
区分:古木
名称:寳金剛寺のムクロジ
樹種:ムクロジ
本数:1本
所在地:佐倉市直弥38-1
管理責任者:寳金剛寺住職

佐倉市名木・古木・樹林・草地等保存選定事業要領第6条の規定による


鉈彫り薬師さまご開帳♪

良い天気ですヽ(^。^)ノ



さぁ、出かけましょう!!




本日は2か所の展示会観覧です♪♪



201505081516377.jpg


鎌倉国宝館

特集陳列
「長谷寺と鎌倉の名宝」 












201505071918233.jpg

神奈川県立金沢文庫

特別展
平成大修理記念「日向薬師―秘仏鉈彫本尊開帳―」 







日向薬師開帳は諸般の事情で日程がずれたこともあり、

待ちに待ったご対面♪


十二神将もどこかユーモラスで素敵でした。


四天王像にもお会いしたかったのですが今回は出展ならず。

やはり現地に行かなきゃなぁ~。







鎌倉国宝館ではお目当ての銅造 十一面観音懸仏(国重文)をしかと観て!

う~ん、やっぱ懸仏ってかっこいい(*^▽^*)









「そういえば以前も同じような観覧を決行したっけな?」と思って自らのブログで見てみたら、

一昨年の同じ日付でしたΣ(・ω・ノ)ノ!ビックリ

(当時の記述は→ コチラ♪)









タイムスケジュール的には本日も同じような強行軍でしたが、

短期集中でがっちりと満喫♪♪




天気も好かったし気分爽快でした!!




IMG_7803.jpg
鶴岡八幡宮の本宮より由比ヶ浜を望む





なんてことない日

G・W 終わっちゃいましたね。


今日の私。

よろず寺務をこちょこちょ

卒塔婆書き・・・そして境内草刈り


がんがん書いて、ザクザク刈って



そんな地味ーな一日でした(´▽`*)





そうそう♪



今年もかわいいあの子たちに逢いました(*^▽^*)




IMG_7778.jpg
キンラン






IMG_7784.jpg
クマガイソウ




どちらもここ数年で少ーしずつですが増えています♪




今年は冬に竹やぶの大掃除をした影響もあり、

特にお目にかかることが出来ました♪♪






春の境内駐車場拡幅によって、結果ギンランの植生地をほぼ壊滅させてしまった今年。

それを補うわけではありませんが、他の野草は増えています。




そんな田舎寺の一頁です(#^^#)



祝!真打昇進落語会

佐倉・城下町400年記念協賛事業

周りは田んぼとタケバヤシ♪

『第4回! お寺で落語会! :金原亭馬玉』 




第四回落語会チラシ







昨日、無事に開催されました♪♪



会場は年々うなぎのぼりの参加者で大賑わい!

90名以上のご参加です(*^▽^*)





IMG_7798.jpg




・そば清

・三方一両損

‐‐‐仲入り‐‐‐

・締め込み





この春、晴れて真打となりますます充実した馬玉師匠の熱演に酔いしれましたね♪






続けていく難しさも感じますが、それでも年々こんなに盛り上がっていくなんて。

努力し甲斐があるってぇものです。






一夜明け。

からだじゅうを疲労感と満足感が包み込んでおります。

関係のみなさま!

また来年も笑顔で会いましょうね(*^▽^*)










プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR