FC2ブログ

フツーの日

日曜日。

今日は珍しく法事が無い。

そうだ!休もう 掃除をしよう!!(^^♪


というわけで、お盆に向けて本堂の内陣(お坊さんしか入れないエリア)のおそうじです。

(昨年末のそうじの様子は→コチラ





IMG_7846.jpg
写真は大檀正面の仏具



仏具を整えながら、私の脳味噌には“お盆”のことが。


6月ごろから、いや、正確にはGWが終わったくらいからかな。

ずっと頭から離れません。




感情的には、そうだなぁ、率直に「コワイ」かな。

この場合、コワいとは棚経のことです。

お檀家さんのご自宅をひたすら回るこの棚経は。

とにかく、筆舌に尽くしがたいハードワーク。



もし、体調を崩したら。

何かのアクシデントが起こったら。

・・・・・いえいえ、そんなことは一切カンケーありません。

何があろうと、ともかくやりきる!

(実際移動途中で追突事故に遭い、救急車で運ばれ、でも棚経を続けたことがあります♪)


そりゃあ、不安にもなるのも無理ないですよね(;^ω^)










でもでも。

やっぱりこの“お盆”を勤め上げることが、住職として意義があると思うし。

幅広い意味でとっても役に立っております♪♪



何より、このご時世。

自宅に上げていただいて、

お茶をくれたりお話ししてくれたり。

なにより私なんぞに頭を下げていただいているのですから!



そんな有難い空間に、ヘロヘロにつかれた空気全開で

忙し自慢振り回して不快感まき散らす理由はございません!!




笑顔で乗り越えるしかないのであります(*´▽`*)




あぁ、でもやっぱコワいなぁ。。。




くらくらそわそわ心揺らして。

そんなこんなの内陣そうじなのでしたヽ(^。^)ノ








そうそう。


昨年10月に境内に仲間入りした“蘇鉄”ですが、

その後順調に育っています♪




IMG_7843.jpg




春先に刈り取った葉は、元気に新しい葉を伸ばしてきました!




IMG_7844.jpg




何か、うれしいですな(*^▽^*)


「忘れ得ぬ記憶」展

地元での特別展のご案内です。



佐倉市立和田公民館主催 終戦70年平和祈念特別展
「忘れ得ぬ記憶」 ~戦争と和田村~



201506190842124.jpg


会期 平成27年7月8日(水)~9月27日(日)

場所 和田ふるさと館歴史民俗資料室(佐倉市八木850番地1 電話043-498-4000)、入場無料

開館時間 午前9時~午後5時(入場は午後4時30分まで)


詳細は市のWEB内へ→コチラ








この展示では、当寺所蔵「一年志願兵軍隊日記」が出展いたします。

この日記は当寺第35世 京極盛海が大正三年十二月一日に佐倉五七連隊に入営してから

翌年三月十五日までを記録した日記です。

平成19年に地元市史資料として調査され、内容の一部は、

平成20年3月に佐倉市によって発行の『佐倉市史 巻四』(P228~P234)に掲載されています。

永年劣化が見られるため、展示に併せて修復中。

地元に残る貴重な戦争資料をどうぞご覧ください。




57連隊
筆者入隊時の一枚(前列2段目・向かって左より6番目が京極盛海)


資料集め

八千代市立郷土博物館へ行ってまいりました♪





IMG_7837.jpg
博物館にある石塔(庚申塔)群





まずは企画展を見学。

平成27年度 第1回企画展
   「古文書の正体~知る・見る・直す・解く~」   
      日時:4月28日(火)~6月21日(日)9:00~16:30





そして付属の資料室で興味ある資料を物色です♪♪



本日は2冊と出会いましたヽ(^。^)ノ

IMG_7839.jpg




資料収集の目的はただの趣味主に2つ。



地元の広報誌「社協わだ」・寺報紙「蓮想」・そしてある記念誌に書くためのもの。

たくさんアウトプットするほど自分に蓄積がないので、気になるものはとりあえず読んでみる。




それと、読み解きの進む寺古文書「皓月山年中日記帳」の内容把握のため。





こちらの記載内容には、今の感覚ではわからないことがたくさん載ってます。

そしてその文字面を眺めるほど、個人的には「たかだか150~160年前で、こんなに違うの?」と感じます。


だって、お寺って昔から変わっていない感覚ないですか?

形式も行事も、“ずっと昔っからコウです!”みたいな趣がある。

だけど実際は時代と共に大きく変わる・うねる・進む。

うんうん、そうだよね!

だからこそ生きているともいえるのですよね♪








それは普段でもそうかなと。


「お寺って昔からそうでこれからもそうなの?」

「守ろうと思うあまり形骸化を煽っていないの?」

「そもそも、本質を知っているの?」



個人的にはお寺でもなんでも、付加価値を常に探っていかないと

結果、足元から崩れてゆくような危機感があったりします。



そんなことを考えながら、資料を読む!



ん?!


そこまで深くはないな(*_*;



ただ単に、迫りくる「お盆」という激務から眼をそむけているだけだったりして~(;^ω^)













とつとつと♪

むむむ。


最近ブログ更新頻度低いな・・・。




さすがに4年以上書いていると日常をUPするのは今更感あるかな。

あぁ、この感じ、去年も今頃書いたなとか♪




でもそれより致命的なのは、FC2ブログのマイショップ機能なるものが終了らしく。

それって、読んだ本や聴いた落語CDとかの画像UPに活用していた部分でして。

もともと本の感想をかっちり書こうとか無かったので、

文章だけで写真無いだとなんかなと。



自分的には読んだ本はたいてい年末に売ってしまうので、記録として効果的だったんですけど。





あるいは、当初は葬儀で導師を勤める際は(通夜時に)UPしていたのですが。

プライバシー云々やらで、結果あえてランダムに書いてみたりしています。





あ、いえいえ。

けっして精神状態が下がっているのではございません!!

公私ともそれなりに充実しています(*´▽`*)





何か言い訳じみてしまいましたね♪♪






話題を変えましょうヽ(^。^)ノ



本堂前のサツキがキレイに色付きました!


IMG_7824.jpg




他には、境内あちこちでアジサイも咲き出しています。


IMG_7832.jpg




IMG_7830.jpg





IMG_7827.jpg





IMG_7828.jpg





IMG_7829.jpg




ここ数年、意識して増やしましたし。

昨年はアジサイの挿し木に挑戦したこともあり。


だいぶにぎやかになってきました。




とはいっても、それはあくまで植えている側の印象であって。


参詣者から「まぁ♪ここのお寺って紫陽花キレイね♪♪」と言っていただけるには程遠いです。




さしあたり「紫陽花の穴場」とでもしておきましょう(笑)




利根川流域の女人信仰

「昨夜は随分(雨が)降りましたね~♪」


朝9時。ご依頼を受けていた墓前供養。事前に予定するとやはり心配なのは天候ですね。

でも、予報通り朝には雨はあがり一安心♪

お施主さんもほっとしたご様子でした(*´▽`*)




さて、無事に本業を終えると早速車に乗り込みます!!



利根川を越えて向かった先はお目当ての博物館。




IMG_7820.jpg




開催中の企画展示の見学とあわせて、公開講座を受講です♪



「母の祈り」展


千葉県立中央博物館大利根分館
企画展
「母の祈り -利根川流域の女人信仰-」
平成27年5月30日(土)~6月28日(日)


寺院に奉納された絵馬や今も大切にされる御札。

また、地域にのこる犬供養や講から、利根川流域につたわる女性を中心とした信仰を紹介するもの。







そして講演は

「間引き絵馬が語るもの」
講師:萩原法子(元文化庁文化審議会専門員)



飢饉による生活困窮や医療の状況などにより近代まで行われていた悲しい「間引き」。

その因習をやめさせようとした領主や知識人とそれでも間引きせざるを得なかった母の悲しい想いについて、

今も残る絵馬・伝承される言葉や歌など。豊富な資料映像にあわせて説明がありました。









個人的には図録でしか見た事の無かった有名な絵馬を直接見学出来たり、

宝金剛寺の地元の地域信仰にも重なる資料も多く。

さらには以前から知りたかった内容が書かれた資料に巡りあったりと。






「遠出をした甲斐があったな~♪」

という感想ですね(#^^#)






帰りは菖蒲まつりをチラ見しつつ♪♪


IMG_7819.jpg
水郷佐原 水生植物園の「あやめ祭り」は28日まで!





久しぶりに現地で偶然お会いした御仁とお喋りに花が咲くのでした(^^♪




プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR