今は無き彼の寺

最近、角度がかたよっている当愚ブログ。


やれおしゃれ気取ってどこそこの美術館行っただの。


やれまじめくさってあちこちの講演会を受講しただの。







私が住職を勤める“宝金剛寺”を知ってもらうつもりで始めたですから。


そこんトコ忘れては行けません(^▽^;)








というわけで、半年以上ぶりのコチラ♪




お寺に伝わるたからもの その㉔

『旧廣福院所蔵 金剛盤』 宝暦10年(1760)銘




IMG_8279.jpg
オモテ面



IMG_8277.jpg
底面


金剛盤とは密教法具のひとつ。四葉蓮華をかたどり底面に三脚を備えて立つ。



主に金剛鈴(こんごうれい)と金剛杵(こんごうしょ)と併せて一具とし、



壇前に置き、導師がこれを用いて作法を修する。








金剛鈴・金剛杵(五鈷杵)を置いた例
      ↓↓↓
      ↓↓↓
IMG_8281.jpg




縦168㎜・横238㎜・重量714gのこの盤には底面に刻字があり、


宝暦10年(1760)9月に村の善男女の助成を受けて廣福院住職長興が求めたことがわかる。







IMG_8278.jpg




廣福院は宮下山廣福院といい佐倉市大篠塚にあった寺院で、


宝金剛寺の末寺でしたが檀家を持たず、明治の廃仏毀釈により廃寺になりました。


現在は六崎十善講大師参りの三番札所「宮ノ下大師堂」として往時の姿をとどめています。





IMG_6663.jpg
宮ノ下大師堂(左)。写真は大師堂調査時の様子







住職所見:

宝金剛寺末寺の内、唯一旧和田村でないお寺。残念ながら廃寺となってしまった廣福院ですが、

旧什物(所蔵品)の数点が当寺にて現在も管理されている。

明治の廃仏毀釈を知る上でも貴重なものなので、近いウチに関連資料を常設展で特集したいと考えています。







今後ともコツコツUPしてまいりますので、
皆さまのあたたかいご支援と拍手ボタンぽちっとをお待ちしております♪




新施設をハシゴする

朝晩、めっきりと寒くなってきましたね((´д`))


本日は2カ所の施設をハシゴしてまいりました♪



まずは市内の佐倉市民プラザ(旧志津公民館)。


IMG_8268.jpg
今月27日に開館したばかりの出来立てホヤホヤ(?!)♪



こちらでは下記の講座を受講です。





佐倉・城下町400年記念事業 第4回リレー講座

『古今佐倉真佐子』への誘い
 ~『古今佐倉真佐子』に見みる佐倉城~


講師:外山信司





佐倉藩主 稲葉正知に仕えた渡辺善右衛門が著した『古今佐倉真佐子』を

著者の生い立ちと併せて読んでいくというもの。



真新しい会場は講師先生の人気も伴って満杯でした!!


IMG_8269.jpg



とてもわかりやすく、そして興味深い内容♪


惜しむらくは講演時間が短かったことかな(^_^;)





先生とはちょっと打ち合わせたかったこともあり、講座後に直接お話も出来てです。
(打ち合わせた内容は後日掲載予定)






そして車に乗り込むと、次の場所へ移動ε=ε=ε=(o゚ー゚)oブーン!!





お隣町である八千代市市民ギャラリーへ向かいました!




IMG_8270.jpg
7月開館のやはりピカピカな施設





こちらでは八千代市郷土歴史研究会主催の「ふるさとの歴史展」を見学。



1224663.jpg





同市内貞福寺の縁起や年表といった興味深い展示があり、



じっくりと拝見いたしました♪




それにしても、


会の皆さんの熱心さには触発されますね♪



解説が始まるとたくさんの人が聴き入っていました。



IMG_8274.jpg










気が付けば11月も明日で終わり・・・。

文字通りの師走となるのかな(^▽^;)



いや、焦らずマイペースでいけるといいなぁ。







安房三古寺特別公開

11/25・26の2日間、今年も南房総市三古寺で開催中の

『安房三古寺特別公開』にあわせて、小松寺に行ってまいりました♪





三古寺_ポスター(最小)





今年で4年目を迎えるこの企画。

一応立ち上げから携わっている私ですが、

昨年からは「ただの仏像好きによる解説」として実際に堂内で

参詣の皆様と触れ合うのであります(*´▽`*)







12295446_1528604040787527_1737463285131366194_n.jpg




ま、基本的にはそこにある仏像自体がすっごくイイのでありますから。


しゃしゃり出ない程度にありのままの魅力をペラペラのたまうのです♪


いやぁ、充仏したなぁ♪♪









ただ個人的に反省点も多く・・・。

特に2日目午後辺りは、多少の疲れと変な慣れとが重なって。

うまくこなしているだけのような自分が見えてしまったかなと(*_*;




うぅん、イカンイカン。




これじゃあ、私のニガテなカセットテープの音声案内になってしまう。


仏像と同じぐらい落語を愛する私だからかどうかはわかりませんが、

やっぱその場の生の空気を重要視したい。


だって、深い知識や(説明の)テクニックでは、研究者のデータ量や地元の人の経験値に到底及ばないのですから。







印象は相手の受け取り方に任せていますが、

せめてご縁の人には「なんか良かった♪」と感じて欲しいし。

そんな空気を私自身共有したいのですよ!





だったら小手先のトークではだめなのですよねー。。。










ま、どちらにせよとっても楽しかったのは揺るぎない事実ですが(・∀・)キリッ





今年は、真野寺さまでも半日お手伝い出来ました♪



こちらではあいにくの大雨でしたが、その分お当番の寺総代さまといっぱいお喋り♪♪♪


やっぱ図録や研究資料も大事ですが、地元の人のお話しってイイよな~(#^^#)






たくさんの皆さんに関われて、嬉し楽しいあっという間の2日間でした!







安房三古寺特別公開は今週末29日(日)まで。







どうぞ皆さん安房三古寺へ。

房総の豊かな空間と素晴らしい歴史をご堪能ください。










おべんきょおべんきょ嬉しいなっ♪

本日は千葉県立美術館に行ってまいりました( ̄^ ̄)ゞ


館内では特別展『香取神宮 -神に奉げた美-』が開催中!


20151117202745 - コピー


関東を代表する古社香取神宮にまつわる数多の品が集結っ!!


県内唯一の国宝「海獣葡萄鏡」は一昨年の東博『大神社展』で拝見していましたが、


香取神宮寺旧本尊で身の丈3mを超す十一面観音立像(国重文)は、


平成11年に千葉市美術館で開催された「房総の神と仏」展でお会いして以来でしたので、カンドーしました♪


古瀬戸黄釉狛犬(国重文)、小ぶりながら素敵だったなぁ~。







ちなみにですが、上記『房総の神と仏』展の図録は発行部数が少なかったためかなーり希少品となっており、


ごくたまに古書で見つかるのですが、定価の数倍の値がついていますΣ( ̄。 ̄ノ)ノ




房総の神と仏
図録表紙(図正面は件の十一面観音立像)




で、私はというと・・・


モチロン持ってるぜ!!←じまん







というわけで、いつもの展覧会見学報告だったのですが、


実は本日はこれだけでありませんで。





こちらで開催された千葉県文化財管理指導講習会に参加するという本義があったのです!





平成27年度 千葉県文化財管理指導講習会

 ・講演「彫刻文化財の修復と保存」
  東京藝大 鈴木篤氏


 ・報告「いすみ市郷土資料館における寄託文化財の活用について -絵馬資料を中心に-」
  いすみ市郷土資料館 嶺島英寿氏

 ・報告「県立中央博物館における指定文化財寄託と活用について」
  県立中央博物館 大利根分館 高橋覚氏








市指定の文化財(岩富城主北条氏勝寄進資料)を保持する法人(宝金剛寺)代表として、


しっかりお勉強しなければねっ (*・`ω´・)ゞ








30代後半にして今更芽生えた遅すぎるこの向学心。


まぁ、趣味としては悪くないと思いますので。


ご理解いただければと思います(笑)






明日からもまた、学んでいこーー!!!

秋は安房三古寺だ!

当ブログをご覧の皆様には毎度のご案内。

今秋もアノ特別公開開催ですっ  



三古寺_ポスター(最小)

公開期間:11/20(金)~/29(日)
拝観料:各寺 300円
    
 公開時間:9時から16時
 場所:小松寺(南房総市千倉町大貫1057) ℡0470-44-2502
    真野寺(南房総市久保587) ℡0470-46-2590
    石堂寺(南房総市石堂302) ℡0470-46-2218






県内でも有数の古仏・美仏がこの時期だけの特別開帳!

普段は入れない堂の中に進み、お気に入りの仏様とご縁を結んでください!




そして、仏像好きが高じて昨年から解説員をつとめるわたくしはもちろんですが。

今年はもう一人、仏像修復家の解説員が参戦っ!!

日程は以下の通り♪







久保暁子(仏像修復家)による解説→21日(土)・22日(日)



京極勇剛(ただの仏像好き)の解説→25日(水)・26日(木)







なお、昨年は両日ともに小松寺のみでしたが、本年は真野寺での解説も計画中。


おそらく両名とも真野寺で一日、小松寺で一日となる予定です(*´▽`*)






色鮮やかな紅葉といにしえより守られる仏様に出会いに行こう!






プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR