FC2ブログ

置いてみました♪

前回のブログ(2016-01-29)の続き的な内容なのですが。



ピックアップした文書が随分と折れていたのでそのしわを伸ばそうと思いまして。



和紙に包んで大判の本(ゼンリンの住宅地図)に挟みこみ、



上に重しを乗せて置いておきました!





放置すること約2日。





ホントはもっと長く放置すればいいのかもしれませんが、我慢できずにご開帳!





さて、どんな塩梅かな(*´▽`*)







お、結構うまくいったカモ♪




IMG_20160131_172332.jpg




作業前と比べると、もう少しわかりやすいでしょうか。





IMG_20160129_103514.jpg
4冊のうち中央2冊







表紙のしわもそうですが、何より中身において文章を読み辛くしていた無用な折り目が随分と解消されました♪





にしても。




切れないようにゆっくりしわを伸ばしたり、



余計な折り目を挟み込まないようにと結構気を使うものですね~。






う~ん、地味すぎる(^_^;)





ま、千里の道も一歩よりといったところでしょうか♪








晴耕雨読的な・・・。

今日は一日雨。。。



これでは竹やぶ掃除も出来ない(そもそも昨日の筋肉痛で出来ない)ので、


気になったこともあって本堂の古文書群をガサゴソと探索することに。





IMG_20160129_095015.jpg



相変わらず、ものすごいホコリにまみれた箱の中をチェックチェック♪











これらの文書たち。



一見、役に立たなそうな紙切れなのですが、



不思議なことに見るたびに何というか景色のようなものが違う。



その時の見る側(私)の興味や知識、あるいは感情のようなもので変わるのかな。




実際、旧本堂から出てきたときは率直に言って謎のゴミたちという印象だったし、




興味ではじめの頃は、見つけたい対象の為の選り分けでしかなかった。



ところが日が経つにつれ、



ふと手にした紙から気になるワードが見つかったり。



うすぼんやりとでも自分の中でジャンル分けが出来ていったり。




そんなこんなで色々興味深い史料が見つかったことも確かです♪





*例えばコレとかコレとかはたまたこんな古いコレとか♪♪












今回の作業で、新たに「宝金剛寺の文書を読む会」でとりあげたい文書が何点か出てきました。





IMG_20160129_103514.jpg





特に「皓月山歳中行事録」と表紙に書かれた一冊の文書(写真左)は、



以前会で取り組んだ「皓月山年中日記帳」と年代が非常に近く、





併せて調査すれば良質な史料になりそうです!!







解体が迫った旧本堂での整理時に、有識者の方から



「とりあえず取っておいてください」と言われたことが今になってわかってきましたねー





冷え切った本堂の内陣で、一人ワクワクするのでありました(^_^;)

せっせっせと♪

毎日寒いですね。

朝晩特に冷え込みます(#^^#)




そうです!冬です♪


ということは・・・。



そう!竹やぶ掃除です!!






ここ数年、特に昨年からハマっている竹やぶ掃除。


今日もせっせとやりました♪




おもな作業内容は。



・太っとい孟宗竹に臆することなくチェンソーでなぎ倒す!


・倒れた竹を一定の長さに切る!!


・切った竹を種類別(葉付き・枯れ竹・根付き等々)によって積み重ねる!


です(*^▽^*)




IMG_20160128_160412.jpg
左側斜面の竹を総ざらいするゾー!





と、書けば簡単ですが。


この辺りの孟宗竹の太くて丈が長いことといったら・・・。


一本切り倒すとだいたいそれを6分割に。


つまり1本あたり6回切って6回運ぶ、


ってぇことは10本切り倒すと約60本の竹が積み上がるのですΣ(・ω・ノ)ノ!ガーン




切っても切っても見た目がほとんどかわらない。


いったいいつまでかかることやら・・・。




ま、深く考えずに楽しく取り組んでいますのでいいんですけどね♪







お蔭で(疲れて)夜はグッスリ Zzz


それに、個人的にはこういった作業をしている方が何か脳が活性されるというか、


お寺に関する新たなアイディアが浮かんだり、蓮想などに掲載する文面が浮かんで来たりするのです♪





あぁ、それにしても今日はよく切った♪


本日もよく眠れそうだな(^▽^;)

天地を見据える

今日は、当寺「仏像造り教室」でした。


毎月2回(第1・第3金曜)のこの集い。


皆さん熱心に彫り彫り♪






さて、その生徒さんから「住職、お寺に奉納したいものがあるんです」とのこと。



いったいそれは何でしょう(´艸`*)ワクワク





わ!すごい!!!


ちょっと怖いくらい!!!






それは本人作の能面でした!
(以下、写真あり注意!!)









IMG_1922.jpg
先ずは部分のアップ






不動明王をあらわす能面です♪




IMG_1921_20160122173438227.jpg



スゴイ!迫力の作り!



彩色も古色塗り(ピカピカに塗らずに時代観を出す技法)でまとめられています。




え?目線がずれているって!?


いえいえ、これでいいんです♪



実はこれはお不動様の天地眼(てんちげん)と呼ばれる目線で、


明王が天から地にいたるまであまねく見渡して私たちを救って下さるという、


専門的には「十九観」という形式にのっとった御姿なのです。





仏像教室の生徒さんはやっぱり手先が器用でモノづくりが好きな方が多く、


以前、他の方から手製の行燈をいただいたりもしています♪






さぁて、どこに飾ろうか。




本堂に御参りの際は、どうぞ探してみてください(*´▽`*)

ひょんなことから

昨日、市内にある国立歴史民俗博物館(れきはく)へ♪


当寺大檀主北条氏勝に関わる講演を受講してきました。



DSC_0223.jpg

佐倉・城下町400年記念

第5回リレー講座

戦国時代、大将の心得
-〈岩富城主〉北条氏勝秘伝「出陣次第」にみる武家故実-





玉縄北条家につたわる出陣のマニュアルには縁起を担ぐ作法が多々あります。

これは戦国期には良く見られることとのお話しです。

このあたりを「だじゃれかよ!」と捉えるのは分かりやすいという意味ではともかく。

常に生き死にと隣り合わせの武士の境地が見えているのだろうと思うと興味深かったですね。










そして本日は今年第一回目の宝金剛寺の文書を読む会



IMG_1919.jpg



虫食いとカスレ満載で欠字だらけの文書を、会の皆さんで根気よく読んでいきます。








土日ですから檀務はもちろん。ちょっとした会合も重なって結構ワタワタしましたが、


まぁ、なんとか無事に取り組めたかな (^▽^;)










そんなことより。


本日のブログ内の2枚の写真。サイズの違いがわかります?



実は長年愛用のデジカメが壊れてしまって、急きょ友人に撮ってもらったり、息子のデジカメを借りたり・・・。

ここのところブログの更新がイマイチだったのもここに原因があります←いいわけ



はぁぁ。確かにスマホ的なモノがあればこの辺は一挙に解決するんだろうなぁ。

でも、カメラの為にスマホに機種変更するのって何か違くない?

今のガラケーで満足してるし。

かといって新しいデジカメ買うのもなぁ。。。





最新機器にアレルギーのある機械オンチの私は悩むのであります(ノД`)・゜・。




プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR