FC2ブログ

カンムリ仕様の阿弥陀さま

さぁ、行こう♪


天候にも恵まれて、本日も仏像調査に同行です(*´▽`*)









港近くで地元料理「はかりめ丼」に舌鼓を打ち、いざお寺さまへ。



富津市にある八幡山 福恩寺 に向かいました。



IMG_20160930_151437.jpg


真言宗智山派に属するこちらのお寺で、


ご住職様と読経を共にし、続いてご本尊の阿弥陀如来坐像を拝見させていただきます。





IMG_20160930_133433.jpg


お像は、専門的には宝冠阿弥陀という少し珍しい形態。




また、特に江戸後期制作の台座(写真)から。




こちらの宝冠阿弥陀はいわゆる「紅頗黎色(ぐはりじき)阿弥陀如来」としての信仰であることがわかります。



IMG_20160930_133824.jpg
独鈷杵にたちあがる蓮台






珍しいのはそれだけにとどまらず。



年代観からは想像しづらい一木造り(背刳り有)。



正統派像容とちょっと特殊な構造のギャップ」とは研究者の談です。




千葉県内には、まだまだ未開拓な素晴らしいお像があると感じさせられる、素晴らしい一日でした♪








貴重な時間を割いて戴いた福恩寺ご住職さま並びに奥様。

そして濱名様・久保様。ありがとうございました!






やっぱ、仏像ってイイ(^^♪

ヒガンバナ♪

久々の雨のない一日♪♪


境内をながめると、ヒガンバナが咲いています(#^^#)



IMG_20160925_081926.jpg


彼岸花・・・

 リコリス・曼珠沙華とも呼ばれ人里に生育し、田畑の周辺や堤防、墓地などに見られることが多い。
 特に田畑の縁に沿って列をなすときには花時に見事な景観をなす。
 湿った場所を好み、時に水で洗われて球根が露出するのが見られる。
 なお、山間部森林内でも見られる場合があるが、これはむしろそのような場所がかつては人里であった可能性を示す。
 【wikipediaより部分抜粋】







ここ数年で、良く増えてくれました♪




IMG_20160925_082104.jpg




あらためて過去ログをみてみれば、

山からせっせと球根を掘り出して増やし始めてから7・8年経つようです。








そして今年新たに植えこんだ場所にもチラホラ♪



IMG_20160925_082005.jpg






いざ咲いてみると「次回はこんなトコにも植えてみようか」とイメージが膨らむんですよね♪







ま、咲き終わったころには忘れるんですが(^▽^;)









私事ですが、もう間もなく40代突入です!





花が随分と好きになってきたのは歳をとったからなのか?





いや、心が豊かになってきたと考えましょう(笑)




よし!読んだゾ♪

雨ばかりですね。。


晴耕雨読・・・というわけでもありませんが、最近読んだ本です(#^^#)





IMG_20160923_153233.jpg

決戦!関ヶ原   決戦!大坂城   決戦!本能寺   決戦!川中島



あいかわらずセンゴクブームな我が家ですから、このチョイスです♪♪








「まさに時代小説界の群雄割拠!!」と本の紹介にもある通り、


複数の作家が同じテーマ(戦場)について、それぞれの立場の人物にスポットをあてて書いたシリーズです。


勝者と敗者に分かれるとしてもやっぱり勧善懲悪なはずは無いわけで。


そいうった意味でもとても読み応え充分でした(´∀`*)ウフフ







「関ヶ原の合戦での島津義弘はやっぱりカッコいい!」

「あらためて豊臣秀頼って秀才イメージだな~」






などと。





読むたびに、その登場人物のファンになってしまったのです。








まだ枕元には「積ん読本」が!



しばらく読書の秋を満喫できそうだな~♪♪







『忍性 -救済に捧げた生涯-』展

奈良国立博物館へ今年も行ってまいりました♪



目的は昨年に続いて特別展の見学。

そして、やはり昨年同様に夜行バスでの弾丸見学です(´∀`*)


(*昨年の様子は→コチラ♪






IMG_20160913_093552.jpg
雨でシカさんも軒下へ♪






今回は同館で開催中の


生誕800年記念特別展
「忍性 -救済に捧げた生涯-
 と。




忍性2














あわせて大がかりな改修工事を経て4月にリニューアルされた

なら仏像館 を拝観いたしました♪



なら仏像館2








鎌倉時代に西大寺の叡尊を師として律宗の興隆に努めた名僧忍性。


そして忍性は関東にもゆかりが深いのです。







忍性と関東のつながりについては、知人でもあるさわらび通信さんのブログ内

「おしどり寺」村上正覚院の来た道】に詳しいです







額安寺(奈良)・極楽寺(神奈川)・竹林寺(奈良)に分骨埋葬された忍性。


今回はそれぞれの骨蔵器が713年の時を越えて集結するという事実は圧巻でした。





仏像好きとしては関東の2体の清凉寺式釈迦如来像を拝観できて幸せです。


特に極楽寺(神奈川県)像は写真で見るよりもはるかに穏やかなお顔で、特に憂いを帯びた瞳が印象的でしたね。


忍性に関しては10月28日より金沢文庫(神奈川県)でも展示があるようなので、こちらも注目したいです♪








そして仏像好きといえば、やはり なら仏像館!!


昨年はまだ改修前で今回が初見でしたけれど。






いやいや、すごい収蔵品の数々(^▽^;)







そして金剛寺(大阪府)の降三世明王のド迫力と言ったら!


思わず「ごめんなさい」と謝ってしまいそうになる私でした(^▽^;)













奈良博を後に雨の中電車へ乗り込むと一路京都へ。



京都駅からバスに揺られて向かった先は永観堂 禅林寺


IMG_20160913_133545.jpg



IMG_20160913_144504.jpg



IMG_20160913_140059.jpg



有名なみかえり阿弥陀さまを拝観です。






紅葉の時期は大変混雑するようですが、本日は間の季節に天候もあってか観光客は多くなく。


ゆっくりと対面することができました♪








おかげで毎度お馴染みあわただしいスケジュールでもずいぶんリラックスでき、

穏やかな心持ちで帰路につきましたとさ(#^^#)チャンチャン♪




わんにゃんぷらす

朝晩ずいぶんと過ごしやすくなってきました♪



そんななか、当寺ウラ墓所では工事が進んでいます。




それはペット専用の墓所です(#^^#)




IMG_20160912_142944.jpg




IMG_20160912_143001.jpg





IMG_20160912_143140.jpg




中央の墓石は、オモテのデザインとウラの意趣書きをそれぞれ有縁者にご協力いただきました(^▽^)











過去にもペットの墓所的なスペースはあったにはあったのですが、




その雰囲気があまり今の時代にそぐわない気がしていまして。





いや、別に時代とかあまり意識するのは本来得意では無いのですが。






数年前からじわじわと需要を感じていたのもウソではないわけで。





ただ、親しみやすさは勿論ですが、やはり「お寺で祭祀される」ってことは協調したいので。







そんな風に思考がふらふらしつつ、石材屋さんと幾度となく打ち合わせを重ねて今日に至りました♪






ペット専用墓地「わんにゃんぷらす」。




このお彼岸には完成予定。





ご関心のある方は、お参りに際にでも覗いてみてくださいませー♪♪





プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR