FC2ブログ

位牌のお披露目と講演会

昨日(10/29)のことですが。


当寺の講座

佐倉・城下町400年記念 協賛事業
みたい!しりたい!佐倉の歴史♪ in直弥のお寺



が開催されました( ◠‿◠ )




201709202148.jpg












当日は佐倉市文化課須賀様による位牌修復報告と、



氏勝の時代の当地(佐倉藩)にまつわる遠山先生による講演が行われ。




IMG_20171029_140309.jpg
「修復された位牌について -大檀主北条氏勝と中興開山覚朝-」須賀隆章様







IMG_20171029_142111_2017103017584915e.jpg
「戦国期佐倉領における和田地区の位置づけ」遠山成一先生






併せてこの度修復を終えた岩富城主北条氏勝公の位牌と、




氏勝公帰依の中興開山覚朝先師の位牌がお披露目となりました!






IMG_20171028_195209_20171030175848357.jpg
氏勝公位牌(向かって左)と覚朝位牌(同右)



今回は地元の和田公民館、そしてお隣地区で岩富城のある弥冨公民館との共催ということもあり。



荒天にもかかわらず熱心な多数の受講者にご参加いただき、



とても熱気のある良い講演会になったと自負したいと思います(^^♪








たくさんの皆さんのおかげで、定着してきたともいえる毎年秋のこの企画。




構想から準備、そして当日さらに後片付けととっても大変なのは事実ですが。



それ以上に充実感があるのも事実です。






さぁ、来年はどんな企画にしようか?!




今からまた、楽しい苦しみの始まりです(*´▽`*)




佐倉学入門講座その1

台風ですね(;´Д`)


そんな悪天候の中、衆議院選挙の投票・お檀家さん宅で回忌法要。




そして、午後からは



弥富公民館にて




佐倉学入門講座に参加してきました!








佐倉学入門講座「北条氏勝ゆかりの地めぐり その1」


「岩富城主となった玉縄北条氏」
-中世と近世を生きた北条氏勝-


講師:外山信司




IMG_20171022_132948.jpg




豊臣秀吉の小田原攻めによって滅亡した小田原北条氏ですが、


その北条氏の有力一族であった玉縄北条氏の北条氏勝は、山中城での激戦の後に豊臣方に与し、


岩富城(佐倉市岩富町)一万石の城主として存続します。



今回は中世・近世の激動を生きた北条氏勝についての興味深い講演でした。





さらに今回は、先日私も拝観した神奈川県立金沢文庫での「寳生寺展」による情報を加え、



「玉縄城主」であった北条氏勝と、「玉縄衆」としての間宮氏の結びつきにも言及されていました!






それは、宝金剛寺の所蔵する氏勝寄進の七条袈裟「牡丹唐草文様(市指定)」の墨書を端緒とするものです。



DSC_6787.jpg




会場には間宮家の関係者も参加されており、地元にとってとても意義深い研究成果だと感じました。








さて。そんな感じで充実の講座でしたが。



この「北条氏勝ゆかりの地めぐり」は、会場を菩提寺にかえて29日(日)に2回目の講座があります。



そう!それが今年の当寺秋の公開講座です(^^♪



公開講座「みたい!しりたい!佐倉の歴史♪ in直弥のお寺」の情報は→コチラ♪



さ、楽しく当日を迎えることにいたしましょう( ◠‿◠ )




『本土寺と戦国の社会』展

お友達にFBで教えてもらった情報で♪♪


松戸市博物館へ企画展を拝観に行きました(^^♪




「本土寺と戦国の社会」松戸市立博物館H29


企画展
『本土寺と戦国の社会』



県内日蓮宗の名刹「本土寺」の多くの伝来品、そして一級史料の「本土寺過去帳」を基に、

戦国期を観ていこうというもの。






こちらの博物館名物ともいえる、


有料(展示を観るのになぜか別料金)でしかも遠い(行程のアップダウンも多い)駐車場には辟易しましたが



それは内容とは別物です(;'∀')




小金城 高城氏
東金・土気 酒井氏
小西・岩富 原氏
  など。


房総半島(上総・下総)の戦国時代好きにはうれしい名前も散見できますね!




また、文書が多いと全体的に難しい印象を与えがちですが、



写真や図表などをうまく使った展示もなされていて良かったです。



欲を言えば、図録に論稿が1本でもあるとなお嬉しかったなぁ(#^.^#)





午後には雨も止み、


移動ついでに知人のお寺様へも参詣できました!!











実は自坊(宝金剛寺)はここのところご葬儀が続いて結構タフなスケジュール。




そのうえ主催の公開講座の準備やら、什物の修復申請やらとなかなか気は休まりません。




ま、一所懸命頑張るしかないっしょ♪



体調を崩さないように気を付けたいです(#^.^#)









プチプチ進化♪

随分秋めいてきましたね♪


境内では、以前植樹された(住職お気に入りの)桂の木が葉を黄色く染め始めました♪



IMG_20171011_154832.jpg



落葉にともなって、ふんわりとべっこう飴のような甘い薫りも漂います♪


「うんうん、やはりイイネ!」と。




ご満悦の私です(#^.^#)











さて。







そんな中、本日は客殿へのアプローチ部分をリニューアルいたしました!






それは、以前から道の両脇に植えてあったリュウノヒゲの交換。







背の高くボリュームのあるものから、背丈を抑えたタイプ(タマリュウ)に植え替えましょう♪







そして芝生との境には、リュウノヒゲの成長でいつの間にやらのみ込まれてしまった





細かい砂利をあらためて敷き詰めていきます!










母と作業すること約90分。






できた!!!!




before
IMG_20171011_084053.jpg







after

IMG_20171011_154601.jpg






IMG_20171011_154616.jpg





圧迫感のあった両サイドがスッキリとしたのにお気付きでしょうか♪






ま、普段ご来寺いただいていてももなかなかその変化はわからないかもしれませんね。




それでもいいじゃあありませんか(^^♪






こうやって地味~に進化していくのがコチラのお寺の特徴です!





あるいは業者さんに頼めばもっと立派にいくのかもしれません。




しかし!




こうやって、住職自身でコツコツやるのもまた特徴です!!







お寺も、そして住職もプチプチ進化♪




今日も気持ちよく日が暮れてゆきます。




「袈裟の修復」始まる!

当寺所蔵で「岩富城主北条氏勝寄進資料」名の佐倉市指定文化財のうち、

七条袈裟(2領)の修復計画が動き出しました!





・七条袈裟「牡丹唐草文様」
  北条氏勝寄進 慶長2年(1597)銘

・七条袈裟「亀甲梅椿文様」
  北条氏勝寄進 慶長13年(1608)銘 





そしてこの度の修復は、公益財団法人朝日新聞文化財団の助成によるものです。




ブログサイズ用
朝日新聞(2017/10/03)社会面より抜粋




この計画では来年度より計3カ年かけて修復を行い、完成年(もしくは翌年)の一般公開を予定しております!





宝金剛寺といえばまさにこの什物、といえるこちらの七条袈裟。



あらためて考えると、当寺で毎回行う公開講座も、



この袈裟の市文化財指定を記念した公開が端緒となるのです♪







*市指定の交付式(2010/10/19)に関する記事は→(コチラ


*『岩富城主北条氏勝公寄進資料特別公開会(2010/11/06)』の記事は→(コチラ









計画の進捗状況は、おいおいこちらのブログで公開してまいります!




どうぞよろしくお願いいたします。(#^.^#)



プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR