FC2ブログ

4月読了本♪

だれに望まれるわけでもなく毎月書き込む。



つまり今月読んだ本!



4月読了本でっす(´∀`*)ウフフ









fuyu.jpg

『冬を待つ城』 安部 龍太郎



豊臣秀吉による天下統一の総仕上げ「奥州仕置き」を攻められる側から描いた力作!









mokusatu.jpg

『黙殺 報じられない“無頼系独立候補"たちの戦い』 畠山 理仁


いわゆる「泡沫候補」と呼ばれる人たちにスポットを当てる。


面白系と思いきやとっても丁寧で真面目な本。良い意味で裏切られた!














wakamono.jpg

『「若者」をやめて、「大人」を始める 「成熟困難時代」をどう生きるか?』 熊代亨


自分の感覚は正しいのか古いのか?考えさせられる良い機会でした♪












nihonnsi.jpg

『日本史のツボ 』 本郷 和人



日本史を捉える新しい角度からの通史。オモシロイ♪















senngoku.jpg

『戦国武将の精神分析 』 中野 信子, 本郷 和人



ちょっと中野氏の分野(サイコパス論)に寄せすぎでは・・・。





















yoru.jpg

『よるのふくらみ 』 窪 美澄


歴史本に偏らないようにと手に取った。おとなの恋愛小説。良い♪




















あぁ~、落語会天気よくなってくれ~!!




やっぱり、好き♪

暖かい季節となり。





毎年恒例の落語会(5/3)開催も伴って、





刈払い機で境内アチコチの草刈りに追われています(;^ω^)








で、合間に2冊の(研究書的な)本に目を通す!



IMG_20180428_101339_20180428140110c3a.jpg



写真左①は「釈迦如来立像 附 紙本墨書納入文書一括保存修理報告書


永興寺(茂原市)さまに伝わる鎌倉後期の清凉寺式釈迦如来立像と


像内に納入された文書の修理に関するもの。






そして右②は「南総天台の仏像・仏画Ⅱ


こちらは千葉県天台宗南総教区による仏像を中心とした寺院調査で、


昨年度の「紀要Ⅰ」に続き、


今回は同区内の星応寺・圓頓寺・清水寺(3寺共に「いすみ市」)の紀要です。



(* I泉さま。関係者分が届き次第にお送りします!)




読者(対象者)の限られた、よく言えばなかなか手に入らない本ってこと♪













自身で関わるお寺の建物新築事業に伴い、まずは仏像というものに興味を持ち。




それにまつわる伝承や歴史に派生して、地域史に関心を広げていった私。





ということではありますが、あらためてこの2冊を手にし。






うん、私って仏像好きだな!





と思った次第です♪











ただ、それは彫刻品としての関心ではなく。




例えばコレは律宗という教えによってもたらされたお像であるとか。



はたまた過去にこの地に関わった統治者によるお像であるとか。



あるいは民衆の祈りの結集で過去に修復がされているなど。







そのお像の背景にある様々な歴史(宗教性を伴う)を読み解いていくのが好きなようです。






ただ何となくそこにお寺が在るのではなく。



それぞれに理由があり、多くの時代を経て。



紆余曲折があり、あるいは入れ替わったり。



そのような変動を重ねて、そのお寺の歴史となっている。




だから重みもあるし、存在意義もあるのだと思います。












今あるお寺が宗派のチェーン店舗ならばこんなには要らないのかな。




でも、その地域自体の歴史を背負っている(いける)のならばどうかと。





そんなことをふと考えながら。







偉そうなこと語る前に、まずは目の前のことから。




さぁ、着替えて草刈り作業を再開しましょう♪









キレイにしましょう!

少し前に高圧洗浄機を購入しまして。





今日は、それを使って本堂前の参道(石畳)を掃除してみました!






作業はおおよそ1時間半。





随分キレイになったと思います(#^^#)







IMG_20180417_090018.jpg
清掃前








IMG_20180417_113451.jpg
清掃後











アップでも撮ってみました!

























IMG_20180417_090051.jpg
清掃前










IMG_20180417_113335.jpg
清掃後










違いがわかりますでしょうか?












本堂落慶から今年で10年。






変わっていないようでいて、色々変化しているんですね。








さて、自分の心持ちはどうか?




変わった?変わってない?





私はコツコツ現状維持っていうのが基本スタンスです。







でも、





成長という意味では変化は必要。






















先日国民栄誉賞を受賞された、羽生善治竜王に曰く。





「無難な判断ができるようになってきたと思ったら、 安全運転ではなく、


意識してアクセルを踏み込むようにすべきです。


そうやってアクセルの踏み加減とリスクの按配を覚えていくのが本当の成長であり、


正しい判断ができるということにもつながるのだと思います。」









もちろんやみくもに走る必要はないけれど。




もう少し成長したいと思う自分を忘れないようにしたいものです。





さいたサイタ♪

強風ばかりの数日がやっと過ぎまして(^▽^;)



境内アチコチでは花たちが競って咲いております!





IMG_20180416_113113.jpg
風を乗り切ったボタン







IMG_20180416_113056.jpg
石周りにはかわいいタイム(ジャコウソウ)







IMG_20180416_113213.jpg
馬玉師匠の真打記念で植えた真っ赤なサツキ









IMG_20180416_113038.jpg
パーゴラのフジはもう少しかな







そして竹林ではタケノコ刈りがピークを越え出し、





伸びすぎたタケノコたちを折る作業が必要になってきました!







脚の裏をうまく使って、いざ蹴っ飛ばすゾ(´▽`*)






既に長いモノはなぎ倒すように。





ポキリポキリと。





今日だけで100本以上は蹴ったかな♪





おかげで足が(疲労で)ぷるぷるしちゃいました(;^ω^)









そして地に目を向ければ。






竹林にもお花♪








IMG_20180416_145248.jpg
シャキッと立つキンラン










IMG_20180416_145459.jpg
どこかユーモラスなスクマガイソウ

















あぁ、良い季節ですね♪♪





袈裟の修復について

昨年秋(2017/10/06ブログ)よりお伝えしている




公益財団法人朝日新聞文化財団の助成による




当寺所蔵「北条氏勝公寄進 七条袈裟」の修復事業です!





昨日(4/10)は、修復業者に京都からお出でいただき、





正式契約と品物の受け渡しが行われました。






IMG_20180410_101129.jpg
2領の袈裟(計4枚)を入念に確認していきます









そして確認&梱包作業を行いつつ、完成後の調査報告及び一般公開の資料として



写真の撮影も行います。





IMG_20180410_101640.jpg








丁寧に、それは丁寧に梱包されていきました♪








IMG_20180410_102552.jpg
資料写真を撮るところを“撮る











IMG_20180410_103153.jpg
無事に収まったようです







それにしてもさすが一流の業者様というべきか。






京都からの分刻みのタイトなスケジュールをてきぱきとこなしつつ。




それでいてとても慎重にご対応いただきました(#^^#)








梱包後は佐倉市文化課の担当者様を交え、





あらためて今後の修理方針や進捗の予定のすり合わせ。




このあたりは専門の研究者様のご協力もいただくことを確認しました。








そしてどうやら私自身も今秋と来春の2度は現地確認が必要なようですな(^▽^;)










いよいよ本格始動した三ヵ年度にわたるこの事業。






わくわくドキドキ(´∀`*)ウフフ







完成が今から楽しみといったところであります!






プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR