FC2ブログ

5月の読了本♪

体感的に、随分と慌ただしかった5月。


とはいえ恒例の本読み終わり集成です(#^^#)






izumo.jpg

『水木しげるの古代出雲 』 水木 しげる



水木セイセイが出雲神話に隠された壮大な謎に迫るとあっては、読まねばなるまい(゚Д゚)ノ














utuke.jpg

『虚けの舞』 伊東潤



後北条一族の生き残りで、後の狭山藩(大阪狭山市)につながる北条氏規が主人公の一人。
















torenndo.jpg

『平成トレンド史 これからの日本人は何を買うのか』 原田曜平



平成時代を読み解く良著。自分の感覚はどのくらい時代の影響を受けているのかと。















syakaigaku_20180531210046d72.jpg

『自分を知るための社会学』 岩本茂樹



社会学の勘どころをかみくだいて紹介する。うん、社会学は面白い♪














kokuhou.jpg


『帰ってきた人間コク宝』 吉田豪



人間賛歌(主にサブカル系)。

















nittere.jpg

『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』 戸部田誠



私の10歳~30歳は主にテレビで出来ていた気がする。頑張れテレビ!
















例の案件()によって量こそ寂しいものの、内容は充実でした♪





成田の不動

成田山霊光館へ展示を見に行ってきました♪





narita.jpg





元禄14年を嚆矢として、計42回を数えるご開帳の歴史を資料から見ていくものでした。




京都嵯峨 清凉寺の「釈迦如来」・信州信濃 善光寺の「阿弥陀三尊」。



そして当地成田の「不動明王」ともてはやされ、話題を集めた成田山のご開帳。



何ともはや、すごいパワーです。








境内では開基1030年記念と称して様々な行事が催されていました。





IMG_20180525_101033.jpg
大本堂前には特大の回向柱







IMG_20180525_103406.jpg
平和大塔の手前には薬師如来を祀る新造の瑠璃殿





大本堂の護摩には平日だというのに満員の参詣者。







展示のタイトル通り、





参詣群聚するは成田の不動といったところですね♪


クエスチョン

ご法事とご葬儀が続きまして。



ひと段落したので、以前から積んであった雑木の片付けおば♪





IMG_20180521_160107.jpg








さて。




お檀家さんと主に会食でお話をする最中にいただくご質問。




その中でちょっとニガテな類のものがございまして。












それは「最近、忙しい?」ってやつでございます。





これってたいていが天気を話すようなカル~い質問なのですが。





その質問を私に向けた場合、その中には




「(お葬式が)忙しい?」を含む場合がけっこうありまして。





すると例えば「忙しいです」と私が答えると




「お年寄りが多いからね~」みたいな返しをいただいて





(自分の中で)見当がずれていってしまったり。




かといってそのような先入観をお持ちの方に





お葬式以外で忙しかったことをお答えしてもピンとこないようで。。。






ということは「忙しくないですよ♪」って私が答えても





「(お坊さんが忙しい=葬式だから)お坊さんが忙しいのは困るよね~」みたいな




やはり見当違いなお答えを頂戴する経験があるのでして。







そのうえ私はいわゆる「忙しい自慢」する方がとてもニガテという性格で。






結局のところ答えようがなくなって





「どうなんでしょうね~エヘヘ♪」みたいな不思議なお答えに終止してしまうのです(;^ω^)












同じように。









「最近お葬式多いよね?」のようなご質問も。







これは例えば質問者の職場だったり親族だったりといった、






ご自身の生活圏でのお話でしょうし。






ましてその方にとって「葬儀」とは非日常(レアケース)で、とても印象に残りやすいもの。






ということは、






私のような日常のすぐそばに葬儀という存在がある立場とはイメージが共有しにくく。






また、安易にあるいはその時の事実として





「えぇ!多いですよ~」とお答えすると。





「じゃあ、儲かるでしょ!!」みたいな。





お酒の入った席だとしても、あまり好ましくない返しがくることがあり。






それにこの質問をいただいていることはたぶん、




ご自身の周りで(たまたま)実際に葬儀が多かったのでしょうから




私に「いや、少ないですよ」というガチな回答をする選択肢はなく。






結局はやはり「どうなんでしょうね~」のようなどっちつかずな回答とあいなるのでした。









と、まあ♪







ちょっと心情を吐露いたしましたけれど。






実際にはコミュニケーションツールとしての会食ですので





時間を共有できればそれだけで大満足ですし。





さらにはとても興味深い情報をお話しいただけることの方も多いですし。





私のような人間に色々お話しいただけることは有難いかぎりなのですよ(#^^#)





感謝ヽ(^。^)ノカンシャ♪


いまさら取り組む!

突然ですがこれ、何の(何処の)写真かわかりますか?











IMG_20180510_172101.jpg



正解は。




当寺の本堂正面に飾られた、ご本尊様に向き合うところ。





“大壇(だいだん)”と言います。




導師とよばれる僧侶がこの壇に座し、真言密教の秘法を修するところ。





しかしながら、





いつもはキレイにしてあるだけで、使用感がまるでない当寺の大壇。








ところがここ最近、不肖ワタクシがこの場所によく登壇しているのです。









Оо *〇゚+・。.。・+゚〇**〇゚+・。.。・+Оо *〇゚+・。.。・+゚〇**〇゚+・。.。・+








思い返せば私がまだ18の頃。






“加行”と称するいわゆる修行でみっちりと身に着けた修法(作法のこと)。






あわせてお経も数多く習ったっけ。







ところがいざ実践では使うお経も数が限られるし、




それよりお檀家さんの名前(屋号)を覚えたりといったコミュニケーションが第一。




はては境内の草刈りやら、竹やぶの掃除やらと。




修法などは二の次三の次。




実際使う機会もほとんどないため、それでも檀務には支障がなく。







気が付けば、




修法をやらない→(やらないから)出来ない→(出来ないから)なおやらない。




といった無限ループに突入。






いつしかニセモノ坊主の出来上がりとなりました!!!








ただでさえ自己評価が低い私。




「あぁ、能力も何もないニセモノ坊主がのんべんだらりと生きているのか」と






自分が嫌になっておったのです。






そんな中。ふとした際にありがたいご縁で近隣のご僧侶様から





「もっかい、頑張りましょう!」とお声掛けいただき。





お盆に行われる当寺での「お施餓鬼会」へ向けて取り組むこととなりました♪♪







IMG_20180510_172025.jpg
右側には付箋だらけの本






向き合うほど、忘れているものばかり。





昔書き込んだメモの意味が分からないことも・・・。




あれもこれもわからなすぎて恥ずかしい。。。。












男40を過ぎて惑いまくり(笑)







慣れない脳みそを使いすぎるからのか、



夜の楽しみであった読書は(すぐに眠くなるため)全くはかどらなくなりましたが。







でも、頑張ってみましょう!(;^ω^)






お檀家の皆さん。





お寺の電話応対が遅れがちであれば、






それはこの“修法”の最中かもしれませんのでご寛恕の程を(/ω\)







どうぞよろしくお願い致します。







落慶とご開帳と晋山と


本日は市内寺院の式典に参加してまいりました!





お寺の名前は「稲野山 金剛盤形寺 千手院」



こちらの開基1300年記念祭。


そして本尊秘仏千手観世音菩薩坐像のご開帳。


さらに新住職の晋山(就任)式という豪勢なものです!





IMG_20180506_082848.jpg
改修された本堂前にはご本尊と結ばれた「回向柱」が!








私は職衆(しきしゅう)という法要に参加する役回りでしたので、




写真を撮る側になれなかったのが少々残念ですが(;^ω^)



式典は天候にも恵まれ、大勢のお稚児さんで賑わうすばらしいものでした♪







そしてこちらの寺歴にも関心の高い私としては、





以前の調査(2015/12/19)を活かした案内看板が境内に設置されたことも嬉しいのでした♪♪





IMG_20180427_131241.jpg







そしてこれからも地域の歴史を内包した千手院さまの調査が進むことを心から願いつつ。






とりあえず慣れない作法やらお経やらでぐったり疲れた田舎の葬式ボーズである私。







さて、休むか。と思ったら。(´∀`*)ウフフ







あ、夕方から地元の福祉委員会議だった(ノД`)・゜・。ガーン











そりゃあ、能力ないんだもん頑張るしかないっしょ!!!



と自分を奮い起こすのであります('◇')ゞ




プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR