Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 宝冠調査報告 ~積み重ねて~


佐倉市発行の『佐倉市史研究 第27号』が昨月刊行され、

その中で当寺所蔵の『灌頂宝冠』についての調査報告が掲載されました♪






20140422074325.jpg

【資料紹介】宝金剛寺蔵「銅製 宝冠」について 須賀隆章(市文化課文化財班)



この資料紹介は昨年10月に当寺で行われた文化講座

「みたい!しりたい!佐倉の歴史♪ in直弥のお寺」での発表をもとに執筆されたものです。







思えば当寺所蔵の宝冠を当ブログに掲載したのが2011年の6月

当時は「見た目はカッチョイイけど、一体ぜんたい何なのでしょう?」という状態でした。




ところが掲載後しばらくしてある方から茨城県立歴史館に似たような展示があるとの情報をいただいた!

その情報をもとに歴史館へ出向いたのが翌2012年5月

この宝冠が灌頂という儀式に使用する法具だという事がわかりました。



IMG_ibaraki_201404220852134ac.jpg





歴史館の担当者様に撮っていただいた写真を、いつもお世話になっている佐倉市内の有識者にお見せすると、

「市内の貴重な文化財として、(文化財)審議委員の方に観てもらいましょう」との事。


2012年12月、鋳金工芸作家である故 香取正彦(人間国宝)を父に持つ香取忠彦氏の来寺となりました。





P1020995_20140422085415e0b.jpg






このへんからこの宝冠がにわかに注目され始め、

佐倉市文化課の詳細調査を経て、昨年2013年10月の当寺文化講座での一般公開!




IMG_6276.jpg





IMG_6534.jpg



そしてこのたびの刊行本掲載へとつながっていくのです♪♪






むむむ


なるほど、こうやって時系列にしてみるとまた感慨深い (*´▽`*)





というわけで。





田舎坊主がコツコツ進めた集大成!!




ご興味がある方はぜひご覧になってみてください。





『佐倉市史研究 第27号』は800円にて頒布中。郵送による購入もできるのだそうです。
(※郵送によるご購入(要送料)を希望される場合は、佐倉市総務課(電話 043-484-6288)まで

市内図書館でも閲覧できまっせ♪



















関連記事

2 Comments

iizumi  

それまでわからなかったものが、いろいろとわかってくるって面白いですよね。

2014/04/27 (Sun) 19:29 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: タイトルなし

iizumi さま。お久しぶりです♪

> それまでわからなかったものが、いろいろとわかってくるって面白いですよね。

そうなんです!
予想していない方向に進んだり、意外な発見につながったり♪♪

今回の「宝冠」はまさにそのような感じです。

2014/04/29 (Tue) 17:14 | EDIT | REPLY |   

Add your comment