Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 什物(銅幡)載ったよ♪

当寺に伝わる什物が、ななんと!!東博の研究資料として掲載されました!(゚д゚)!




20140530200026.jpg

東京国立博物館紀要 第49号(2014/3/31)



本書は東京国立博物館研究員の研究論文集で年に1回の発行。

この中の『金銅幡 -玉幡との関わりについて- (著:伊藤信二)』にて、

当寺所蔵の金銅製玉幡3種6旒が写真付きで掲載、解説されています。

(当寺所蔵玉幡については → コチラ








著者である伊藤様とは、有難いことにこのブログがご縁でご連絡を頂戴し、

銅幡の調査→発表へとつながったのであります(#^^#)







4/22のブログに載せた『佐倉市史研究』もそうですが、

こうやってお寺の記録が公の文章に載るって、とてもとても光栄ですよ!



20140422074325.jpg

【資料紹介】宝金剛寺蔵「銅製 宝冠」について 須賀隆章(市文化課文化財班)






まぁそりゃあ確かにどちらも専門書ですから、暇つぶしにパラパラ読むようなカルさはないですけれど。

でも、だからこそやっぱり大切ですよ。

だって、お寺自体は永遠に存続するとは限らないけれど、こういった研究書ってきっとずぅっと残るし伝わるでしょ。

そんな事思います。





例えば当寺建設事業も佳境のトキ。

色々なモノに住職銘(オイラの名前)を入れるコトになるんだけど、

オイラの性格としてはぐいぐい前に出たりを好まないので、

個人的な感情としては名前なんて入れなくってイイ!って思った。

だって、自分の力で出来たんじゃないモン!!

なのになんか「俺どぇぇす!!」って主張してるみたいで。。。

でも、オイラ自身、当寺に伝わる文書や什物の銘からたくさんの事を参考にしたし。

年号を入れたり銘を入れたりってつまり未来へ繋ぐコトだよなって凄く思ったのさ。


ここまでつながっていることにとっても意義を感じたし、ならばこそ繋ぐ義務を果たそうと。



ま、そこまで深くないけど(;´∀`)











というわけで。


宝金剛寺の歴史にふれることの出来るこの2冊。

もしご興味のある方は読んでみてくだされば幸いです♪♪










関連記事

0 Comments

Add your comment