Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 暦ってなんだろな?

暑いです!台風一過です!!(;´Д`)





そんな中、市内の国立歴史民俗博物館(通称:歴博)へ講演を受講です♪









今回の講演会は

第367回「暦と伝承」(講師:小池 淳一)

という事で、時間に対する文化的な意味づけである「暦」について、大きく4つのテーマに分けての講演でした。







中世の主に東国で正規年号と並行して使用された「私年号」では、

当寺の人々が暦(年号)に様々な願いを託したといったこと。





また、今回初めて聴く「お化け暦」なるものから、

明治の改暦に伴い旧暦(太陰暦)と新暦(太陽暦)の狭間に混乱が生じ、

結果需要にこたえるように不思議な書簡が出来上がっていったことなど。




なかなか興味深い内容でありました(*´▽`*)





(こんな素敵な講演が無料で聴講できるってイイネ♪)




今日は土曜にもかかわらず檀務と日程が重なることなくラッキーでした♪♪





帰りには同館内にある図書コーナーで、気になる書籍を何冊か購入。


IMG_7170.jpg


後で、じっくり読んでみよっと(^^♪







そういえば講演最後の質問時間で、聴講の方からのご質問に

「お盆」の実際の日程についての質問がありました。

7月盆とか8月盆(月遅れ盆)とかありますもんね♪


講師の先生は2・3の例示をされた後、

「大切なのは日程よりも、ご先祖や亡き家族を祀ろうという思いかもしれません」とのお答え。

坊主のオイラがも思わずナットクでした!




当寺でも、地元的には8月盆が中心ですが、

明日からは7月盆の棚経が始まります!

日程調整は年々難しくなり、風習云々伝わらない場合も増えてゆく現状ですが・・・。

それはともかく、坊主として心を込めてご供養することには変わらないですからね♪♪





明日も良い日でありますように(#^^#)






関連記事

0 Comments

Add your comment