Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 さぁ、解読カイシ♪

佐倉・城下町400記念協賛事業
「みたい!しりたい!佐倉の歴史♪ in 直弥のお寺」は10/18((土)14時から 詳細は→コチラ

*。o○☆*(。´・▽・`。)゚¨゚*☆○o。*゚¨゚゚・*(。´・▽・`。)¨゚*☆○o。**(。´・▽・`。)゚¨゚*☆○o。*゚¨





以前、当ブログ内(8/28)でお伝えした寺所蔵文書の解読計画!

佐倉市市史編纂室 土佐様を顧問とし、

主に千葉市内で活動する『千葉古文書の会』の皆様に

当寺の古文書を読み解いて頂こうというもの。


そんなわくわく企画の第一回が行われました(^^♪



IMG_7416.jpg




IMG_7419.jpg




IMG_7420.jpg



本日は、事前にピックアップされた幕末頃の資料をみんなで観察し、

まずは読み解く素材としての資料写真の撮影です。




ご参加の皆さんは古文書を読む経験は多いでしょうが、

流石に現物の資料に触れるのは初めてとの事で。

緊張しながらも和気あいあいと作業に取り組んでいただきました。




地元公民館の館長さんもお忙しい中見学に来ていただきまして♪


とっても良い時間に(*^-^*)





会としては今回撮影の資料を今年度中を目安に読み解いていく予定だそうです。


まぁ、当然宝探しじゃないですし。

いわゆる某TV局の「な〇で〇 鑑定団」みたいなことではございませんのでネ。

個人的には万延元(1860)年銘の住職による日記などもあったので、

地元にとって意義のある事項が出てきてほしいなと思います。




とにもかくにも。

お集まりの千葉古文書の会の皆様。

佐倉市市史編纂室 土佐様。


心から御礼申し上げまするー(#^^#)




関連記事

0 Comments

Add your comment