Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 地元の写真

地元、和田ふるさと館歴史民俗資料室で開催中の

「写真に残る和田地区の思い出」展を見学に行きました♪



和田の写真展 - コピー







今年は佐倉市市制施行60周年ということで、和田村(現在は和田地区)を含む計6町村と

昭和29年3月31日に合併した当時を中心とした写真や、

その他関連資料が集められていました。









IMG_7502.jpg





個人的には和田村が合併時に要望した「診療所の設置」という部分に関心があった。

当時の担当者は「無医村の解消」と表現されていたのですが、

和田村内には戦中戦後に数人の医師が住んでいた記録もあります。

この辺は今回の展示の担当者様も興味を持たれていましたので、今後の調査に期待ですね。






また、和田村で養豚が盛んだった話はお檀家さんからも良く聴いています。

「和田村って言うより“ぶた村”って言ったほうが良いくらい」とは当時関わった方が

誇らしく語る時のフレーズです。




それも今は昔とでも申しましょうか。



養蚕 → 養豚 → その後ヤマトイモの耕作と、地元の農業も時代と共に変化しています。

さて、ここから60年後。和田に住む人は今をどう感じるのでしょうか。



関連記事

0 Comments

Add your comment