Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 ニセモノを観る?!

あれ、この時期ってこんなに寒かったっけ?


そんな数日ですね。

体調を崩しやすい時節、私も若干鼻風邪気味です(:_;)




さて、本日は歴博(国立歴史民俗博物館)へ♪

開催中の企画展示

「大ニセモノ博覧会-贋造と模倣の文化史-」を見学に行きました。



ニセモノ展


-展示趣旨 (HPより転用)

私たちの日常生活では、お金をもうけるためだけの「食品偽装」や「ニセブランド」など、
他人を騙す「ニセモノ」の話題に事欠きません。しかし本来、「ニセモノ」と「ホンモノ」は非常に微妙な関係にあり、
「明と暗」「黒と白」といった単純なわけ方ができない場合もたくさんあります。

「ニセモノ」は、暮らしのなかで重要な役割をもち、さまざまな歴史をもっています。
また、「ニセモノ」が「ホンモノ」を乗り越え、文化的な創造性を発揮することもあります。
さらに、博物館で作られる研究目的の「ニセモノ」は、「ホンモノ」よりもむしろ研究価値が高い場合さえあるのです。

この企画展示では、「ホンモノ」に対する「ニセモノ」を単に展示するのではなく、
「ニセモノ」と「ホンモノ」の複雑な関係が、時代や社会背景によって、
どのような原理で振幅してきたのかを明らかにしていきます。






「ニセモノ」といわれるとインチキで胡散臭い印象に聞こえるけれど、

日常にもたとえば、レンガ調の壁紙や木目のプラスチック製品など

だますのではなく、風合いを高める意味の「ニセモノ」もありますよね♪


あるいは本物はとても手に入らないけれど、複製で補うような要素も時に重要。

(実際、恐竜好きの長男は、ティラノサウルスの歯の化石(複製)を宝物にしています♪)



まぁ単に「欺く」ための品だってあるわけですが、

それも一つの文化ととらえれば楽しかったりもするのかな♪




*WEB上の大ニセモノ特設サイト【予告編】も遊んでてgood!! →コチラ





そんな意味で、

今回の展示はとても遊び心があって面白かったです!






そうそう!

展示の中で、あやしい「人魚のミイラ」があったのですが。

実は、当寺什物の中にもこういった類の品があるんです(*^▽^*)

当寺の場合は人魚では無く「シロヘビ」ですがね♪






伝シロヘビ1
解像度を落として興行的出し惜しみ♪









初見、私的には「何じゃこりゃ?!」って感じだったのですが、

今回の展示を見てちょっと見方変わりました(´▽`*)




機会があれば、公開しよっかな~♪♪♪













関連記事

2 Comments

平城  

お久しぶりです。お元気そうで何よりです。

歴博、私も今日行ってまいりました。ニセモノとホンモノの関係、深いですね。勉強になりました。

今年もそろそろ、アノ季節ですね。ご開帳には、シロヘビ様も加わるのでしょうか。

2015/04/12 (Sun) 22:50 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: タイトルなし

平城さま。

お久しぶりです。ご連絡ありがとうございます。
歴博展、面白かったですよね。どっちがホントかわからなくなりました(笑)

> 今年もそろそろ、アノ季節ですね。ご開帳には、シロヘビ様も加わるのでしょうか。

今年のアレは時期を含めてテコ入れを図るようです。
仔細わかりましたら、またこちらでもお伝えいたします。

シロヘビ様の公開は・・・イヤ、需要ないでしょ~(*^▽^*)
少し前、件の歴博展と連動した企画を開催した時に展示したいと市が興味持ってましたが、
流れたようですね。


2015/04/13 (Mon) 21:13 | EDIT | REPLY |   

Add your comment