Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 一挺切とは・・・??

成田教育委員会主催の平成27年度春の講演会に行ってまいりました♪



2015/5/23 15:00~ 成田市役6F
「珍しい民間念仏信仰について -壹挺切念仏講-」
講師:村田一男
   八千代市郷土研究会顧問





この講座は八千代市下市場にある「壹挺切念佛講回向」と刻まれた

大型の念仏供養塔をきっかけに、耳慣れない「一挺切(いっちょうぎり)」という念仏について

少ない資料を紐解きつつ解き明かそうというもの。



因みにこの「一挺切」とは、一本のロウソクが切れる(燃え尽きる)まで念仏を唱えるといった意味だそうでして。



ただし講演のなかでもありましたが、こういった民間念仏信仰は口承が一般的で記録が残らない。

宗教性の主体と考えられる寺とは独立して行われるために資料が残されにくく、

直接かかわった人以外に記憶も伝わらない。

といったケースが大半を占め。


そういった意味でこの「一挺切念仏」も資料発掘自体とても困難なようで、

講師の村田先生は非常に苦労されたという事でした。








私自身、こういった民間信仰に興味があり、地元でちょろちょろ調べたりしています。



IMG_3398_20150523205900177.jpg
境内にある明治12年の「念仏供養塔」(*詳細は→コチラ





IMG_5631.jpg
佐倉市天辺区に伝わる「百万遍」(*詳細は→コチラ







また、本日講師の村田先生とは、ご指導頂きながらお大師参りの調査もコツコツやっています。


IMG_6415.jpg
「六崎十善講」大師堂悉皆調査(*詳細は→コチラ









だからこそわかるのですが、


こういった調査ってとぉ~っっても地味で。

資料は少ないは関心は広がらないは、現地の関係者に怪しまれるはと。。。。

費やす時間がそのまま結果には表れないのです。



でもまぁネ(#^^#)




何の因果か、私自身が興味を持ってしまいましたし。

そんなご縁で貴重な方々とも知り合えたりと。

なかなかイイ事もあったりするのですヨ♪♪




だいいち、本日講師の村田先生自体「ぜんっぜん見つからない」と苦労をもらしながらも

そのこと自体を楽しんでいるようなお顔でしたし♪




そんなお話を聴く私自身、とても楽しかったのは事実なのです(´▽`*)




さぁ、明日もまた元気にいきましょう!





関連記事

0 Comments

Add your comment