Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 盂蘭盆(施餓鬼)会

昨日(15日)、のお施餓鬼会をもって、

当寺のお盆がようやっとひと段落致しました(*^-^*)





棚経廻りは何度か雨に見舞われ、農家が多い当寺のお檀家さんにとってはニコニコ。

しかし私はオロオロ。






特に件数が密集した地元周辺は、小回りが利かない乗用車は不利。

原付バイクで移動する通年とは、大きく時間経過が違いましたね。




夕方お伺いしている皆さんにはご迷惑をおかけしました。

でも、大きな理由は無いのです。

あくまで小さなズレの積み重ね。

だって一日50件程度廻るので、1分ずつでも1時間弱のロス!!





いや、そんなことは言い訳ですね・・・(>_<)



しかしながら、私は今年も皆さんに会えて良かったです!!

















IMG_8018.jpg


写真は施餓鬼会に用いた当寺施餓鬼棚(セガキダナ)の正面アップ!




こちらには本年より、「当山先師代々 尊霊」と書かれた位牌を奉安しました。

お寺の歴代住職や関連僧侶を供養するこちらの位牌。

おそらく以前は用いられていたのでしょうが、いつの頃からかその存在が忘れられ。

数か月前に行われた什物(寺の所蔵品のこと)調査の際に確認されたものです。




近年新調された棚は確かにピカピカで素晴らしいのですが、

やはり永く当寺で守られた品があった方がしっくりするような気がします♪




堂宇の新築によって古い什物の関心が高まるとは皮肉なものです。


でも、これもきっと縁なのでしょう(*´▽`*)








盆行事のクライマックスと言っても良い15日の施餓鬼会(セガキエ)。

今年はいくつかのトライがありました。




内容は書ききれないので省略いたしますが、

私のような菲才な坊さんに協力してくれるたくさんの方。

そんな関係各位に御礼申し上げたいです!






最近出会った言葉に“不易流行”があります。




本質を守り、伝えるからこそ。

踏み込む努力をしていきたいなぁと思っています。







いや、でもまずは少し休みたいなぁ~(笑)




関連記事

0 Comments

Add your comment