Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 安房を彫る -千葉大講座-

昨日(6日)は千葉大学の公開市民講座を受講しました。




2015.jpg




安房を彫る ‐木を生かす人々の営み‐


講 演 1
南総で活躍した二人の彫工・伊八と義光
石川 丈夫(鴨川市郷土資料館 文化振興室長)

講 演 2
安房の木彫仏とその造形
池田 英真(館山市商工観光課 主任学芸員)

講 演 3
安房の木彫の造形を3D形状測定によって分析する
講師 久保 光徳(千葉大学大学院工学研究科 教授)

パネルディスカッション
パネラー 稲垣 祥三(寺社彫刻研究家・彫刻家)、石川 丈夫、池田 英真、久保 光徳
司会   植田 憲(千葉大学大学院工学研究科 教授)








千葉大の公開市民講座は一昨年以来2度目の参加です。


その時もそうでしたが、この日も会場は大変盛況(定員150名)で、


安房の仏像や伊八・後藤といった木工彫刻への関心の高さが伺えました。



数年前から房総の仏像の魅力にずっぽり浸るようになった私ですが、



先日の小松寺での解説をふまえて、改めて「お勉強おべんきょ♪」といったところです。







やっぱ、地域を知るって楽しいな♪



それは仏像だけでなく、それぞれの地域に伝わる様々な資料や風土に触れるたびにそう感じます。



始めは「どのお寺にどの仏像があるの?」という浅はかな興味でしたが、その仏像からその場所の歴史や



伝来の経緯が見えてくる。



おかげで以前より物事をとらえる視野が広がったような気がしています。







今は自分の興味に動かされているだけかもしれないけれど、


何かもう少し形になる時がくるかな。



そんな風に前向き(?!)にとらえていきながら、


今日も仏像図録を見てはムフフとするのである(^▽^;)




関連記事

2 Comments

平城  

これは見逃していました。残念です。

2015/12/08 (Tue) 10:24 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: タイトルなし

平城 さま。お元気そうですね♪

> これは見逃していました。残念です。

内容的にはすでにご承知の部分が多かったのではないかと思われます。

県美術館の『香取神宮』展は行かれましたか?
荘厳寺の十一面観音(旧金剛宝寺 本尊)は圧巻ですね。

千葉市郷土博物館『資料にみる千葉氏』は来年行こうかなと。




ついでですが、来年1/16。
歴博を会場に佐倉市文化課主催の講演会があります。
講師は小島道裕先生。同館所蔵の『出陣次第』についてです。
この次第は当寺大檀主北条氏勝の父である氏繁によるもので、氏勝により書入れもあります。
ご参考までに♪


2015/12/08 (Tue) 19:38 | EDIT | REPLY |   

Add your comment