Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 千手院 古文書調査!

昨夜から。いや、もっと以前から待ち望んでいた今日この時(#^^#)



本日は、市内井野にある巨刹 千手院 の文書調査に同行です♪





IMG_8297.jpg



調査に立ち会っていただいたのは元佐倉市文化財審議委員でもあり、


県史等の執筆にも携わる外山信司先生。


11月の講演で先生と打ち合わせたのは、実は今日の為♪











千手院は明治期の大火で古記録等多くを失った(印旛郡誌)とされておりますが、


一部有識者の間ではまだ未報告の貴重な史料があると言われていました。


そして今回、ご寺院様の理解のもとに調査の運びとなったわけです。





IMG_8310.jpg




結果的には、大正2年出版の印旛郡誌に掲載の縁起書より時代がさかのぼる縁起も確認でき。



中興開山の出生について書かれた新史料や古くは永禄期の文書にいたるまで。



予想以上の成果となる調査ですね♪




IMG_8308.jpg
明和五年(1768)に住職によっ改編された寺の縁起書(一部)











また、市指定文化財である寺宝の金銅五鈷杵も特別に拝見っ!!







IMG_8300.jpg
想像していたより大きく、重い!




時間が過ぎるのを忘れるくらい、充実の時間でした。






千手院では、現在堂宇並びに境内整備が進行中。



平成30年の本尊ご開帳に向けて、着々と準備が進められております。



市内、いやさ県下を代表する真言寺院。



寺歴の調査解明も相成ることを願ってやみません(*´▽`*)









また、もちろん調査はまだ続くでしょうけれど、



私自身としては何だカンダで足掛け2年以上かけての本日この日。



「諦めないでコツコツやってよかったなぁ」という気持ちが素直なところです、ハイ♪












最後に千手院住職・副住職並びに寺族様。


また、お忙しい中スケジュール調整していただいた外山信司先生に心から感謝いたします。


そして、準備段階でご協力いただいた佐倉市文化課・同市史編纂室関係者にも御礼申し上げます!





最後にやはりこの言葉を掲載しましょう♪







神は人の敬ひによって威を増し、
人は神の徳によって運を添ふ。
(中略)
右、寺社異なるといへども、崇敬これ同じ。
「貞永元年 御成敗式目」








いやぁ~♪ 超充実した♪♪



関連記事

0 Comments

Add your comment