Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 天地を見据える

今日は、当寺「仏像造り教室」でした。


毎月2回(第1・第3金曜)のこの集い。


皆さん熱心に彫り彫り♪






さて、その生徒さんから「住職、お寺に奉納したいものがあるんです」とのこと。



いったいそれは何でしょう(´艸`*)ワクワク





わ!すごい!!!


ちょっと怖いくらい!!!






それは本人作の能面でした!
(以下、写真あり注意!!)









IMG_1922.jpg
先ずは部分のアップ






不動明王をあらわす能面です♪




IMG_1921_20160122173438227.jpg



スゴイ!迫力の作り!



彩色も古色塗り(ピカピカに塗らずに時代観を出す技法)でまとめられています。




え?目線がずれているって!?


いえいえ、これでいいんです♪



実はこれはお不動様の天地眼(てんちげん)と呼ばれる目線で、


明王が天から地にいたるまであまねく見渡して私たちを救って下さるという、


専門的には「十九観」という形式にのっとった御姿なのです。





仏像教室の生徒さんはやっぱり手先が器用でモノづくりが好きな方が多く、


以前、他の方から手製の行燈をいただいたりもしています♪






さぁて、どこに飾ろうか。




本堂に御参りの際は、どうぞ探してみてください(*´▽`*)

関連記事

0 Comments

Add your comment