Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 晴耕雨読的な・・・。

今日は一日雨。。。



これでは竹やぶ掃除も出来ない(そもそも昨日の筋肉痛で出来ない)ので、


気になったこともあって本堂の古文書群をガサゴソと探索することに。





IMG_20160129_095015.jpg



相変わらず、ものすごいホコリにまみれた箱の中をチェックチェック♪











これらの文書たち。



一見、役に立たなそうな紙切れなのですが、



不思議なことに見るたびに何というか景色のようなものが違う。



その時の見る側(私)の興味や知識、あるいは感情のようなもので変わるのかな。




実際、旧本堂から出てきたときは率直に言って謎のゴミたちという印象だったし、




興味ではじめの頃は、見つけたい対象の為の選り分けでしかなかった。



ところが日が経つにつれ、



ふと手にした紙から気になるワードが見つかったり。



うすぼんやりとでも自分の中でジャンル分けが出来ていったり。




そんなこんなで色々興味深い史料が見つかったことも確かです♪





*例えばコレとかコレとかはたまたこんな古いコレとか♪♪












今回の作業で、新たに「宝金剛寺の文書を読む会」でとりあげたい文書が何点か出てきました。





IMG_20160129_103514.jpg





特に「皓月山歳中行事録」と表紙に書かれた一冊の文書(写真左)は、



以前会で取り組んだ「皓月山年中日記帳」と年代が非常に近く、





併せて調査すれば良質な史料になりそうです!!







解体が迫った旧本堂での整理時に、有識者の方から



「とりあえず取っておいてください」と言われたことが今になってわかってきましたねー





冷え切った本堂の内陣で、一人ワクワクするのでありました(^_^;)

関連記事

2 Comments

iizumi  

No title

資料送っていただきありがとうございます。

古文書ですか。
楷書だとまだしも、崩してあると何がにやらです。
でも、内容がわかると新たな事実も出てきてイメージ膨らみますよね。

2016/01/30 (Sat) 21:58 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: No title

iizumi 様

おせわになります。
資料無事に届いたようでなによりです。

> 古文書ですか。
> 楷書だとまだしも、崩してあると何がにやらです。

ご安心ください!私も基本は何が何やらです♪


> でも、内容がわかると新たな事実も出てきてイメージ膨らみますよね。

新たな事実、出てこないことの方が多いのですが、それでも期待してしまいます!

2016/01/31 (Sun) 08:54 | EDIT | REPLY |   

Add your comment