Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 地域に伝わる行事「ヒャクマンベン」

本日は、隣地区の行事に参加してまいりました♪



その行事とは佐倉市天辺区に伝わる春祈祷「ヒャクマンベン」です。



これは元は同区宝寿院において春の五穀豊穣を願う行事で、近年は同区青年館を会場として行われるものです。


(*天辺区春祈祷についての詳細は→コチラ



IMG_20160221_132046.jpg
宝寿院地蔵堂(左)と同寺本堂(右)




今年で4年目の参加!


ということで有難いことに地域の方も少しづつ私と言う“異分子”を受け入れてくれている感がありますネ(#^^#)





毎度でしゃばらずに隅にいる私ではありますが、


今年はちょっとエラソーに春祈祷「ヒャクマンベン」について解説を垂れたのであります!!



そして本日の目玉はなんといっても。


江戸時代に「百万遍」が行われていたという証拠資料の公開です!!!






それはコレ!!
 ↓↓↓

13 - コピー





これは


天保11年(1840)発刊の『新編金瓶梅』という本(草双紙)の一頁。


作者は南総里見八犬伝で有名な曲亭(滝沢)馬琴。


その貴重な現物をお見せいたしましたb(’0’)d







ま、もちろん地域の行事の価値を決めるのはその地域の皆さんでしかないのですが。


私としては地域の方に「皆さんのおこなっている行事は伝統があって歴史があってスゲェーんです!」と


だから皆さんってばスゲーんですよと。


そんなニュアンスをお伝えしたつもりでございます。






今回の私の発表は、モチロン私の知識ではございません。



昨年見学した*こんな講演や、*こんな展示から積み上げられたものです。


でもなんかとっても心地よい充足感♪♪








今日に向けて結構準備したこともあり、ほっと一安心でちょっとゆっくり。



と行きたいところですが。



実際にはその後お通夜に出仕いたしまして、その後も葬儀の予定が連続して続きます。






はい!私の本分は葬式坊主!!!


体調を崩すことなく精一杯お勤め申しあげたいと思います(^^)/

関連記事

2 Comments

尼崎のMr.お遍路さん  

No title

ご無沙汰しております。
「ヒャクマンベン」拝読させていただきました。
以前、京阪神にあります法然上人の巡拝霊場
円光大師二十五霊場を調べた時に札所の中に
「百万遍 知恩寺」という寺院がありました。
浄土宗の百万遍念仏の根本道場になってます。
詳しく調べていないのでわかりませんが、宗派を越えてどのようにして
「百万遍」という行事が伝播したのか大変興味深いですね。

2016/02/29 (Mon) 18:44 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: No title

尼崎のMr.お遍路さん さま。

お久しぶりです。あ、いや、別件では何かとお世話になります。

「ヒャクマンベン」ですが、ご承知の知恩寺にて行われた念仏が室町期以降に世に知られたそうで、「知恩寺歴志略」によれば元弘元年(1331)秋に疫病が流行し、後醍醐天皇の命を受けて同寺八世善阿が修したのを、知恩寺における百万遍の始まりとし、疫病の終息によって同寺が天皇より「百万遍」の寺号を賜ったのだそうです(『角川古語大辞典』より)

伝播は良くわかりませんが、この行事を行っている佐倉市天辺区には、「先祖が大坂城落城の折、この地に逃れて帰農した」との伝承があり、関西地区と何かしらの関係があったことを示唆しているのかもしれませんね。

いずれにしても、地元に伝わるこの「ヒャクマンベン」が地域によって大切にされて欲しいなぁと願うところです♪

2016/03/01 (Tue) 09:46 | EDIT | REPLY |   

Add your comment