Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 宝珠院 曼荼羅見学!

佐倉のお城と言えば、日本100名城にも選ばれる


近世城郭の佐倉城が著名ですが。



中世の佐倉には、千葉氏の本拠地である本佐倉城がありました。


そして本佐倉城下には、佐倉五カ寺と総称されるお寺が存在します。


・宝珠院
・文珠寺(廃寺)
・東光寺
・吉祥寺
・大佛頂寺
順不同





その中でも筆頭寺院と伝わるお寺。





そのお寺は佐倉市大佐倉の宝珠院



正式には大佐倉山 最上宝珠院とする真言宗智山派の寺院です。




IMG_20160528_145201.jpg
鐘楼堂左奥は大師堂






本日は貴重な什物を拝見に伺う機会に恵まれましたヽ(^。^)ノ









こちらにはなんと南北朝期の墨書が確認できる両界(両部)曼荼羅が現存。




しかしながら近年までお寺管理では無かった事情もあり、正式調査が進んでいないのだそうです。






というわけで、早速現物を拝見いたします!




IMG_20160528_155407.jpg
胎蔵(界)曼荼羅






IMG_20160528_151718.jpg
金剛界曼荼羅







事前に資料で確認した通り、軸に貞和三年(1347)に書き始めたとする墨書がみられます。



そして他の墨書から、以前他の寺(中田東照院)にあったこの曼荼羅が



戦国期の動乱から守るために宝珠院に移されたと推察できるようです。




ただ、幾つか慎重に検討しなければいけない表記があり、




今後の調査が注目されます!







IMG_20160528_154042.jpg
金剛界曼荼羅の内「理趣会」部分






中世の仏教画を間近で拝見するなんてなかなか得難い経験!







現場では勤めて冷静に振舞っていましたが、






実際テンション上がってましたネ(^▽^;)












宝珠院には他にも戦国期の銘がある高祖像を所有するなど、




その古刹はなおも数多の魅了を内包しています!







そうそう!



高祖像と言えば、最近やはり市内のとあるお寺様が所蔵するお像から




とても興味深い棟札が確認できたという情報もあり。




まだまだ市内の寺院には貴重な歴史史料が残されているんだなぁと改めて感じましたね♪







今回の調査は、来月地元で開かれるシンポジウムで経過報告があるようです。



あぁ、楽しみっ(#^^#)




シンポジウムの詳細は、またご報告したいと思います♪♪



関連記事

2 Comments

平城  

No title

図像は綺麗に残っているようですが、折れ傷が気になりますね。修理が必要なのでは。

シンポジウムはいつどこで行われるのでしょう。時間があれば、参加したいです。

2016/06/04 (Sat) 23:00 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: No title

平城 さま。お久しぶりです。
シンポジウムは6月4日に開催されました(ブログ掲載済み)。
ただ今回は古文書が中心で、所蔵の曼荼羅についての言及はありませんでした。
美術的な調査が行われなかったことや、色々な事情で積極的な公開を望まないというのがその理由です。

私としては地元にこのような中世にさかのぼる仏教絵画が残されているということ自体大きな驚きでした。
調査・研究が進み、保存伝承の機運が熟することを願うばかりです。

2016/06/05 (Sun) 19:41 | EDIT | REPLY |   

Add your comment