Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 あわしまさまを考える ~弘法山 宝寿院~

午前中、デスクワークを黙々と・・・・。


う・う・う。






あー疲れた!午後はヤメ(;´∀`)




ということで、原付にまたがりお隣地区にある兼務寺院へ向かいました。



向かったのは佐倉市天辺に所在する弘法山 宝寿院





IMG_20161117_145124.jpg
写真は同寺境内にある大師堂






コチラに残る「淡島信仰」について気になっていたのですよね~。







淡島信仰とは・・・

淡島(粟島)様という神は婦人病に効験があるとされ、加太神社(和歌山市)の淡島明神を総本社とする。
江戸中期以降に淡島願人と称する人たちが、各地をまわりこの信仰を広めた。
淡島様には婦人病や花柳病の者が腰巻や布きれを奉納して平癒を祈願するが、安産や縁結びの神として信仰したり、
人形や凹形の石を奉納する所もある。






宝寿院には粟島(淡島)堂があり、


今でも女性に霊験あらたかとして地元に伝わります。




blog_import_4cbe81fd038d5_201611171944132b4.jpg
粟島堂





関東では浅草の淡島大明神が有名で、落語「夢の酒」では、夫の徳三郎の夢に嫉妬する女房“お花”が、


無茶な懇願に困った大旦那に対し、「淡島様に願掛ければ、叶う」と言って説得をするシーンがあります。






IMG_20161115_125038.jpg
浅草寺境内にある淡島堂






今回の私のテーマは、

「この場所(天辺区)の淡島信仰について考える」





ということで、まずは地元役員さんに事情を説明。


役員さんは「またこの坊さん、変なコトやりだしたな」との思いをぐっと胸にしまい、


寛大なる心で私にお堂のカギを渡してくださいましたヽ(^。^)ノ









まず心を落ち着かせて手を合わせます。






続いて細い光の差し込む堂内へ上がりこむと、そこには誇りにうずもれながらも



とても興味深い史料となるものが随分残っていました♪



IMG_20161117_140159.jpg
6枚の棟札



IMG_20161117_131902.jpg
普段は宮殿内にある御神体





これらに書かれた年号や記述を照らし合わせれば、



勧請の年代や今までの信仰がずいぶん見えてきそうです!!







むむぅ、オモシロイ(*´▽`*)




予想以上に収穫もあり、まだ集めたい資料もありますので。


この件に関してはもう少し時間をかけて調べてみたいと思います!



ま、地元の方に「そんなことして何になるの?」と言い切られてしまうとうまく説明する自信はないのですが。。。





関連記事

0 Comments

Add your comment