Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 龍寳寺(鎌倉市)晋山式

昨日(11/26)のことですが、

ご招待を受けて、鎌倉市にある曹洞宗の巨刹 陽谷山 龍寳寺

晋山式に行ってまいりました!





好天に恵まれ、境内ではお稚児さんのお練りが開始♪

IMG_20161126_080500.jpg




IMG_20161126_080505.jpg




IMG_20161126_080759.jpg



IMG_20161126_080855.jpg





なぜ、他宗でもありしかもこんなに立派なお寺の行事に私ごときが参じているのか?!






それは、龍寳寺と宝金剛寺に共通する歴史上の人物がいるからなのです!






小田原北条家の一族で玉縄城を本拠とする北条綱成(つなしげ)を開基とするこちらのお寺。


そして現在地に寺を移し、寺名を自らの父 北条氏繁(うじしげ)の戒名である龍寳寺に定めたのは、



玉縄城4代目城主である北条氏勝(うじかつ)




そう!宝金剛寺大檀主の氏勝公であります!






ということで、このたびのご縁と相成るのです♪











石畳で整えられた境内の大がかりなお練りを嚆矢として、


その後堂内では晋山式・法戦式と続きました。





IMG_20161126_100050.jpg







曹洞宗の法戦とよばれる問答は峻烈な雰囲気でいて、その実関わる僧侶の真摯さや愛情が見え


たいへん清々しいものでした。




また、当日の法要は、配布されたしおりや、進行を務める僧侶による行き届いた説明があり、


一般参加の皆様はもとより、私のような他宗(アウェイ)の人間にもとてもありがたい空間でしたね。








私の参加は26日の一日でしたが、実際には前日から式典は行われており。


その規模から準備の大変さは想像に難くないです。





ご住職様は式を迎えるにあたりさぞご苦労されたことでしょう。





でも、この式典に携わる特に多くのご僧侶たちから伝わる



「絶対に成功させよう!」という雰囲気から。



ご住職様がいかに多くの人に信頼されているのかがわかるような気がしました。









龍寳寺 第三十三世新命 鐵牛良光師に心からお祝い申し上げ、


関係各位の所縁吉祥を祈念したいと思います。








*:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。*:・゜



ちなみに♪




玉縄北条氏について、綱成の孫にあたる北条氏舜(うじとき)を主人公とした時代小説があります。



ujitoki.jpg

伊東潤 著 戦国鎌倉悲譚 剋 (講談社文庫)






そして、氏舜は宝金剛寺大檀主氏勝の兄ですので、作中には氏勝も登場しますよ!


時代小説ですから全てが史実ではないのはもちろんなのですが、この機会におススメしたいと思います♪







関連記事

0 Comments

Add your comment