Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 2016を振り返る

本堂内には毎年ご奉納いただく鏡餅がおさまりました!



IMG_20161228_143055.jpg





強風にもかかわらず、役員さんたちによる境内大掃除も無事に決行され、




本堂周りにはぴっしりと天幕も張られ。




先ほど蓮想の新年号の入稿を済ませ。年越しまであと数日♪




というわけで、昨年に続いて本年を振り返ってみたいと思います(#^^#)








博物館や美術館の企画展に行くのが大好きな私。



今年一番印象に残る展示会に行ったのは2月のことでした。



20160201172229_2016122819431324a.jpg


水 神秘のかたち
サントリー美術館 (2015/12/16-2016/02/07)




生命の源である「水」。その精神性が祈りの対象へと発展するというこの展示。



川から流れついたとか、雨をコントロールするとか。考えてみれば確かに水にまつわる伝承を持つ仏は多い。




でも、カテゴリーから仏像を観るという概念は私には欠けていたかも。




ちょっと目から鱗の展示だったな~!









で、展示会と同じように好きなのは歴史系の講演会♪♪




そんな中、今年は千葉古文書の会主催の講座が良かった!






20161029205617a4a_20161228200342671.jpg


濫妨・狼藉・人取 
  -戦乱から泰平へ-


講師:根岸茂夫(國學院大學文学部教授)






歴史の勉強をする際に、つい現在の出来事と分けて考えてしまいがちだけど。



この講座では、講師の先生の説明から「今」を意識することが出来て興味深かった(^^♪








おっと、



お寺の行事も忘れてはいけませんね!






毎年恒例、GWの落語会秋の公開講座




どちらも、新しいお堂になったお寺の存在を地域に広めようと始めたもの。




どうしたら(参加人数が)増えるだろう。


どうやったらもっと周知されるだろう。と苦悩してまいりましたが。



昨年あたりから参加人数が想定を超えてキャパオーバーになるという





新たな悩みを抱えることとなってまいりました。





「お寺のイベント、寺で抱えきれなくなり放り出す」





とは、提案型のお寺にわりとある事実ですが、私はそうはしたくない。。。





ま、「何があっても10回(10年)は続ける!」というのが開始当初からのコンセプトでしたので、





気負いすぎずに頑張っていきましょう♪






そうそう。





開基にまつわる繋がりとして、龍寳寺(鎌倉市植木)の晋山式に出席できたことは、





ホントに光栄としか言えない素晴らしい経験でした!





IMG_20161126_080759_20161228202929481.jpg
ご住職様おめでとうございます














そして自身の研究としては、



市内宝珠院の曼荼羅調査と、




兼務寺院である宝寿院のあわしまさまの考察が挙げられます!






IMG_20160528_151718_2016122820230538f.jpg




IMG_20161117_131902.jpg





宝珠院調査の立ち会いはまさに福眼!!!





そしてあわしまさまは継続研究課題です!!!













住職就任から早10年を超え。





自らもやっと40代突入です。




妙な慣れに浸る自分にふがいなさを感じたり。



身体的な老いに益々生きづらさを覚える今日この頃ではあります。





でも、ま。





今年最後のブログ更新でございますので。





良い一年だったと締めくくらせてくださいませ(´∀`*)ウフフ









関連記事

0 Comments

Add your comment