Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 専門書?

勉強のため?


いや、単に興味本位?



な本を読んでみました♪




book1234.jpg



実家のお寺が消滅し、お墓が荒れる時代がやってくる
あなたの家のお墓は大丈夫?

現役住職が語る「これからのお寺とお墓」
なぜ私は檀家制度を廃止し、お布施を定額明示したのか? (webより引用)





同著者の「お寺の収支報告書」のインパクトが強かったためか、同書をなぞったような内容ではあった。


ここからわかるのは寺の情報公開というスタンスと住職自身の本気度だろうか。



だけど、現場の人(旧檀家さん)も大変だなぁと素直に感じる。













book12345.jpg



家制度の崩壊、葬儀や法要の簡略化、後継ぎ不在……。
現役僧侶が実体験をもとに、現代の移りゆくお寺事情を描いた小説。(webより引用)




さらっと、それでいてある種の問題提起もされているような本。


聖職者でなければいけないと意識して浮世離れするのならば、


むしろ主人公のように人としてありのまま葛藤するほうが良かったりして。










私個人としては、現在の僧侶の立場は大きく3つあると思っていて。



それは

①宗教法人の代表としての「経営者」

②仏教の僧侶である「聖職者」

③地域文化を包括する寺に住む「坊主」  かと。




そしてこの3つを完全にリンクさせることは普通は出来ない。




社会性としては①が重要だけど②と矛盾する。

②を世間一般では追及されるけれど、突き進めると地元の人が求める③が薄まる。

③のお坊さんは①を意識しないといけない。

世間では①は無いものとして見られている。



そんなところでしょうか。






自分のいまの立ち位置はたぶん


③>①>② でしょうかね。


③>②>①が理想ですけれど、自分の人間力では無理でしょう。


あとは 


①>②>③は論外として、


②>①>③にはなりたくないけれど②>③>①にはちょっと憧れる。



いかん、良くわからなくなってきた(^▽^;)




皆さんのご意見をいただければ幸いです♪


関連記事

0 Comments

Add your comment