Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 『佐倉市史研究』30号

佐倉市より毎年刊行の研究書に

『佐倉市史研究』というものがあります。




sakura.jpg




今回、この第30号内に、当寺文書を参考資料とした論稿が掲載されています!


しかもなんと二つも!!




・佐倉藩の御用炭と佐倉城下町/土屋雅人

 当寺該当文書「皓月山年中日記帳(万延元年)」







・六崎十善講 ‐二冊の御詠歌帳について‐/村上昭彦

当寺該当文書「八拾八ヶ所御詠歌(近代)」







これらは旧本堂解体時の佐倉市市史編さん室による当寺文書の保全に始まり、



千葉市古文書の会の協力による「宝金剛寺の文書を読む会」の活動を経て。






このように形になっていったモノたちですヽ(^。^)ノ





同書では以前も当寺所蔵の「灌頂宝冠」が対象となりました。



(解像度低)DSC_0027 -




お寺で眠っていたといっても過言でないこれらの存在。



それが有識者の研究によって広く認知されることはと~ってもウレシイ!!






日頃の、地味~でいてある意味マニアックな活動の蓄積と思えばなお良しです♪






『佐倉市史研究』は佐倉市役所内市政資料室、または下記の施設でお求めになれます。



ご関心がある方はどうぞお手に取ってみてください!










『佐倉市史研究』頒布場所

・市内各出張所(志津、ユーカリが丘、臼井・千代田、根郷、和田)、弥富派出所
・旧堀田邸、佐倉順天堂記念館、武家屋敷

※郵送によるご購入(要送料)を希望される場合は、
佐倉市行政管理課(電話 043-484-6288)まで、問い合わせください。





関連記事

0 Comments

Add your comment