Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 6月読了本♪

あぁ、7月に入りましたね~♪


お盆時期に突入で毎年恒例のどんより気分です。。。


いい加減慣れればイイのに(^▽^;)








さて、そんな中6月読了本を備忘録的に掲載いたします!






『燕雀の夢』天野澄希

ennjyaku.jpg

織田信長、豊臣秀吉―英傑の「父」たちは、果たして息子を愛したのか。
歴史小説の気鋭が描く、戦国覇者の父子の物語。(WEBより引用)







『戦始末』矢野隆

ikusasimatu.jpg


負け戦――しんがりでどう振る舞えるかで男の価値は決まる。
戦国で最も過酷な戦を描く、注目若手作家の7番勝負!(WEBより引用)






『円周率の謎を追う 江戸の天才数学者・関孝和の挑戦』鳴海風

ennsyuuritu.jpg

円周率3.14が、まだ使われていなかった江戸時代。円に魅せられ、
その謎を解明しようとした数学者がいた。
彼の名は、関孝和。円周率の計算や、筆算による計算の発明など、
数々の偉業を残し、日本独自の数学・和算を、世界と競えるレベルにまで押し上げた彼の、
少年時代からの物語。(WEBより引用)









『東京藝大物語』茂木健一郎


toukyougeidai.jpg


全国から才能が集う東京藝術大学。しかし、アーティストとして名をなすのは十年に一人ともいう。
何者かになろうとあがく彼らの悪戦苦闘、波瀾万丈の日々を、
六年間、講師として過ごした著者が万感の思いで描く青春小説! (WEBより引用)







『断片的なものの社会学』岸正彦


syakaigaku.jpg




人の語りを聞くということは、ある人生のなかに入っていくということ。
社会学者が実際に出会った「解釈できない出来事」をめぐるエッセイ。
★紀伊國屋じんぶん大賞2016受賞!  (WEBより引用)











・・・それにしてもこのところ心身が整わない。


ストレッチしてみたり、寝る前に深呼吸を多めに行ったり。


デスクワーク中に「自律神経を整える」系のBGMを流すあたりは少し怪しくなってきたww




春から子供が剣道を始めたので、昔取った杵柄とばかりに


指導名目で一緒に稽古する私。


運動不足解消にはもってこいですね♪








明日も良い日でありますように(#^^#)


関連記事

0 Comments

Add your comment