Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 上総の観音霊場「清水寺」

久々再開の県内仏像調査に同行しました!



本日はいすみ市(旧岬町)の天台寺院清水寺です(^^♪



正式名称は音羽山 千手院 清水寺




坂東三十三観音霊場三十二番札所でもある巨刹。







IMG_20170721_124901.jpg
山門に続いて、文政5年(1822年) 建立の四天門をくぐります






奥の院本尊 十一面観音立像は鎌倉期の優品で県指定の文化財ですが、







本日は、本堂内に祀られる二十八部衆の調査をしていきましょう。






IMG_20170721_125045.jpg
本堂。日差しが強くてアツい~っ






二十八部衆(にじゅうはちぶしゅう)は千手観音の従える眷属(けんぞく)です。




ということで、本堂内正面に供わる宮殿厨子の両脇に居並んであります。









IMG_20170721_142210.jpg





今回の調査では、造像年代が旧町指定時の評価(天正期)よりも時代が上がる可能性が高いことがわかりました。






まだまだ県内には隠れた古仏・優仏がたくさんあるんだなぁ♪♪






自らのお寺の建設を契機に仏像マニアになっていった私ですが。





こんな貴重な現場に立ち会えることは光栄でなりませんね(^_-)-☆








境内は松尾芭蕉芭蕉翁の碑(旧岬町指定文化財)や、百体観音堂など、他にも見どころが多いです。








IMG_20170721_125120.jpg










蒸し暑く、汗びっしょりでの調査でしたが。




あらためて県内寺院の魅了を感じた一日でした。




関連記事

0 Comments

Add your comment