FC2ブログ

Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 収納力!

お寺の資料をまとめたり調べていくと、結果的に保管しなくてはいけないものが増えてくる。




ただし、保管できるスペースには限度がある。




ということで、このところ本堂にある宝物庫(寺の史料保管庫)の使い勝手を増やせないかと悩んでしました。




つまり、うまく使えていない“デッドスペース”をどう活用するか!





IMG_20190707_080104.jpg



いつもお世話になっている大工さんであり友人でもあり、兄貴のような存在の御仁に相談。




ぴったり納まる台を作ってもらう事となりました!





IMG_20190707_154458.jpg
せっかくなので色合いもそろえていきましょう♪





上手くできたかな~???






おぉ!













IMG_20190707_174058.jpg



これはイイネ♬








ん?!







しかしよく見ると、既存の棚に比べて面がはみ出していますよね。














でも、イイんです!





これにはちゃぁんとした訳がありまして。





台の上にそれを置くと、わかってくれると思います。







では早速、収納~!!!





ねっ!


IMG_20190707_174951.jpg
ピッタリ♬






実はこの場所には以前から、写真にある大きな物体を置いていました。




その正体は仏像を安置する“厨子(ずし)”




江戸時代、寛保二年(1742)の銘があるこの貴重な史料の上には当然何も積めず、





結果的に空間を無駄にしていたのですが、




今回の作業でそのスペースを上手に活用できるようになりました♬






しかもよく見ると、写真右上の「吊り棚」に影響しないように調整もされています!









休日返上で作業してくれたKさん。




使い勝手の良い台をありがとうございます!










宝金剛寺は皆さんの力によって、歴史を紡いでいくのです(*´▽`*)









関連記事

0 Comments

Add your comment