Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 聴いててフとね~ あっはっは




午前中めいっぱい卒塔婆を書きました~。
となると、やはり落語聴こう♪

古今亭志ん朝師「たがや」・「戸棚の男」・「井戸の茶碗」
う~ん、志ん朝師はやはりカッコいい♪

そして次に柳家さん喬師「たちきり」
          とっておき寄席! 柳家編

う・・・。超イイ!!!

シミルー!

恋の悲哀。悲しいすれ違い。。

(午前中から)グッときてしましました (゚ーÅ) ホロリ


それはそうと、話し中に「〇〇(女性)の三七日ですから云々・・」というセリフがありますけれどこの「三七日」ってえのはご霊位様の21日忌ってこと。

俗に、「無くなった方は7日毎の審査を受けて、7回目の7日(49日)のご供養でホトケとなる」というかたちの考え方。
だけど現在ではまとめて七七(49)日忌となっているのがほとんどですよね。

それがいいとか悪いとかではなく、生活時間の進み方が早くなっているのかなぁと感じます。

やはり落語の一席「三十石夢の通い路」では、船で半日ちかくかけて移動するなかでの諸々の出来事を語るのですが、現在電車を使うとその移動時間は30分程度だとか。

たしか著名なある方のブログでは
時間をとって映像を見るのは退屈だし時間が勿体ない。(中略)これからはやっぱりテキストの時代だよ。テレビは冗長すぎる。

という書きがありました。

やっぱどんどんはやくなっているなぁ
       ε≡Ξ≡Ξ≡Ξ≡Ξ≡ヽ(;゚〇゚)ノアウアウ



ちなみに私がお檀家さんの法要を自宅でつとめる際、お焼香はなるべく霊位様の前に出てきてやって欲しいが人数が多すぎると(各自に)香炉を廻している。

でも、「前出るのメンドーだから(香炉)廻してくれぃ」などと言われるとカチンとくる。
きっと「こんなトキくらいゆっくり時間をかけようよ!」って意識からそう思ってしまうんだろうなぁと。

でもやっぱいいとか悪いとかではなくとも、時間の進みがはやくなってるんだろうなぁ。。


落語 → 江戸時代から
仏教 → 1000年以上前から
それに携わる私は昭和~平成時代

ヽ(~~~ )ノ ハテ?

落語を聴いててフと思いました♪
 
関連記事

2 Comments

U-san  

No title

時間の進みが遅い中での生活を、きっと昔の人は不便に感じていなかったでしょうね。けっして今の人と比べても不幸せとは感じていなかったでしょうし。それが当たり前だから。
便利になるのはいいことだけど、不便だからこそ感じられる物もたくさんありますよね。
先日檀家さんに「坊さんは少し浮世離れしてるくらいがちょうどいい」と言われました。世間に疎くなってはいけないけど、世間の様子をわかった上で少し世間からずれてることをすることも必要かもしれませんね。それができるのがお寺だし、そういうことを期待されてる面もあるのかなと感じることもあります。

2010/05/09 (Sun) 20:56 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

No title

U-san様。ふむふむ、本当にその通りだと感じます。私も坊主としてそのようにありたいと思っています。まわりの時間の進みが早いとしてもお寺がそうでなくちゃいけないとは思わない。
生活するには経済力が必要だとは思うけれど、お坊さんも必ずしもそうでなくちゃいけないとは思わない。

せめてそんな心持ちを忘れたくないですよね♪
久々の書き込みも超嬉しいですが、その内容にも超ありがとうです。♪(o ̄∇ ̄)/

2010/05/09 (Sun) 22:24 | EDIT | REPLY |   

Add your comment