お施餓鬼しました~  あっはっは


当寺院で毎年8月15日に行われる「お施餓鬼会」。

知識が無いながら、自分なりに解釈を試みてみました♪


お寺でおこなわれる「施餓鬼会」とは、まだホトケになり切れていない「餓鬼」とよばれる霊を、みんなのあたたかい行為と心で救ってあげるやさしさの供養です。

お盆になると、それぞれのご先祖様を日頃お住まいの仏の世界から私たちのお家にお招きします。
でも、悲しい事にホトケになり切れていない餓鬼は招かれるお家がありません。
私たちの祖先は、ご先祖様だけでなく、そんなかわいそうな霊にも「こっちへいらっしゃい」と特別にお招きして施しを与え、有難いお経(水施餓鬼)で彼らを救おうと考えたのです。

本堂にお集まりの皆様がお坊さんの読経にあわせて「施餓鬼壇」に焼香すると、餓鬼たちはその乾いたのどを潤し、皆様のやさしさから「ほとけの心」に気付きます。そして、その行為を感じた新盆の方々や各家のご先祖様は、お盆が終わって仏の世に戻った後も、安心して私たちを見守ってくれるのです。
「自分以外の、他の何かにも感謝できる清らかな心」
そんな心の集まる日がお施餓鬼です。

関連記事

コメント

No title

ありがとうございました\(☆o☆)/

No title

ゆーか様。何かお役に立てましたでしょうか?
でしたらコチラこそありがとうございました。
非公開コメント

プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR