Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 その鐘を鳴らすのはいつか

スゴイ雨だ~ あっはっは

こんな日は素直に建物にこもり、お掃除たくさんしちゃいましょ♪

寺務所のカーペットも夏物に模様替えしましてスッキリ♪♪

と、いう訳で。。。ヽ( ´_つ`)ノ







お寺に伝わる宝物②

『虚空蔵堂鰐口 コクウゾウドウワニグチ』*通常非公開


IMG_2834.jpg

鰐口・・・お寺や神社の正面に下げられる鳴り物。鈴を平たくしたような形する。
     綱を動かして音を鳴らすと神仏とご縁が結ばれるという。


宝金剛寺境内の、本堂に向かって左側にあったと伝わる“虚空蔵堂”。
お寺の記録によると宝暦3(1753)年に建立された三間四面の簡素な造りのお堂だったとのことだが、
老朽化が著しかったため昭和の初期には取り壊されたらしい。

表面に彫られた文字に貞享2(1684)年奉納とあり、史料上のお堂よりも時代が遡るモノ。
当寺院の虚空蔵信仰を伝える貴重な史料である。

IMG_2835.jpg



宝金剛寺住職所見:
  当寺院の礎ともいえる“虚空蔵菩薩様”を御祀りしていたお堂。
  古老の話によると、「お堂の中には白蛇がたくさんうごめいていたいた」なんて都市伝説めいた逸話も。
  白蛇を虚空蔵菩薩の使いとする言い伝えもあり、どちらにしても信仰の奥深さを表しているような気がする。
  また、当寺院の鐘楼や法具といったいわゆるカナモノは大戦中の供出でその多くを失っており、
  そういった意味でも存在価値が高いのよね~♪


今後ともコツコツUPしてまいりますので、皆さまのあたたかいご支援と書き込みをお待ちしております  


関連記事

2 Comments

そよ風  

白蛇ですか?

 すっかりご無沙汰いたしております。いつか申しましたが、私の守り本尊は虚空蔵菩薩様で私の父も同じでした。実は私が生まれて間もない頃のことですが、母が奥の部屋に寝かせて家事をすませた後、部屋にいってみますと大きな白い蛇が私の側にいるのに仰天したのだそうです。丁度父が不在の時でしたので、慌てて前のお宅のご主人に助けを求め戻ってみますと、別に私に悪さをするでもなくおとなしくトグロをまいていたのだそうです。すぐ来て下さったご主人も驚いて白蛇を捨てに行って下さったらしいのですが、いつの間にかまた戻って来ていたと話しておりました。
 どこの家にも、「家」を守って蛇がいると聞いておりますので、特別なことには思っておりませんでした。もしそれが虚空蔵菩薩様のお使いだとすると、こんな有難くもったいない話はありません。福岡におります母と改めてその時の話をいたしました。良いお話を有難うございました。虚空蔵菩薩様のこの上ないご加護を信じております。

2011/06/14 (Tue) 09:08 | EDIT | REPLY |   

宝金剛寺  

Re: 白蛇ですか?

そよ風様。コメントありがとうございます。

当寺院では(いつかブログ内で紹介しようと思っていますが)『白蛇の御神体』なる珍宝も保管しております。
“蛇”というわりに何か哺乳類らしき生物の頭骨でして、まぁ実際に白蛇かどうかはともかくも虚空蔵信仰から来る逸品ととらえております。

こちらこそ素敵なご経験のお話しをありがとうございました。

このようなつながりもまたホトケサマのご縁であるとしたら、今後も大切にさせていただきたいと思います♪

2011/06/15 (Wed) 16:08 | EDIT | REPLY |   

Add your comment