Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 観音さまに会いたくて


休憩日です~ あっはっは


そう!暑さの休憩日♪♪

毎日暑くなくっても良いじゃないっ。

ねぇ ヽ(=´▽`=)ノ




そうそう、遂に読み終えました♪

十一面観音巡礼十一面観音巡礼
(2010/09)
白洲 正子

商品詳細を見る



表紙の聖林寺十一面観音様にはお会いしたことがございます♪

その他にも何尊かご縁を結ばせて頂きました♪♪

その観音様たちとの想いを新たにいたしました!!




というか、読んでますますフラストレーション!

だって、また行きたいよ~!!

まだお会いしていない観音様が登場するとやきもきしちゃいました (´⊆`*)ゞテヘヘ

とはいえ珠玉の一冊である事間違いなし!

文体もまた良いのよ!!




日本の信仰は、山と川によって発展したといっても過言ではない。
十一面観音は、確かに仏教の仏には違いないが、ある時は白山比、またあるときは天照大神、
場合によっては悪魔にも竜神にも、山川草木にまで成りかねない。
そういう意味では、八百万の神々の再来、もしくは集約されたものと見ることも出来よう。
本地垂迹という思想は美しい。が、完成するまでには、少なくとも二、三百年の年月がかかっている。
はたして私達は、昔の人々が神仏を習合したように、外国の文化とみごとに調和することが出来るであろうか。
文中「白山比の幻像」より抜粋



帯にある「ただ全体が美しければそれでいい」というコピーにもズキュンと胸に。。。


シビレちゃいます(*゚ー゚*)ポッ


あ、そうそう。

フェノロサさんにも感謝♪

ますますホトケサマが好きになったオイラでした (≡^∇^≡)






関連記事

0 Comments

Add your comment